目次へ  縦書き

二七

鳥の遷移

一九二四、六、廿一、

鳥がいっぴき葱緑の天をわたって行く
わたくしは二こゑのかくこうを聴く
からだがひどく巨きくて
それにコースも水平なので
誰か模型に弾条バネでもつけて飛ばしたやう
それだけどこか気の毒だ
鳥は遷り さっきの声は時間の軸で
青い鏃のグラフをつくる
  ……きららかに畳む山彙と
    水いろのそらの縁辺……
鳥の形はもう見えず
いまわたくしのいもうとの
墓場の方で啼いてゐる
  ……その墓森の松のかげから
    黄いろな電車がすべってくる
    ガラスがいちまいふるえてひかる
    もう一枚がならんでひかる……
鳥はいつかずっとうしろの
煉瓦工場の森にまはって啼いてゐる
あるひはそれはべつのかくこうで
さっきのやつはまだくちはしをつぐんだまま
水を呑みたさうにしてそらを見上げながら
墓のうしろの松の木などに、
とまってゐるかもわからない

(本文=下書稿2)



(下書稿1推敲後)

二七

鳥の遷移

一九二四、六、廿一、

鳥がいっぴき葱緑の天をわたって行く
わたくしは二こゑのかくこうを聴く
あのかくこうがすこうしまへに啼いたのだ
それほど鳥はひとり無心にとんでゐる
鳥は遷り
あとはだまって飛ぶだけなので
ここはしばらく、原始のさびしい空虚になる
  ……きららかに畳む山地と
    青じろいそらの縁辺……
鳥はもう見えず
いまわたくしのいもうとの
墓場の方で啼いてゐる
  ……その墓森の松のかげから
    黄いろな電車がすべってくる
    ガラスがいちまいふるえてひかる
    もう一枚がならんでひかる……
鳥はいつかずっとうしろの
煉瓦工場の森にまはって啼いてゐる
あるひはそれはべつのかくこうで
さっきのやつはまだくちはしをつぐみ
水を呑みたさうにしてそらを見上げながら
やっぱり墓の松の木などににとまってゐるかもわからない



(下書稿1推敲前)

二七

鳥の遷移

一九二四、六、廿一、

鳥がいっぴき葱緑の天をわたって行く
わたくしは二こゑのかくこうを聴く
あのかくこうが
飛びながらすこうしまへに啼いたのだ
それほど鳥は一人無心にとんでゐる
鳥は遷り
あとはだまって飛ぶだけなので
ここはしばらく
博物館の硝子戸棚のなかになる
そんな図形は鳥の啼くと啼かないとの
かういふ数虚のなかにもあれば
あの質樸な音符のうちにもはいってゐる
第六交響曲のなかでなら
もっとひらたく投影される
  ……青じろいそらの縁辺……
かくこうは移り
いまわたくしのいもうとの
墓場の方で啼いてゐる
  ……その墓森の松のかげから
    黄いろな電車がすべってくる
    ガラスがいちまいふるえてひかる
    もう一枚がならんでひかる……
鳥はいつかずっとうしろの
森にまはって啼いてゐる
あるひはそれはべつのかくこうで
さっきのやつはまだくちはしをつぐみ
水を呑みたさうにしてそらを見上げながら
わたくしのいもうとの墓にとまってゐるかもしれない



(謄写版印刷形)

鳥の遷移

鳥がいっぴき葱緑の天をわたって行く
わたくしは二こゑのかくこうを聴く
あのかくこうが
飛びながらすこうしまへに啼いたのだ
それほど鳥はひとり無心にとんでゐる
鳥は遷り
あとはだまって飛ぶだけなので
前のひびきがそれぎりになり
碧い鏃のグラフをつくる
  ……青じろいそらの縁辺……
かくこうは移り
いまわたくしのいもうとの
墓場の方で啼いてゐる
  ……その墓森の松のかげから
    黄いろな電車がすべってくる
    ガラスがいちまいふるえてひかる
    もう一枚がならんでひかる……
鳥はいつかずっとうしろの
森にまはって啼いてゐる
あるひはそれはべつのかくこうで
さっきのやつはまだくちはしをつぐみ
水を呑みたさうにしてそらを見上げながら
わたくしの妹の墓にとまってゐるかもしれない


※洋半紙の表面に、賢治自身が原紙を切って謄写印刷したもの。

※1925年12月20日付岩波茂雄宛て書簡に同封されていた。