目次へ  縦書き

一五六

〔この森を通りぬければ〕

一九二四、七、五、

この森を通りぬければ
みちはさっきの水車へもどる
鳥がぎらきら啼いてゐる
たしか渡りのつぐみの群だ
夜どほし銀河の南のはじが
白く光って爆発したり
蛍があんまり流れたり
おまけに風がひっきりなしに樹をゆするので
鳥は落ちついて睡られず
あんなにひどくさわぐのだらう
けれども
わたくしが一あし林のなかにはいったばかりで
こんなにはげしく
こんなに一さうはげしく
まるでにわか雨のやうになくのは
何といふおかしなやつらだらう
ここは大きなひばの林で
そのまっ黒ないちいちの枝から
あちこち空のきれぎれが
いろいろにふるえたり呼吸したり
云はゞあらゆる年代の
光の目録カタログを送ってくる
  ……鳥があんまりさわぐので
    私はぼんやり立ってゐる……
みちはほのじろく向ふへながれ
一つの木立の窪みから
赤く濁った火星がのぼり
鳥は二羽だけいつかこっそりやって来て
何か冴え冴え軋って行った
あゝ風が吹いてあたたかさや銀の分子〔モリキル〕
あらゆる四面体の感触を送り
蛍が一さう乱れて飛べば
鳥は雨よりしげく鳴き
わたくしは死んだ妹の声を
林のはてのはてからきく
  ……それはもうさうでなくても
    誰でもおなじことなのだから
    またあたらしく考へ直すこともない……
草のいきれとひのきのにほひ
鳥はまた一さうひどくさわぎだす
どうしてそんなにさわぐのか
田に水を引く人たちが
抜き足をして林のへりをあるいても
南のそらで星がたびたび流れても
べつにあぶないことはない
しづかに睡ってかまはないのだ

(本文=定稿)



(下書稿2)

一五六

寄鳥想亡妹

一九二四、七、五、

この森を通りぬければ
みちはさっきの水車へもどる
鳥がぎらきら啼いてゐる
たしか渡りのつぐみの群だ
夜どほし銀河の南のはじが
白く光って爆発したり
蛍があんまり流れたり
おまけに風が南から、なんども潰れた銅鑼をたゝくので
鳥は落ちついて睡られず
あんなにひどくさわぐのだらう
けれども
わたくしが一あし林のなかにはいったばかりで
こんなにはげしく
こんなに一さうはげしく
まるでにわか雨のやうになくのは
何といふおかしなやつらだらう
ここは大きなひばの林で
そのまっ黒ないちいちの枝から
あちこち空のきれぎれが
いろいろにふるえたり呼吸したり
あらゆる古い年代の
光の規約を送ってくる
  ……鳥があんまりさわぐので
    私はぼんやり立ってゐる……
みちはほのじろく向ふへながれ
一つの木立の窪みから
赤く濁った火星がのぼり
鳥は二羽だけいつかこっそりやって来て
何か冴え冴え軋って行った
あゝ風が吹いてあたたかさや銀の分子モリキル
あらゆる四面体の感触を送り
蛍が一さう乱れて飛べば
鳥は雨よりしげくなき
わたくしは死んだ妹の声を
林のはてのはてからきく
  ……それはもうさうでなくても
    誰でもおなじことだから
    またあたらしく
    考へ直すこともない……
草のいきれとひのきのにほひ
鳥はまた一さうひどくさわぎだす
どうしてそんなにさわぐのか
田に水を引く人たちが
抜き足をして林のへりをあるいても
南のそらで星がたびたび流れても
べつにあぶないことはない
しづかにやすんでいゝ筈なのだ



(下書稿1推敲後)

一五六

一九二四、七、五、

この森を通りぬければ
みちはさっきの水車へもどる
鳥がぎらきら啼いてゐる
たしか渡りのもずの群だ
田に水を引く人たちが
こっそりこっそり林のへりをあるいてゐるし
夜どほし銀河の南のはじも
白く光って見えるので
鳥は落ちついて睡られず
あんなにひどくさわぐのだらう
けれども
わたくしが一あし林のなかにはいったばかりで
こんなにはげしく
こんなに一さうはげしく
まるでにはか雨のやうになくのは
何といふおかしなやつらだらう
ここは大きなひばの林で
そのまっ黒ないちいちの枝から
どこら辺とも知れないそらが
いろいろにふるえたり呼吸したり
いはゞあらゆる光の規約を示してゐる
  ……あんまり鳥がさはぐので
    私はぼんやり立ってゐる……
みちはほのじろく向ふへながれ
一つの木立の窪みから
赤く濁った火星ものぼり
鳥は二羽だけいつかこっそりやって来て
何か冴え冴え軋って行った
あゝ風が吹いてあたたかさや銀の分子モリキル
あらゆる四面体の感触を送り
蛍がこんなに乱れて飛べば
鳥は雨よりしげくなき
わたくしは死んだ妹の声を
林のはてのはてからきく
  ……それはもう、たれでもおなじことだから
    いまあたらしく、考へなほすこともない……
 草のいきれと
 樹やにのにほひ
鳥はまた一さうひどくさわぎだす
どうしてそんなにさわぐのか
はやしのなかは蛍もかなりみだれて飛ぶし
みなみぞらでは星もときどきながれるけれども
しづかにやすんでかまはない



(下書稿1推敲前)

一五六

一九二四、七、五、

この林をくぐれば
みちは来た方へもどる
鳥がぎらぎら啼いてゐる
たしか渡りのもずの群だ
夜どほし銀河の南のはじが爆発するものだから
鳥は落ちついて睡られず
あんなにひどくさわぐのだ
けれども
わたくしが一あし林のなかにはいったばかりで
こんなにはげしく
こんなに一さうはげしく
まるでにはか雨のやうになくのは
何といふおかしなやつらだらう
ここは大きなひばの林で
そのまっ黒ないちいちの枝から
はがねいろした天盤を截り
どの座とも知れない星が
あらゆる光の規約を示す
  ……あんまり鳥がさはぐので
    私はぼんやり立ってゐる……
みちはほのじろく向ふへながれ
木立のけはしい窪みから
赤く濁った火星がのぼる
鳥は二羽だけこっそりこっちへやって来て
ごく透明に軋って行った
あゝ風が吹いてあたたかさや銀のモリキル
あらゆる四面体の感触を送り
蛍がこんなに乱れて飛べば
鳥は雨よりしげくなき
わたくしは死んだ妹の声を
林のはてのはてからきく
  ……それはもうたれでもひとつことだから
    またあたらしく考へなほさないでいい……
 草のいきれと樹やにのにほひ
鳥はまた一さうひどくさわぎだす
どうしてそんなにさわぐのか
はやしのなかは蛍もこんなにみだれて飛ぶし
みなみぞらでは星もときどきながれるだらうが
しづかにやすんで
かまはないのだ



(『貌』掲載形 1925年7月発行)

この林をくぐれば
みちは来た方へもどる
鳥がぎらぎら啼いてゐる
たしか渡りのもずの群だ
夜どほし銀河の南のはじが爆発するものだから
鳥は落ちついて睡られず
あんなにひどくさわぐのだ
けれども
わたくしが一あし林のなかにはいったばかりで
こんなにはげしく
こんなに一さうはげしく
まるでにはか雨のやうになくのは
何といふおかしなやつらだらう
こゝは大きなひのき林で
星がそのいちいちのまっ黒な枝に
落ちやうとする露の火や
あらゆる光の規約を示し
きらきら顫へたり呼吸したりする
……あんまり鳥がさはぐので
  わたしはぼんやり立ってゐる……
みちはほのじろく向ふへながれ
木立のけはしい窪みから
赤く濁った火星がのぼる
鳥は二羽だけこっそりこっちへやって来て
ごく透明に軋って行った
あゝ 風が吹いてあたたかさや銀のモリキル
あらゆる四面体の感触を送り
蛍がこんなに乱れて飛べば
鳥は雨よりしげくなき
わたくしは死んだ妹の声を
林のはてのはてからきく
……それはもうたれでもひとつことだから
  またあたらしく考へなほさないでいい……
草のいきれとピネンのにほひ
鳥はまた一さうひどくさわぎだす
どうしてそんなにさわぐのか
はやしのなかは蛍もこんなにみだれて飛ぶし
みなみぞらでは星もときどき流れるだらうが
しづかにやすんで
かまはないのだ