目次へ  縦書き

二五八

渇水と座禅

一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する……
栗の木の下の青いくらがり
ころころ鳴らすドヒの上に
出羽三山の碑をしょって
水下ひと目に見渡しながら
遅れた稲の活着の日数
分蘖の日数出穂の時期を
二たび三たび計算すれば
石はつめたく
わづかな雲の縞が冴えて
西の岩鐘一列くもる

(本文=定稿)



(下書稿3推敲後)

二五八

渇水と座禅

一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する
   ころころ鳴らすドヒの上に
   出羽三山の碑をしょって
   水下ひと目に見渡しながら、
   遅れた稲の活着の日数、分蘖の日数
   出穂の時期を
   二たび三たび計算すれば
   石はつめたく
わづかな雲の縞が冴えて
西の岩鐘一列くもる



(下書稿3推敲前)

二五八

渇水と座禅

一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまゝ
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
植えたばかりの田のくろを
じっとうごかず座ってゐて
めいめい同じ公案を
ここで二昼夜商量する
   青くらがりの樺の下
   出羽三山の碑をしょって
   水下ひと目に見渡しながら
   いたづめどひをまもるのは
   自働車ポムプの堅田の臼
わづかな雲の縞が冴え
一列西の岩鐘の青



(下書稿2断片)

※一部が切り取られ下書稿3に貼り込まれている



(下書稿1推敲後)

二五八

渇水と座禅

一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまま
ねむくわびしい朝間になった
さうして今日も雨はふらず
みんなはあっちにもこっちにも
座禅みたいに座ってゐる。
  ……六月は残り十八、
    七月は残り十四日まで……
つばめやよしきりや
もう入りみだれて飛びまはる
わづかな雲の縞は冴え
みだれる燕と
一列の青い岩鐘



(下書稿1推敲前)

二五八

樋番

一九二五、六、一二、

にごって泡だつ苗代の水に
一ぴきのぶりき色した鷺の影が
ぼんやりとして移行しながら
夜どほしの蛙の声のまま
ねむくわびしい朝間になった
    ……けふもまた雨は降らない……
眼をあげれば わづかにひかる
雲の縞の冴えと
岩鐘の青いたたずみと
      (六月は廿日を
       七月はなほわがために
       三十日をたもちたり)
溝うめ畦はなちを罪と数へる
わたくしは古くからの日本の農民である
    ……つばめやよしきりや
      もう入りみだれて飛んでゐる……