目次へ  縦書き

一九

塩水撰・浸種

一九二四、三、三〇、

塩水選が済んでもういちど水を張る
陸羽一三二号
これを最后に水を切れば
穎果の尖が赤褐色で
うるうるとして水にぬれ
一つぶづつが苔か何かの花のやう
かすかにりんごのにほひもする
笊に顔を寄せて見れば
もう水も切れ俵にうつす
日ざしのなかの一三二号
青ぞらに電線は伸び、
赤楊はあちこちガラスの巨きな籠を盛る、
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの方には
朝の氷の骸晶が
まだ融けないでのこってゐても
高常水車の西側から
くるみのならんだ崖のした
地蔵堂の巨きな松まで
乾田カタタの雪はたいてい消えて
青いすずめのてっぽうも
空気といっしょにちらちら萌える
みちはやはらかな湯気をあげ
白い割木の束をつんで
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬と、
はげしく走って好意を交はす
今日を彼岸の了りの日
雪消の水に種籾をひたし
玉麸を買って羹をつくる
こゝらの古い風習である

(本文=下書稿2推敲後2)



(下書稿2推敲後1)

一九

一九二四、三、三〇、

電線は伸びてうなりもきこえず
赤楊やけやきのこまかなの梢は
すっかり玻璃の網をはった
東は山も氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの方には
朝の氷の骸晶が
まだ融けないでのこってゐても
高常水車の西側から
くるみのならんだ崖のした
地蔵堂の巨きな松まで
乾田カタタの雪はたいてい消えて
青いすずめのてっぽうも
あちこちちらちらと萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
白い割木の束をつんで
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらのあかや熊犬と
はげしく走って好意を交はす



(下書稿2推敲前)

一九

一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の梢の玻璃ガラスの網や
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの面は
まだ氷晶をたもってゐるが
乾田カタタの雪はたいてい融けて
青いすずめのてっぽうも
あちこちちらちらと萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬とはげしく走って好意を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また日の面のうす雲や
麸を買って羹をつくり
雪消の水に種籾をつける
今日は彼岸の終りである



(下書稿1推敲後)

一九

一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の梢の玻璃ガラスの網や
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香とだけでできてるやう
湿田ヒドロの面は
まだ氷晶をたもってゐるが
乾田カタタの雪はたいてい融けて
青いすずめのてっぽうもあちこちに萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬の足なみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬とはげしく走って好意を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また日の面のうす霧や
麸を買って羹をつくり
雪消の水に種籾をつける
今日は彼岸の終りである
何が出るともわからない
巨きな作のトランプ札の
まづ一枚が
今日はおだやかにめくられる



(下書稿1推敲前)

一九

一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の(数文字不明)梵(二字不明)にされる(三字不明)のイー
ハトーヴの朝である
山の尖った氷の稜は
あんまり淡くけむってゐ(数文字不明)り
(二字不明)で記憶(以下不明)
卑泥の面はまだ氷晶とまぢってゐるが
乾田カタタの雪はもうたいてい融けて
緑金いろの禾草もあちこち萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬の足なみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
スナップのやうに尾をふさふさした巨きなドッグ兄弟で
ここらの犬と烈しく走って相図を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また灰光のくるみの森や
雪とたばことの滝しい季節はもう過ぎた