目次へ  縦書き

三〇五

〔その洋傘かさだけでどうかなあ〕

一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背后うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
シャツの底まで凍ってしまふ
  ……建物中の玻璃ガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるで津波のやう……
ああもう向ふで降ってゐる
へんにはげしく光ってゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやってくる
    まっ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん胸にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアーク虚空そらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度もさがすから
  ……たれも行かないひるまの野原
    天気の猫の目のなかを
    防水服や白い木綿の手袋は
    まづロビンソンクルーソー……
ちょっとかはった葉巻を巻いた
フェアスモークといふもんさ
それもいっしょにもってくる

(本文=定稿)



(「詩人時代」発表形 1932年11月1日)

客を停める

宮沢賢治

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背后うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまつ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもつた岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
上着もなにも凍つてしまふ
  ……建物中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴つて
    林はまるで津波のやう……
ああもう向ふで降つてゐる
へんにはげしく光つてゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやつてくる
    まつ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はみんな鼠になつて
    ぐらぐら東へ流亡ながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛つて
    青いアーク虚空そらいつぱいに張り亙す……
向ふの宿やどはだいじやうぶ
たゞあすこらは続いたひでりのあとなので
学童こどもがみんな暗くてね
王女や花ではだめらしい
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度もさがすから
  ……たれも行かないひるまの野原
    天気の猫の目のなかを
    防水服や白い木綿の手袋は
    まづロビンソンクルーソー……
ちよつと変つた葉巻を巻いた
フエアスモークといふもんさ
それもいつしよにもつてくる



(下書稿3推敲後)

三〇五

客を停める

一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹の背后うしろが青く暗くておかしいし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
日にだまされてでかけて行くと
上着もなにも凍ってしまふ
  ……建物中の玻璃ガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるで海嘯つなみのやう……
ああもう向ふで降ってゐる
へんにはげしく光ってゐる
どうも雨ではないらしい
  ……もうそこらへもやってくる
    まっ赤な山もだんだんかくれ
    木の葉はみんな鼠になって
    ぐらぐら東へ流亡ながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアーク虚空そらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
向ふの宿やどはだいじやうぶ、
たゞあすこらは
四年ひでりのあとなので、
学童こどもがみんな暗くてね、
王子や花ではだめらしい
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度をさがすから
ちょっとかはった葉巻をまいた
それもいっしょにもってくる



(下書稿3推敲前)

三〇五

一九二四、一一、一〇、

その洋傘かさだけでどうかなあ
虹のうしろの空のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってると、ただの一里も行かないうちに、
すっかり咽喉をいためてしまふ
  ……学校中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるでつなみだ……
ああもう向ふで降ってゐる
ひかってゐるな
どうも雨ではないらしい
  ……もうこっちまでやってくる
    まっ赤な山も視えなくなったし
    木の葉は魔法の(一字不明)を
    ぐらぐら東へながされる……
それに上には副虹だ
あの副虹のでるときが
いちばん咽喉にわるいんだ
  ……ロンドンパープルやパリスグリン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青い挟をそらいっぱいに張りわたす……
まあ掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
なにか仕度をさがすから
  ……いまの天気は猫の目だ
    照ったら降るといへばいゝ
    降ったら照るといへばいゝ……
厚朴うの木の葉で葉巻をまいた
それもいっしょにもってくる
なかにはちゃんと仕掛けがある
どうだ一本齧ったら



(下書稿2推敲後)

その洋傘だけでどうかなぁ
虹のうしろの雲のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってるうちに
うっかりのどをやられてしまふ
……学校中のガラスの窓が
  みんないちどにがたがた鳴って
  林はまるでつなみのやう……
ああもう向ふでやってゐる、ひかってゐるな、
どうも雨ではないらしい
  ……もうこっちまでやってくる
    まっ赤な山も見えなくなったし
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
それに上には副虹だ
あの副虹の出るときが
いちばん胸にうまくない
  ……ロンドンパープルやパリスグリーン
    あらゆる毒剤のにほひを盛って
    青いアークをそらいっぱいに張り亘す……
まあ掛けたまへ
なにか仕度もさがすから
  ……いまの天気は猫の目だ
    照ったら降るといへばいゝ
    ふったら照るといへばいゝ……
ぢきにきれいな天気になるし
電車の方がまちがひない
ほうの木の葉で葉巻を巻いた
それもいっしょにもってくる



(下書稿2推敲前)

虹がきれいなので
あるいて行くといふんだらうが
その洋傘だけでどうかなぁ
虹のうしろの雲のいろが
あんまりおかしな鼠いろだし
そのまた下があんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
凍った風を吸ってるうちに
気管をすっかりやられるぜ
  ……学校中のガラスの窓が
    みんないちどにがたがた鳴って
    林はまるでつなみのやう……
ああもう向ふでやってゐる
まあ落ちついて掛けたまへ
どうも雨ではないらしい
それとも凍った雨かなぁ
もう向ふではぎらぎらひかってやってゐる
  ……木の葉はまるでのぼせたやうに
    地べたを東へ走ってゐる……
それに見たまへ 虹には立派な副虹がある
あの副虹の出るときは
いちばん胸によくないやうだ
きれいと云へばきれいだが
ロンドンパープルやパリスグリーン
あらゆる毒剤のにほひを盛って
青いアークをそらいっぱいに張ってゐる
  ……もうこっちまでやってくる
    野原はまるでにはかに霧がかかったやう
    まっ赤な山も見えなくなった……
まあ仕方ない 掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるし
電車の方がまちがひない
ほうの木の葉の葉巻をひとつやらうぢゃないか



(下書稿1推敲後)

三〇五

客を停める

一九二四、一一、五、

それでは なんて帰るのか
まあ 待ちたまへ
あすこの虹の門をくぐって、
凍った風をひといき吸へば
あとはもうあんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
どこから雨が落ちかぶさるかわからない
電信ばしらも林の稜も
つなみみたいに一度に鳴って
虹はあらゆる毒剤よりも鮮らしく
青いアークをそらいっぱいに張りわたす
まあ掛けたまへ 掛けたまへったら
雨どこぢゃない氷だよ
どこでそいつが落ちかぶさるかわかったもんか
  ……麦のはたけのまだうららかな緑の上を
    木の葉はまるで鼠のやうに
    ぐらぐら東へ流される……
まあもうすこし掛けたまへ
ぢきにきれいな天気になるよ
シガアを一つあげるから
キャベヂで巻いたシガアをさ



(下書稿1推敲前)

三〇五

客を停める辞令

一九二四、一一、五、

ではまあ なんて帰るつもりか
まあ 待ちたまへ
あすこの虹の門をくぐって
凍った風をひとくち吸へば
あとはもうあんなにまっ赤な山と谷
  ……こんもりと松のこもった岩の鐘……
どこから雨が落ちかぶさるかわからない
おまけに見給へ虹には立派な副虹がある
たとへをとれば鬼にも耳が二っつあるといふものだ
こっちがしばらく行かないでると
虹がじぶんでやってくる
そらそら
電信ばしらも林の稜も
つなみみたいに一度に鳴って
虹はあらゆる毒剤よりも鮮らしく
あんな虚像をそらいっぱいに張りわたす
まあ掛けたまへ 掛けたまへったら
雨どこぢゃない氷だよ
麦のはたけのまだうららかな緑の上を
木の葉はまるでエレキのやうに
ぐらぐら東へ流される
さあやってくる
もうぎらぎらにかゞやきながら
氷雨の束がやってくる
まあもうすこし掛けたまへ
キャベヂで巻いた
シガアをひとつやらうぢゃないか