目次へ  縦書き

一八四

「春」変奏曲

一九二四、八、二二、

いろいろな花の爵やカップ、
それが厳めしい蓋を開けて、
青ろ黄いろの花粉を噴くと、
そのあるものは
片っぱしから沼に落ちて
渦になったり条になったり
ぎらぎら緑の葉をつき出した水ぎぼうしの株を
あっちへこっちへ避けてしづかに滑ってゐる
ところがプラットフォームにならんだむすめ
そのうちひとりがいつまでたっても笑ひをやめず
みんなが肩や背中を叩き
いろいろしてももうどうしても笑ひやめず

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

一八四

「春」変奏曲

一九二四、八、二二、

爵やカップ、
それが厳めしい蓋を開けて、
青ろ黄いろの花粉を噴くと、
そのあるものは首尾よく雌花の柱頭につき、
ごくゆっくりと花粉の管を出すのもあるけれども
もう大部分百億分の九を十ならべたくらゐのやつは
片っぱしから沼に落ちて
渦になったり条になったり
ぎらぎら緑の葉をつき出した水ぎぼうしの株を
あっちへこっちへ避けてながれる
ところがプラットフォームにならんだむすめ
ひとりがいつまでたっても笑ひをやめず
みんなが肩やせなかを叩き
いろいろしてももうどうしても笑ひやめず