目次へ  縦書き

三〇四

〔落葉松の方陣は〕

一九二四、九、一七、

落葉松の方陣は
せいせい水を吸ひあげて
ピネンも噴きリモネンも吐き酸素もふく
ところが栗の木立の方は
まづ一とほり酸素と水の蒸気を噴いて
あとはたくさん青いラムプを吊すだけ
  ……林いっぱい虻蜂すがるのふるひ……
いづれにしてもこのへんは
半陰地ハーフシェードの標本なので
羊歯類などの培養には
申し分ない条件ぞろひ
  ……ひかって華奢にひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すっかりアカシヤづくりになった
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになって揺めく……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ 
      (おお 栗樹カスタネア 花ちし
       なれをあさみてなにかせん)
  ……ても古くさいスペクトル!
    飾禾草オーナメンタルグラスの穂!……
風がにはかに吹きだすと
暗い虹だの顫えるなみが
息もつけなくなるくらゐ
そこらいっぱいひかり出す
それはちいさな蜘蛛の巣だ
半透明な緑の蜘蛛が
森いっぱいにミクロトームを装置して
虫のくるのを待ってゐる
にもかゝはらず虫はどんどん飛んでゐる
あのありふれた百が単位の羽虫の輩が
みんな小さな弧光燈アークライトといふやうに 
さかさになったり斜めになったり
自由自在に一生けんめい飛んでゐる
それもああまで本気に飛べば
公算論のいかものなどは
もう誰にしろ持ち出せない
むしろ情に富むものは
一ぴきごとに伝記を書くといふかもしれん
      (おゝ栗樹カスタネア 花去りて
       その実はなほし杳かなり)
鳥がどこかで
また青じろい尖舌シタを出す

(本文=定稿)



(「新詩論」発表形 1933年2月15日)

半蔭地選定

宮澤賢治

落葉松らくえうしやう方陣はうぢん
せいせい水を吸ひあげて
ピネンも噴きリモネンもき酸素もふく
ところが栗の木立のはうは
まづひととほり酸素と水の蒸気を噴いて
あとはたくさん青いラムプをつるすだけ
  ……林いつぱい虻蜂すがるのふるひ……
いづれにしてもこのへんは
半陰地ハーフシェードの標本で
羊歯しだ類などの培養には
まあまたとない条件コンデイシヨン
  ……ひかって華奢にひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すつかりアカシヤづくりになつた
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになってゆらめく……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ
   (おお栗樹カスタネアちし
    なれをあさみてなにかせん)
さて古臭いスペクトル
飾禾草オーナメンタルグラスの穂
風がこんなに吹きだすと
暗い虹だの顫えるなみが
息もつけなくなるくらゐ
そこらいつぱいひかり出す
それはちいさな蜘蛛の巣だ
半透明な緑の蜘蛛が
森ぢゆういつぱいに細截機ミクロトームを装置して
虫のくるのを待つてゐる
ところが虫はどんどんとぶ
あのありふれた百が単位の羽虫の群が
みんなちいさな弧光燈アークライトといふやうに
さかさになつたり斜めになつたり
自由自在に一生けんめい飛んでゐる
それもあんなに本気で飛べば
公算論のいかものなどは
もう誰にしろ持ち出さない
むしろなさけに富むものは、
一ぴきごとに伝記を書いてやるべきだ
   (おゝ栗樹カスタネア花去りて
    その実はなほしはるかなり)
鳥がどこかで
また青じろい尖舌シタを出す



(下書稿3)

三〇四

また青じろい尖舌シタを出す

一九二四、九、一七、

落葉松や羅漢柏ひば杉は、せいせい水を吸ひあげて
ピネンも噴きリモネンも吐き酸素もふく
しかるに栗の木立のはうは
まづひととほり酸素と水の蒸気を噴いて
あとはたくさん青いラムプを吊すだけ
  ……林いっぱい虻蜂すがるのふるひ……
その栗の樹の青いラムプの裂け目から
さまざまの飾禾草オーナメンタルグラスのげ
古くさい宝石針が射しこんでくる
  ……華奢にひかってひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら 白い雲
すっかりアカシヤづくりになった
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになって揺めく……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ 
      (おお 栗樹カスタネアちし
       なれをさこそはあざみけれ)
ところがここは
森のなかでも半陰地ハーフシェードに属するために
たとへば風が
にはかにこんなに吹きだすと
そこらがまるでへんな調子になる
暗い虹だの顫えるなみで
息もつけなくなるくらゐ
ぎっしりこまかい蜘蛛の巣だ
半透明な緑の蜘蛛が
立体的にあらゆる角で
あらゆる草木の枝から葉から
こまかな糸をすっかり張った
そこをどんどん飛んでゐる
どんどんひかって飛んでゐる
あのありふれた百が単位の羽虫の群が
みんな小さな弧光燈アークライトといふやうに
さかさになったり斜めになったり
一生けんめい飛んでゐる
それもあんまり本気なために
公算論のいかものなどは
もう誰だって持ち出せない
一ぴきごとに伝記を書いてやりたいくらゐ
      (おゝ栗樹カスタネア 花去りて
       その実はなほしはるかなり)
鳥がどこかで
また青じろい尖舌シタを出す



(下書稿2)

三〇四

また青じろい尖舌シタを出す

一九二四、九、一七、

針葉の方の樹木やつら
ピネンも噴きリモネンも噴き酸素も噴く
栗の木の方は
まづおきまりの酸素を出して
あとは緑のラムプをざらに吊りさげる
  ……林いっぱい虻蜂すがるのふるひ……
その栗の木の隙間から
さまざまの飾禾草オーナメンタルグラスの芒や
古くさい宝石針が射しこんでくる
  ……華奢にひかってひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら白い雲
すっかりアカシヤづくりになった
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになって砕ける……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ 
     (Gaillardox - gaillardae)
しかるにどうだ
羊歯やこならの葉と葉のあひだ
落葉松の毛と毛のあひだ
結局森の空気の分を
一センチづつもう縦横に
蜘蛛が区劃りをつけてゐる
そしてたまたま林の上で
あのまっ青な凹面鏡がゆすれると
そこらはまるで
暗い虹だの顫えるなみでいっぱいになる
そのたゞなかを
そのたゞなかを
そのありふれた百が単位の羽虫の群が
ミクロドームにやられずに
光って光って自由自在に飛んでゐる
もうかうなると
概然論もいかものなどでは間に合はない
羽虫がさういふ性質だとでもするんだな
     (Gillochindox - gillochindae)
鳥がどこかで
また青じろい尖舌シタを出す



(下書稿1)

三〇四

鳥がどこかでまた青じろい舌を出す

一九二四、九、一七、

諸君
林はどこからかういふ清新さを得るか
云って見たまへ
針葉の方のやつらが
ピネンも噴きリモネンも噴き酸素も噴く
栗の木の方は
酸素を出してあとはたくさん青いラムプをぶらさげる
樹はみんなせいせい水を吸ひあげる
その蒸散が空気を冷やす
それからあとは
いづれいろいろ尤もらしい暗さや色だ
  ……林いっぱい蜂のふるひ……  
その栗の木の隙間から
諸君 見たまへ さまざまの飾禾草オーナメンタルグラスの芒や
宝石針が射しこんで来る
  ……華奢にひかってひるがへるのは何鳥だ……
水いろのそら、白い雲
すっかりアカシヤづくりになった
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになって砕ける……
鳥はどこかで
青じろい舌を出すことをかんがへてるぞ
     (Gaillarrdox - gaillardae)
上では例の凹面鏡がぐらついて
(一行分不明)
森ぜんたい(約十二字不明)
蜘蛛がすっかりミクロドーム載ってゐる
その(約九字不明)や
あのありふれた百が単位の羽虫らが
ずゐぶん自由に(約六字不明)飛んでゐる
森の(約八字不明)ひかって
(一行分不明)
(一行分不明)
     (Gillochindoxギロチンドックス - gillochindaeギロチンデイ
鳥がどこかで
また青じろい舌を出す