目次へ  縦書き

一九

晴天恣意

一九二四、三、二五、

つめたくうららかな蒼穹のはて
五輪峠の上のあたりに
白く巨きな仏頂体が立ちますと
数字につかれたわたくしの眼は
ひとたびそれを異の空間の
高貴な塔とも愕ろきますが
畢竟あれは水と空気の散乱系
冬には稀な高くまばゆい積雲です
とは云へそれは再考すれば
やはり同じい大塔婆
いたゞき八千尺にも充ちる
光厳浄の構成です
あの天末の青らむま下
きらゝに氷と雪とを鎧ひ
樹や石塚の数をもち
石灰、粘板、砂岩の層と、
花崗班糲、蛇紋の諸岩、
堅く結んだ準平原は、
まこと地輪の外ならず、
水風輪は云はずもあれ、
白くまばゆい光と熱、
電、磁、その他の勢力は
アレニウスをば俟たずして
たれか火輪をうたがはん
もし空輪を云ふべくば
これら総じて真空の
その顕現を越えませぬ
斯くてひとたびこの構成は
五輪の塔と称すべく
秘奥は更に二義あって
いまはその名もはゞかるべき
高貴の塔でもありますので
もしも誰かゞその樹を伐り
あるひは塚をはたけにひらき
乃至はそこらであんまりひどくイリスの花をとりますと
かういふ青く無風の日なか
見掛けはしづかに盛りあげられた
あの玉髄の八雲のなかに
夢幻に人は連れ行かれ
見えない数個の手によって
かゞやくそらにまっさかさまにつるされて
槍でづぶづぶ刺されたり
頭や胸をし潰されて
醒めてははげしい病気になると
さうひとびとはいまも信じて恐れます
さてそのことはとにかくに
雲量計の横線を
ひるの十四の星も截り
アンドロメダの連星も
しづかに過ぎるとおもはれる
そんなにもうるほひかゞやく
碧瑠璃の天でもありますので
いまやわたくしのまなこも冴え
ふたゝび陰気なドアを排して
あのくしゃくしゃの数字の前に
かゞみ込まうとしますのです

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

一九

晴天恣意

 (水沢緯度観測所にて)

一九二四、三、二五、

つめたくうららかな蒼穹のはて
種山ヶ原の右肩あたりに
白く巨きな仏頂体が立ちますと
数字につかれたわたくしの眼は
ひとたびそれを異の空間の
秘密な塔とも愕ろきますが
畢竟あれは水と空気の散乱系
まばゆい冬の積雲です
とは云へそれは誰にとってもそれだけだとも云へませぬ
あの天末の青らむま下
きらゝに氷と雪とを鎧ふ
古生山地の谷々は
おのおのにみな由緒ある樹や石塚をもち
もしもみだりにその樹を伐り
あるひは塚をはたけにひらき
乃至はそこらであんまりひどくイリスの花をとりますと
かういふ青く無風の日なか
見掛けはしづかに盛りあげられた
あの玉髄の八雲のなかに
夢幻に人は連れ行かれ
見えない数個の手によって
かゞやくそらにまっさかさまにつるされて
槍でづぶづぶ刺されたり
頭や胸をし潰されて
醒めてははげしい病気になると
さうひとびとはいまも信じて恐れます
さてわたくしに見えないながら
雲量計の横線を
ひるの十四の星も截り
アンドロメダの連星も
しづかに過ぎるとおもはれる
そんなにもうるほひかゞやく
碧瑠璃の天でもありますので
いまやわたくしのまなこも冴え
ふたゝび陰気なドアを排して
あのくしゃくしゃの数字の前に
かゞみ込まうとするのです



(下書稿1推敲後)

一九

晴天恣意

 (水沢臨時緯度観測所にて)

一九二四、三、二五、

つめたくうららかな蒼穹のはて、
種山ヶ原の右肩あたりに、
白く巨きな仏頂状の、
円錐体が立ちますと、
数字につかれたわたくしの眼は、
ひとたびそれを異の空間の、
秘密な塔とも愕ろきますが、
畢竟あれは
まばゆい霧の散乱体
希なる冬の積雲です
とは云へそれは
誰にとってもそれだけだとも云へませぬ
あの天末の青らむま下
きららに氷と雪とを鎧ふ
古生山地の峯や尾根
盆地やすべての谷々には
おのおのにみな由緒ある樹や石塚があり
めいめい何か鬼神が棲むと伝へられ
もしもみだりにその樹を伐り
あるひは塚を畑にひらき
乃至はそこらであんまりひどくイリスの花をとりますと
さてもかういふ無風の日中
見掛けはしづかに盛りあげられた
あの玉髄の八雲のなかに
夢幻に人はつれ行かれ
かゞやくそらにまっさかさまにつるされて
見えない数個の手によって
槍でづぶづぶ刺されたり
おしひしがれたりするのだと
さうあすこでは云ふのです。
さて天頂儀の蜘蛛線を
ひるの十四の星も截り、
わたくしの夏の恋人、あの連星もしづかに過ぎると思はれる
そんなにうるほひかゞやく
碧瑠璃の天でありますので
いまやわたくしのまなこも冴え
熱した額もさめまして
ふたゝび暗いドアを排して
数字の前にまた身を屈するつもりです



(下書稿1推敲前)

一九

晴天恣意

一九二四、三、二五、

つめたくうららかな蒼穹のはて、
原体山の右肩あたりに、
巨きな白い円錐ができて
数字につかれたわたくしの眼は
ひとたびそれを気層の外にかくされてゐた
秘密な死火山かともおどろきますが
畢竟あれは
葡萄状した界面をもつ、
空気と水の二相系、
つめたい冬の積雲です、
そこにはしかしかういふことも起ります
あの天末の青らむあたり
きららに氷と雪とを鎧ふ
古生山地の峯や尾根
盆地とあらゆる谷々には
由緒ある塚や巨きな樹があって
めいめいにみな鬼神が棲むと伝へられ
もしも誰かゞその樹を伐り
あるひは塚を畑にひらき
乃至はあんまりイリスの花をとりますと
かういふ無風の青ぞらの下
見掛けはしづかに盛りあげられた
あの玉髄の八雲のなかに
夢幻に人はつれ行かれ
かゞやくそらにまっさかさまにつるされて
見えない多くの手によって
づぶづぶはりつけにされるのです
いま天頂儀の蜘蛛線を
ひるの十四の星が截り
そんなにうるほひかゞやく
碧瑠璃の天であります