目次へ  縦書き

一五七

〔ほほじろは鼓のかたちにひるがへし〕

一九二四、七、 、

ほほじろは鼓のかたちにひるがへし
まっすぐにあがるひばりもある
岩頸列はまだ暗い霧にひたされて
貢った暁の睡りをまもってゐるが
この峡流の出口では
麻のにほひやオゾンの風
もう電動機モートルも電線も鳴る
夜もすがら
風と銀河のあかりのなかで
ガスエンヂンの爆音に
灌漑水の急にそなへたわかものたち、
いまはなやかな田園の黎明のために
それらの青い草山の
波立つ萱や、
古風な稗の野末をのぞみ
東のそらの黝んだ葡萄鼠と、
赤縞入りのアラゴナイトの盃で
この清冽な朝の酒を
胸いっぱいに汲まうではないか
見たまへあすこら四列の虹の交流を
水いろのそらの渚による沙に
いまあたらしく朱金や風がちゞれ
ポプルス楊の幾本が
繊細な葉をめいめいせはしくゆすってゐる
湧くやうにひるがへり
叫ぶやうにつたはり じつにわれらのねがひをば いっしんに発信してゐるのだ

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

一五七

一九二四、七、 、

ほほじろは鼓のかたちにひるがへし
まっすぐにあがるひばりもある
岩頸列はまだ暗い霧にひたされて
貢った暁の睡りをとってゐるが
この峡流の出口では
麻のにほひやオゾンの風
もう電動機モートルも電線も鳴る
夜もすがら
風と銀河のあかりのなかで
ガスエンヂンの爆音にポムプを守ったわかものたち、
このはなやかな田園の黎明のために
それらの青い草山の
波立つ萱と古風な稗の野末をのぞみ
東のそらの黝んだ葡萄鼠と、
赤縞入りのアラゴナイトの盃で
この清冽な朝の酒を
胸いっぱいに汲まうではないか
見たまへあすこら四列の虹の交流を
水いろの天の渚による沙に
いまあたらしく朱金や風がちゞれ
ポプルス楊の幾本が
繊細な葉をめいめいせはしくゆすってゐる
湧くやうにひるがへり
叫ぶやうにつたはり
いっしんに発信をつゞけてゐる