目次へ  縦書き

一八四

一九二四、八、二二、

空気がぬるみ
沼には鷺百合の花が咲いた
むすめたちは
みなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしい紺のペッティコートや
また春らしい水いろの上着
プラットホームの陸橋の段の所では
赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふふうに
楽譜をよんできかせてゐるし
山脉はけむりになってほのかにながれ
鳥は燕麦のたねのやうに
いくかたまりもいくかたまりも過ぎ
青い蛇はきれいなはねをひろげて
そらのひかりをとんで行く
ワルツ第CZ号列車は
まだ向ふのぷりぷり顫ふ地平線に
その白いかたちを見せてゐない

(本文=下書稿2)



(下書稿1推敲後)

一八四

一九二四、八、二二、

空気がぬるみ、沼には鷺百合の花がさいた
むすめたちは、みなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしい紺のペッティコートや
また春らしい水いろの上着
プラットフォームの陸橋の段のところでは
赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふふうに
楽譜をよんできかせてゐるし
山脉はけむりになってほのかにながれ
鳥は燕麦のたねのやうに
いくかたまりもいくかたまりも過ぎ
青い蛇はきれいなはねをひろげて
そらのひかりをとんで行く
ワルツ第CZ号列車は
まだ向ふのぷりぷり顫ふ地平線に
その白いかたちを見せてゐない



(下書稿1推敲前)

一八四

一九二四、八、二二、

空気がぬるみ、沼には水百合の花がさいた
むすめたちは、みなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしく
また春らしい水いろの上着
プラットフォームの陸橋の段のところでは
赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふふうに
楽譜をよんできかせてゐるし
山脉はけむりになってほのかにながれ
鳥は燕麦のたねのやうに
いくかたまりもいくかたまりも過ぎ
青い蛇はきれいなはねをひろげて
そらのひかりをとんで行く
ワルツ第CZ号列車は
まだ向ふのぷりぷり顫ふ地平線に
その白いかたちを見せてゐない



(『銅鑼』掲載形)掲載誌「銅鑼」第八号(1926年10月)

ワルツ第CZ号列車

空気がぬるみ沼には水百合の花が咲いた
むすめ達はみなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしい紺のペツテイコートや
また春らしい水いろの上着
プラットホームの陸橋のところで
は 赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふ ふうで
楽譜をよんできかせてゐるし
山脈はけむりになつてほのかに流れ
鳥は燕麦のたねのやうに
いくかたまりもいくかたまりも過ぎ
青い蛇はきれいなはねをひろげて
そらのひかりをとんで行く
ワルツ第CZ号列車は
まだ向ふのぷりぷり顫ふ地平線に
その白いかたちを見せてゐない。
            (プレリュード)



(『貌』掲載形)掲載誌「貌」第三号(1925年9月)

ワルツ第CZ号列車

空気がぬるみ沼には水百合の花が咲いた
むすめ達はみなつややかな黒髪をすべらかし
あたらしい紺のペツテイコートや
また春らしい水いろの上着
プラットホームの陸橋のところでは
赤縞のずぼんをはいた老楽長が
そらこんな工合だといふ ふうで
楽譜をよんできかせてゐるし
山脉はけむりになってほのかに流れ
鳥は燕麦のたねのやうに
いくかたまりもいくかたまりも過ぎ
青い蛇はきれいなはねをひろげて
そらのひかりをとんで行く
ワルツ第CZ号の列車は
まだ向ふのぷりぷり顫ふ地平線に
その白いかたちを見せてゐない。