目次へ  縦書き

一六

五輪峠

一九二四、三、二四、

宇部何だって?……
宇部興左ェ門?……
ずゐぶん古い名前だな
   何べんも何べんも降った雪を
   いつ誰が踏み堅めたでもなしに
   みちはほそぼそ林をめぐる
地主ったって
君の部落のうちだけだらう
野原の方ももってるのか
   ……それは部落のうちだけです……
それでは山林でもあるんだな
   ……十町歩もあるさうです……
それで毎日糸織を着て
ゐろりのへりできせるを叩いて
政治家きどりでゐるんだな
それはまもなく没落さ
いまだってもうマイナスだらう
   向ふは岩と松との高み
   その左にはがらんと暗いみぞれのそらがひらいてゐる
そこが二番の峠かな
まだ三つなどあるのかなあ
   がらんと暗いみぞれのそらの右側に
   松が幾本生えてゐる
   藪が陰気にこもってゐる
   なかにしょんぼり立つものは
   まさしく古い五輪の塔だ
   苔に蒸された花崗岩みかげの古い五輪の塔だ
あゝこゝは
五輪の塔があるために
五輪峠といふんだな
ぼくはまた
峠がみんなで五っつあって
地輪峠水輪峠空輪峠といふのだらうと
たったいままで思ってゐた
地図ももたずに来たからな
   そのまちがった五つの峯が
   どこかの遠い雪ぞらに
   さめざめ青くひかってゐる
   消えやうとしてまたひかる
このわけ方はいゝんだな
物質全部を電子に帰し
電子を真空異相といへば
いまとすこしもかはらない
   宇部五右衛門が目をつむる
   宇部五右衛門の意識はない
   宇部五右衛門の霊もない
   けれどももしも真空の
   こっちの側かどこかの側で
   いままで宇部五右衛門が
   これはおれだと思ってゐた
   さういふやうな現象が
   ぽかっと万一起こるとする
   そこにはやっぱり類似のやつが
   これがおれだとおもってゐる
   それがたくさんあるとする
   互ひにおれはおれだといふ
   互ひにあれは雲だといふ
   互ひにこれは土だといふ
   さういふことはなくはない
   そこには別の五輪の塔だ
あ何だあいつは
   いま前に展く暗いものは
   まさしく北上の平野である
   薄墨いろの雲につらなり
   酵母の雲に朧ろにされて
   海と湛える藍と銀との平野である
向ふの雲まで野原のやうだ
あすこらへんが水沢か
君のところはどの辺だらう
そこらの丘のかげにあたってゐるのかな
そこにさっきの宇部五右ェ門が
やはりきせるを叩いてゐる
   雪がもうここにもどしどし降ってくる
   塵のやうに灰のやうに降ってくる
   つつじやこならの潅木も
   まっくろな温石いしも
   みんないっしょにまだらになる

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

一六

五輪峠

一九二四、三、二四、

宇部何だって?……
宇部五右エ門か……
ずゐぶん古い名前だな……そいつが君の部落の主か
みんなでそれを退治したいと云ふんだな
   何べんも何べんも降った雪を
   いつ誰が踏み堅めたでもなしに
   みちはほそぼそ林をめぐる
   向ふは岩と松との高み
   その左にはがらんと暗いみぞれのそらがひらいてゐる
そこが最后の峠だな
するとさっきのあの楢の木の柵のある
あすことこれで二つだな
   地図もやっぱり二っつだ
   松が幾本立ってゐる
   藪が陰気にこもってゐる
   そこにあるのはまさしく古い五輪の塔だ
   苔に蒸された花崗岩みかげの古い五輪の塔だ
あゝこゝは
五輪の塔があるために
五輪峠といふんだな
ぼくはまた
峠がみんなで五っつあって
地輪峠水輪峠空輪峠といふのだらうと
たったいままで思ってゐた
   そのまちがった五つの峯が
   どこかの遠い雪ぞらに
   さめざめ青くひかってゐる
   消えやうとしてまたひかる
五輪は地水火風空
むかしの印度の科学だな
空といふのは総括だとさ
まあ真空でいゝだらう
火はエネルギー これはアレニウスの解釈
地と

風は物質だらう
世界も人もこれだといふ
心といふのもこれだといふ
今でもそれはそうだらう
   そこで雲ならどうだと来れば
   気相は風で
   液相は水
   地大は核の塵となる
   光や熱や電気や位置のエネルギー
   それは火大と考へる
   そして畢竟どれも真空自身と云ふ
   宇部五右エ門もやっぱりそれだ
宇部五右エ門の糸織も
   きせるの銀もやっぱりそれだ
   それで結局宇部五右エ門が真空で
   卑怯な教化の文句になる
あ何だあいつは
   いま前に展く暗いものは
   まさしく北上の平野である
   薄墨いろの雲につらなり
   酵母の雲に朧ろにされて
   海と湛える藍と銀との平野である
向ふの雲まで野原のやうだ
あすこらへんが水沢か
どの辺だ君のところは
どれかの丘のかげにあたってゐるのだらうねえ
   雪がもうここにもどしどし降ってくる
   塵のやうに灰のやうに降ってくる
   つつじやこならの潅木も
   まっくろな温石いしも
   みんないっしょにまだらになる



(下書稿1推敲後)

一六

五輪峠

一九二四、三、二四、

「何べんも降った雪なんだが
いつ誰が踏み堅めたでもなしに
みちのかたちになってゐる」
雪みちがほそぼそとして
雑木林の肩をめぐれば
向ふは松と岩との高み
その左には
がらんと暗いみぞれのそらがひらいてゐる
そここそ峠の下り口だ
「あれがほんとの峠だな
いったいさっきあの楢の木の柵のある
あすこを峠とおもったために
みちがこんなに地図に合はなくなったんだねえ」
藪が陰気にこもってゐる
そこにあるのはまさしく古い五輪の塔だ
苔に蒸された花崗岩みかげの古い五輪の塔だ
「あゝこゝは五輪の塔があるために
五輪峠といふんだな
ぼくはまた
峠がみんなで五つあり
そのめいめいが
地輪峠水輪峠
空輪峠といふふうで
それを集めて五輪峠といふのかと
たったいままで思ってゐた」
そこでいまその
どこかの雪ぞらに
さめざめ蒼く
光って立つ
五つの峯が
頭の中でしづかに消える
消えやうとしてまたひかる
「五輪は地水火風空
空といふのは総括だとさ
まあ真空でいゝだらう
火はエネルギー
地はまあし固体元素
水は液態元素
風は気態元素と考へるかな
世界もわれわれもこれだといふのさ
心といふのもこれだといふ
いまだって変わらないさな」
雲もやっぱりさうだと云へば
それは元来一つの真空だけであり
所感となっては
気相は風
液相は水
固相は核の塵とする
そして運動のエネルギーと
熱と電気は火に入れる
それからわたくしもそれだ
この楢の木を引き裂けるといってゐる
村のこどももそれで
わたしくであり彼であり
雲であり岩であるのは
たゞ因縁であるといふ
そこで畢竟世界はたゞ
因縁があるだけだといふ
雪の一つぶ一つぶの
質も形も進度も位置も
時間もみな因縁自体であると
さう考へると
なんだか心がぼおとなる
      五輪峠に
      雪がつみ
      五つの峠に雪がつみ
      その五の峯の松の下
      地輪水輪火風輪
      空輪五輪の塔がたち
      一の地輪を転ずれば
      菩提のこころしりぞかず
      四の風輪を転ずれば
      菩薩こゝろに障碍なく
      五の空輪を転ずれば
      常楽我浄の影うつす
      みちのくの
      五輪峠に雪がつみ
      五つの峠に…… 雪がつみ……
「あ何だあいつは」
「ああ野原だなあ」
いま前に展く暗いものは
まさしく早春の北上の平野である
      二の水輪を転ずればだめ
      三の火輪を転ずればだめ
      みんな転ずればおかしいな
      大でたらめだ
薄墨の雲につらなり
酵母の雲に朧ろにされて
海と湛える藍と銀との平野である
「向ふの雲まで野原のやうだ
あすこらへんが水沢か
どの辺だ君のところは
どの辺だって云ったって
こゝから見て
見当のつかないことは
やっぱりおれとおんなじだらう」
雪がもうここにもどしどし降ってくる
つつじやこならの潅木も
まっくろな温石いしも
みんないっしょにまだらになる



(下書稿1推敲前)

一六

五輪峠

一九二四、三、二四、

凍み雪の森のなだらを
ほそぼそとみちがめぐれば
向ふは松と岩との高み
高みのうへに
がらんと暗いみぞれのそらがひらいてゐる
  ……そここそ峠のいただきだ……
あの楢の木の柵のある
ちいさな峠を過ぎながら
それを峠とおもったために
みちがこんなに地図に合はなくなったのだ
   (五つの峯の峠ゆゑ
    五輪峠と呼ばれたり)
五つでなくて二っつだ
けれども五つといふのもある
そいつがどこかの雪ぞらで
さめざめ蒼くひかってゐる
   (五輪は地水火風空)
松が幾本立ってゐる
藪が陰気にこもってゐる
そこにあるのはまさしく古い五輪の塔だ
苔に蒸された花崗岩みかげの古い五輪の塔だ
   ……梵字と雲と
     みちのくは風の巡礼……
      みちのくの
      五輪峠に
      雪がつみ
      五つの峠に雪がつみ
      その五の峯の松の下
      地輪水輪また火風
      空輪五輪の塔がたち
      一の地輪を転ずれば
      菩提のこころしりぞかず
      四の風輪を転ずれば
      菩薩こゝろに障碍なく
      五の空輪を転ずれば
      常楽我浄の影うつす
      みちのくの
      五輪峠に雪がつみ
      五つの峠に…… 雪がつみ……
あゝいま前に展く暗いものは
まさしく早春の北上の平野である
薄墨の雲につらなり
酵母の雲に朧ろにされて
海と湛える藍と銀との平野である
雪がもうここにもどしどし降ってくる
つつじやこならの潅木も
まっくろな温石いしも
みんないっしょにまだらになる