目次へ  縦書き

一九一

風と杉

一九二四、九、六、

杉のいちいちの緑褐の房に
まばゆい白い空がかぶさり
すがるは熱いまぶたをうなり
風が吹けば白い建物
  ……一つの汽笛のCork-screw……
銀や痛みやさびしく口をつぐむひと
  ……それはわたしのやうでもある
    白金の毛あるこのけだもののまばゆい焦点……
半分溶けては雀が通り
思ひ出しては風が吹く
  ……どうもねむられない……
      (そらおかあさんを
       ねむりのなかに入れておあげ……)
杉の葉とまばゆい残像
ぽつんと白い銀の日輪
  ……まぶたは熱くオレンヂいろの火は燃える…
      (せめて地獄の鬼になれ)
  ……わたくしの唇は花のやうに咲く……
もいちどまばゆい白日輪
       :
       :
       :
      (ブレンカア)
      (こいづ葡萄だな)
  ……うす赤や黄金……
      (おい仕事わたせ
       おれの仕事わたせ)
       :
       :
       :
  朱塗のらんかん
      (百姓ならべつの仕事もあるだらう
       君はもうほんとにこゝに
       ひとをばかにして立ってゐるだけだ)
  南に向いた銅いろの上半身
  髪はちゞれて風にみだれる
  印度の力士といふ風だ
  それはその巨きな杉の樹神だらうか
  あるひは風のひとりだらうか

(本文=下書稿)