目次へ  縦書き

〔一七一〕

〔いま来た角に〕

一九二四、四、一九

いま来た角に
二本の白楊ドロが立ってゐる
雄花の紐をひっそり垂れて
青い氷雲に浮かんでゐる
そのくらがりの遠くの町で
床屋の鏡がたゞ青ざめて静まるころ
芝居の小屋が塵を沈めて落ちつくころ
帽子の影がさういふふうだ
シャープ鉛筆 月印
紫蘇のかほりの青じろい風
かれ草が変にくらくて
水銀いろの小流れは
蒔絵のやうに走ってゐるし
そのいちいちの曲り目には
藪もぼんやりけむってゐる
一梃の銀の手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる
太吉がひるま
この小流れのどこかの角で
まゆみの藪を截ってゐて
帰りにこゝへ落したのだらう
なんでもそらのまんなかが
がらんと白く荒さんでゐて
風がおかしく酸っぱいのだ……
風……とそんなにまがりくねった桂の木
原の雲も青ざめて
ふしぎな縞になってゐる……し
すももが熟して落ちるやうに
おれも鉛筆をぽろっと落し
だまって風に溶けてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ

  風……骨、青さ、
どこかで鈴が鳴ってゐる
どれぐらゐいま睡ったらう
青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見え
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるへる

(本文=下書稿4推敲後)



(下書稿4推敲前)

一九二四、四、一九

いま来た角に
二本の白楊ドロが立ってゐる
雄花の紐をひっそり垂れて
青い氷雲に浮かんでゐる
もういまごろは校長も
青い野原の遠くの方
髪をちゃきちゃき刈り込んで
足をのばして寝たころだ
布教使白藤先生も
説教が済んでがらんとして
寝しなのお茶をのんでるころだ
いやそれはもう昨夜のことで
校長さんはそろそろ次の答申案を書くために
威厳たっぷり起きはじめ
引っぱりだこの島地大等高弟は
夜あけの汽車に間に合はうと
せっせとあるいてゐるかもしれん
さうでなければ
まう両方のまん中ごろ
帽子の影がさういふふうだ
シャープ鉛筆 月印
紫蘇のかほりの青じろい風 熟した巻雲の中の月だ
かれ草が変にくらくて
水銀いろの小流れは
蒔絵のやうに走ってゐるし
そのいちいちの曲り目には
藪もぼんやりけむってゐる
一梃の銀の手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる
ミーロがそらのすももばたけで
おいぼれた木を杙ってゐて
ねむたくなって落すのだらう
なんでもそらの果樹園が
ぼんやりおかしく白く荒さんでゐて
風がおかしく酸っぱいから……
風……とそんなにまがりくねった桂の木
原の雲も青ざめて
ふしぎな縞になってゐる
もう眼をあいて居られない
だまって風に溶けてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ

  風……骨、青さ、どこかで鈴が鳴ってゐる
どれぐらゐいま睡ったらう
青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見え
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるえる



(下書稿3)

一七一

一九二四、四、一九

いま来た角に
二本の白楊ドロが立ってゐる
雄花の紐をしづかに垂れて
青い氷雲にねむってゐる
おれもここらへすはるとしやう
かれ草が変にくらくて、水銀いろの小流れは、
蒔絵のやうに走ってゐるし
そのいちいちの曲り目には
藪もぼんやりけむってゐる
もういまごろは校長も、
青い野原の遠くの方で、髪をちゃきちゃき刈り込んで
足をのばして寝たころだ
それはもちろん寝たどこでない、そろそろ次の答申案を書くために
威厳たっぷり起き出すころだ、さうでなければ
まう両方のまん中ごろか、
帽子の影がさういふふうだ
とにかくおれもここへねむらう
シャープ鉛筆 星印
紫蘇のかほりの青じろい風
熟した巻雲の中の月だ
一梃の銀の手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる、
ミーロがそらのすももばたけで、おいぼれた木を杙ってゐて
ねむたくなっておとすのだらう
なんでもそらの果樹園が、がらんと白く荒さんでゐて、
風がおかしくすっぱいからな、
風……とそんなにまがりくねった桂の木
原の雲は青ざめて
ふしぎな縞になってゐる
もう眼をあいて居られない
めんだうくさい溶けてしまはう
めんだうくさい溶けてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ
  コサック、コサック、コサック兵が、駐屯、駐屯、駐屯する
  コサック、コサック…コサック…兵が、駐屯、〃 〃 〃
  コサック、コサック コサック 兵が 〃、〃 〃 〃
    〃       コサック…兵…が…駐屯…
    〃       コサック…兵…が…駐屯…駐屯…
    〃       コサック…兵…が…駐屯…──…駐屯…
    …       コサック…兵…が…駐屯…──…駐屯…する
    …       コサック…兵…が…駐屯…──…駐屯…する
    …           …兵…が…駐屯…──…駐屯…する

あゝあ
風…骨、青さ、
どこかで鈴が鳴ってゐる
峠の暗い林のなかだ
赤衣と青衣の二人の童子、
それは見たよりかんがへたほう、
どれぐらゐいまねむったらう
青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見えて
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるえる



(下書稿2推敲後)

一七一

水源手記

一九二四、四、一九

やまならしの木がねむってゐる
雄花もみんなひっそり下げてねむってゐる
そんならこゝへおれも座らう
銀の鉛筆 青じろい風
かれ草や灌木のなだらを截り
水がころころ鳴ってゐる
もういまごろは校長も、
威厳たっぷりライスカレーを五杯か食って寝ただらう
寝たどこでないそろそろ次のライスカレーを食ふために
威厳たっぷり起き出すころだ
さうでなければまあ両方のまん中か、
白淵にしろもう説教も首尾よくすんで、
めでたく寝たのいふころだ
そんならおれもこゝへねむらう
いま来た角に
熟した巻雲の中の月だ
一梃の白い手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる、
ミーロがそらのすももばやしではたらいてゐて
ねむたくなっておとしたのだらう
風… とそんなにまがりくねった桂の木
低原のはらの雲はもう青ざめて
おかしな縞になってゐる──
もう眼をあいて居られない
めんだうくさい 溶けてしまはう
めんだうくさいとけてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ
  …コサック…コサック…コサック…
       …コサック…コサック…
            …コサック…兵が…
            コサック…兵が…駐屯…
                 兵が…駐屯…する
                 兵が…駐屯…する
                 兵が…駐屯…する
                 兵が…  …する
                    …… ……
                    …… ……

風…骨、青さ、
どこかで鈴が鳴ってゐる
峠の黒い林のなかだ
赤衣と青衣…それを見るのかかんがへるのか
どれぐらゐいまねむったらう 青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見える
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるえる



(下書稿2推敲前)

一七一

水源手記

一九二四、四、一九

かれ草や灌木のなだらを截り
水がころころ鳴ってゐる
もういまごろは校長も、
威厳たっぷりカレーを食って寝ただらう
寝たどこでないそろそろ次のライスカレーを食ふために
威厳たっぷり起き出すころだ
いや両方のまん中だ
いま来た角に
一本高いやまならしの木がねむってゐる
雄花もみんなひっそり下げてねむってゐる
そんならこゝへおれも座らう
銀の鉛筆 青じろい風
熟した巻雲の中の月だ
一梃の白い手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる、
ミーロがそらのすももばやしではたらいてゐて
ねむたくなっておとしたのだらう
風… とそんなにまがりくねった桂の木
低原のはらの雲はもう青ざめて
おかしな縞になってゐる──
もう眼をあいてゐられない
めんだうくさい 溶けてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ
  …コサック…
  …コサック…兵…
  …コサック…兵が…
        兵が…駐屯…
          …駐屯…する
          …駐屯…する
             …する
風…骨、青さ、
 どこかで鈴が鳴ってゐる
  峠の黒い林のなかだ
   赤衣と青衣…それを見るのかかんがへるのか
どれぐらゐいまねむったらう 青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見える
おれはまさしくやまならしのやうにふるえる



(下書稿1推敲後)

一七一

水源手記

一九二四、四、一九

しかつめらしい同僚なかまのやつらをけとばして
なんといふいゝとこにおれは来たのか
このゆるやかな準平原の春の谷
かれ草や灌木のなだらを截る
うつくしい月夜の小流れの岸だ
けれども向ふにしたところで
けとばされたと思ってゐない
日誌もとにかくこさえて来たし
肥料試験の札もとにかく立派に立てて来た
たゞもう早くこいつらの居ないところへ行かうと急いだだけなのだ
あれからみんな帰って行って
威厳たっぷりライスカレーを食って寝たり
床屋に行って髪を刈ったり
とにかくみんな
おかみさんもあればこどももばあとか云ってゐる
しづかな春の土曜日なのだ
それでいゝのだしゃっぽをそらに抛げあげろ
ところがそらは荒れてかすんだ果樹園だ
そこからしゃっぽが黒く落ちてくる
それから影は横から落ちる
受けてやらうか
こんどはおれが影といっしょにコサックになる
しゃっぽをひろへ
水がころころ鳴ってゐる
わあ どうだ いゝところだ
いま来た角に
やまならしの木がねむってゐる
雄花もみんなしづかに下げてねむってゐる
そんならここへおれもすはらう
銀の鉛筆、青じろい風
熟した巻雲の中の月だ
一梃の白い手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる、
ミーロがそらのすももばやしではたらいてゐて
ねむたくなっておとしたのだらう
風…とそんなにまがりくねった桂の木
低原のはらの雲は青ざめて
もう眼をあいて居られないよ
ちょっと事件がありました
めんだうくさい溶けてしまはう
このうゐきゃうのかほりがそれだ
  …コサック…
  …コサック…
  …コサック…兵…がみなポケットに薄荷をもって
       … …駐屯…
       … …駐屯…
         …駐屯…する
             する…
             …する
        風…骨、青さ、
   どこかで、鈴が鳴ってゐる
     峠の黒い林のなかだ
      二人の童子
       赤衣と青衣…それを見るのかかんがへるのか…

どれぐらゐいまねむったらう
青い星がひとつきれいにすきとほって
雲はまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の尾羽に見える
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるえる



(下書稿1推敲前)

一七一

水源手記

一九二四、四、一九

帽子をそらに抛げあげろ
ゆるやかな準平原の春の谷
月夜の黒い帽子を抛げろ
  …ところがそらは
   荒れてかすんだ果樹園だ…
魔法の消えた鳥のやうに
帽子が落ちれば
またその影も横から落ちて
こんどはおれが
月夜の黒いコサックになる
  …かれくさや灌木のなだらを截る
   このうつくしい小流れの岸…
一梃の白い手斧が
水のなかだかまぶたのなかだか
ひどくひかってゆれてゐる、
ミーロがそらのアカシヤばやしではたらいてゐて
ねむたくなっておとしたのだらう
  ─beside the bubbling brook─
いま来た角に
やまならしの木がねむってゐる
雄花も紐をふっさり垂れてねむってゐる
そんならここへおれもすはらう
銀の鉛筆、青じろい風
熟した巻雲の中の月だ
  …アカシヤばやしのうしろの方で
   苹果がぼんやり腐ってゐる…
風…とそんなにまがりくねった桂の木
  …睡たい薄荷はすなはち風だ…
低原のはらの雲はもう青ざめて
ふしぎな縞になってゐる
  …コサック…
  …コサック…兵…
  …コサック…兵…が
       …兵…が…駐屯…
         …が…駐屯…する…
           …駐屯…する…
               する…
またねむったな、風…骨、青さ、
どれぐらゐいまねむったらう
雲がまるで蝋で鋳たやうになってゐるし
落葉はみんな落とした鳥の羽に見える
  …もう鉛筆をもてない
   おれははんぶん溶けてしまはう
   このうゐきゃうのかほりがつまりそれなのだ
   どこかで 鈴が鳴ってゐる
    峠で鈴が鳴ってゐる
     峠の黒い林のなかで
      二人の童子が鈴を鳴らしてわらってゐる
       赤衣と青衣…それを見るのかかんがへるのか…
睡ってゐた ちがったことだ 誰かゞ来てゐた
青い星が一つきれいにすきとほってゐる
おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるえる
風がもうほんたうにつめたく吹くのだ