目次へ  縦書き

二五

早春独白

一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄もぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
身丈にちかい木炭すみすごを
地蔵菩薩のがんかなにかのやうに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの山岨のみぞれのみちを
あなたがひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったとき
その木炭すみすごの萱の根は
秋のしぐれのなかのやう
もいちど紅く燃えたのでした
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつつましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染ネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

(本文=定稿)



(定稿書きかけ中断稿)

二五

早春独白

黒髪もぬれ荷縄もぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります



(下書稿2推敲後)

二五

早春独白

一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄ニナハもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
身丈にちかい木炭すみすごを
地蔵菩薩のがんかなにかのやうに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの岩岨のみぞれのみちを
あなたがひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったときに
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染なっせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります



(下書稿2推敲前)

二五

早春独白

一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄ニナハもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら…… 百枚ちかい木炭すみすごを
あなたが高くせなに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの岩岨のみぞれのみちを
辛くもひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったときに
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染なっせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります



(「岩手詩集」第一輯(1932年4月15日)発表形)

早春独白

黒髪もぬれ荷縄になはもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはわんやり湯気に曇ります
 ……青じろい磐のあかりと
   暗んで過ぎるひばのむら……
根もとの紅い萱でつくつた木炭すみすごを
もう百枚もせなに負ひ
山の襞もけぶつて並び
堰堤だむもごうごう激してゐる
岩岨道のみぞれのなかを
凍えて赤い両手を頬で暖めながら
この町行きの貨物列車にかけて来て
あなたはわづかに乗つたのでした
 ……雨はすきとほつてまつすぐに降り
   雪はしづかに舞ひおりる
   あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつつましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこつちで
あなたは赤い捺染なつせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
 ……氷期ひやうきの巨きな吹雪のすゑ
   ときどき町の瓦斯燈を侵して
   その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしやつぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいつさんにはしります



(下書稿1)

二五

早春独白

一九二四、三、三〇、

頭帛かつぎもぬれて急いであなたが電車に乗れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
根もとの紅い萱でつくった木炭すみすごを
もう百枚もせなに負ひ
山の襞もけぶってならび
川もごうごう激してゐる
この山峡のみぞれのなかを
カデえて赤い両手を頬で暖めながら
この町行きの貨物列車にかけて来て
あなたはわづかに乗ったのでした
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     アヤしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染ネルの一きれを
エヂプト風にかつぎかへます
   ……氷期の巨きな吹雪の末は
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります