目次へ  縦書き

三〇七

〔しばらくぼうと西日に向ひ〕

一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて
繰るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちぢれて傷む西の雲……
  女たちも一生けん命
  くらい夕陽の流れを泳ぐ
    ……萱にとびこむ百舌の群
      萱にとびたつ百舌の群……
抱くやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで赤い粟の稈
    ……はたけのへりでは
      麻の油煙も一れつ燃える……
  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった

(本文=定稿)



(下書稿3)

三〇七

一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すゝきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて、
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちゞれて傷む西の雲……
  女たちも一生けん命
  くらい夕陽の流れを泳ぐ
    ……萱をとびたつ百舌の群
      緑びろうどの山の皺……
抱くやうにたぐるやうに刈ってゆく
黝んで赤い粟の稈
    ……はたけのへりでは
      麻の油煙も一れつ燃える……
  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった



(下書稿2)

(断片1)

三〇七

一九二四、九、二七、

しばらくぼうと西日に向ひ
またいそがしくからだをまげて
重ねた粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちも一生けん命
  古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
こんどはいきなり身構へて
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
  《かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちぢれて傷む西の雲……

(断片2)

  《デデッポッポ
   デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして
      とびこえながらうたってゐる……



※断片1、2とも切り取られて下書稿3に貼り込まれている。



(下書稿1推敲後)

三〇七

穂のない粟をとりいれる人

一九二四、九、二七、

途方にくれて夕陽の粟のはたけの西日のはたのなかにたち
またしかたなく腰から藁を一二本か抜いて
穂のない粟を束ねだす
  こどもらは向ふでわらひ
  女たちは一生けん命、古金のはたけに出没する
    ……崖はいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
 《 かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がひかるので
      こどもらまでがさわぎだす……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたけで
ひとはしきりにはたらいてゐる
    ……風にゆすれる蓼の花
      ちゞれて傷む西の雲
      緑びらうどの山の皺……
抱くやうにたぐるやうに刈ってゆく
黝んで赤い粟の稈
東で汽車の笛が鳴り
はたけのへりでは
麻の油緑も夕陽に燃える
  こどもらは啼のなきまねをしながら
  もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった



(下書稿1推敲前)

三〇七

穂のない粟をとりいれる人

一九二四、九、二七、

途方にくれて粟のはたけのなかにたち
またしかたなく藁をいっぽん抜きとって
西日から古めかしくもすかし出される
穂のない粟を束ねだすひと
こどもらは向ふでわらひ
女たちは一生けん命古金のはたけに出いりする
    ……向ふはいちめん
      すすきの花のまっ白な火だ……
操るやうにたぐるやうに刈って行く
黝んで濁った赤い粟の稈
    ……まばむく燃える萱の穂や
      ちゞれて傷む西の雲
      緑びらうどの山の皺……
濁って赤い花青素アントケアンの粟ばたけで
ひとは(四文字不明)はたらいてゐる
 《 かべ いいいい い
   なら いいいい い》
    ……あんまり萱穂がまばゆいので
      こどもらまでがさわぎだす……
かもがやや風にゆすれる蓼の花
はたけのへりでは麻も油緑の夕陽に燃える
    ……女たちは馬のはなしをしてゐるのだ……
  《 デデッポッポ
    デデッポッポ》
    ……こっちでべつのこどもらが
      みちに板など持ちだして遊びながらうたってゐる……
はたけの方のこどもらは
もう風や夕陽の遠くへ行ってしまった