目次へ  縦書き

一五五

〔温く含んだ南の風が〕

一九二四、七、五、

温く含んだ南の風が
かたまりになったり紐になったりして
りうりう夜の稲を吹き
またまっ黒な水路のへりで
はんやくるみの木立にそゞぐ
  ……地平線地平線
    灰いろはがねの天末で
    銀河のはじが茫乎とけむる……
熟した藍や糀のにほひ
一きは過ぎる風跡に
蛙の族は声をかぎりにうたひ
ほたるはみだれていちめんとぶ
  ……赤眼の蠍
    萱の髪
    わづかに澱む風の皿……
螢は消えたりともったり
泥はぶつぶつ醗酵する
  ……風が蛙をからかって、
    そんなにぎゅっぎゅっ云はせるのか
    蛙が風をよろこんで、
    そんなにぎゅっぎゅっ叫ぶのか……
北の十字のまはりから
三目星カシオーペアの座のあたり
天はまるでいちめん
青じろい疱瘡にでもかかったやう
天の川はまたぼんやりと爆発する
  ……ながれるといふそのことが
    たゞもう風のこゝろなので
    稲を吹いては鳴らすと云ひ
    蛙に来ては鳴かすといふ……
天の川の見掛けの燃えを原因した
高みの風の一列は
射手のこっちで一つの邪気をそらにはく
それのみならず蠍座あたり
西蔵魔神の布呂に似た黒い思想があって
南斗のへんに吸ひついて
そこらの星をかくすのだ
けれども悪魔といふやつは、
天や鬼神とおんなじやうに、
どんなに力が強くても、
やっぱり流転のものだから
やっぱりあんなに
やっぱりあんなに
どんどん風に溶かされる
星はもうそのやさしい面影アントリッツを恢復し
そらはふたゞび古代意慾の曼陀羅になる
  ……蛍は青くすきとほり
    稲はざわざわ葉擦れする……
  うしろではまた天の川の小さな爆発
たちまち百のちぎれた雲が
星のまばらな西寄りで
難陀竜家の家紋を織り
天をよそほふ鬼の族は
ふたゝび蠍の大火をおかす
  ……蛙の族はまた軋り
    大梵天ははるかにわらふ……
奇怪な印を挙げながら
ほたるの二疋がもつれてのぼり
まっ赤な星もながれれば
水の中には末那の花
あゝあたたかな憂陀那の群が
南から幡になったり幕になったりして
くるみの枝をざわだたせ
またわれわれの耳もとで
銅鑼や銅角になって砕ければ
古生銀河の南のはじは
こんどは白い湯気を噴く
     (風ぐらを増す
      風ぐらを増す)
そうらこんどは
射手から一つ光照弾が投下され
風にあらびるやなぎのなかを
淫蕩に青くまた冴え冴えと
蛍の群がとびめぐる

(本文=下書稿2推敲後)



(定稿)

一五五

一九二四、七、五、

(一行アキ)
(五字分空白)南の風が
かたまりになったり紐になったりして
(四字分空白)夜の稲を吹き
またまっ黒な水路のへりで
垢楊や胡桃の木立に(以下空白)
  ……(四字分空白)地平線
    灰いろはがねの天末で
    銀河のはじが茫乎とけむる……
熟した藍や糀のにほひ
一きは過ぎる風跡に
蛙の族は声をかぎりにうたひ
ほたるは乱れて(四字分空白)飛ぶ
  ……赤眼の蠍
    萱の髪
    わづかに澱む風の皿……
螢は消えたりともったり
泥はぶつぶつ醗酵する
  ……風が蛙をからかって、
    そんなにぎゅっぎゅっ云はせるのか
    蛙が風をよろこんで、
    そんなにぎゅっぎゅっ叫ぶのか……
北の十字のまはりから
三目星〔カシオーペア〕の座のあたり
天はまるでいちめん
青じろい疱瘡にでもかかったやう
天の川はまたぼんやりと爆発する
  ……ながれるといふそのことだけが
    ただもう風の情意なので
    稲を吹いては鳴らすと云ひ
    蛙に来ては鳴かすといふ……
天の川の見掛けの燃えを原因した
高みの風の一列は
射手のこっちで一つ(一字分空白)をそらにはく
それだけでない蠍には
西蔵魔神の大きな布呂が
もうまっ黒に吸ひついて
そこらの星をかくすのだ
けれども悪魔といふものは
天や鬼神とおんなじやうに
どんなに力が強くても、
やっぱり流転のものだから
やっぱりあんなに
やっぱりあんなに
どんどん風に溶かされる
星はもうそのやさしい面影アントリッツを恢復し
そらはふたゞび古代意慾の曼陀羅になる
  ……蛍は青くすきとほり
    稲はざわざわ葉擦れする……
  うしろではまた天の川の小さな爆発
たちまち百のちぎれた雲が
星のまばらな西寄りで
難陀竜家の家紋を織り
天をよそほふ 鬼の族は
ふたたび南斗の蠍をおかす
  ……蛙の族はまた軋り
    (三字分空白)は遠くでわらふ……
奇怪な印を挙げながら
ほたるの二疋がもつれてのぼり
まっ赤な星もながれれば
水の中には末那の花
  ……古生銀河の南のはじは
    こんどは白い湯気を噴く……
あああたたかな憂陀那の群が
南から幡になったり幕になったりして
胡桃の枝をざわだたせ
またわたくしの耳もとで
銅鑼や銅角トロンボンになって砕ける
乾陀羅風のこの一夜
     (風ぐらを増す
      風ぐらを増す)
そうらこんどは
射手から一つ光照弾が投下され
風にあらびるやなぎのなかを
淫蕩に青くまた冴え冴えと
蛍の群がとびめぐる


※きれいに清書された定稿だが、後日補填しようとしたものと見ら れる空白が数箇所なるため、本文には下書稿2の最終形態を掲げた。



(下書稿2推敲前)

一五五

一九二四、七、五、

あたたかい南の風が
かたまりになったり紐になったりして
どしゃどしゃ夜の稲を吹き
またはんのきや胡桃の枝で
銅鑼や銅角トロンボンになって砕ける
  ……黒くかゞやく水地平線
    灰いろはがねの天末で
    銀河のはじがぼんやりけむる……
熟した藍や糀のにほひ
稲沼ライスマーシュの風跡に
蛙の族は声をかぎりにうたひ
ほたるは億千みだれてとぶ
  ……赤眼の蠍
    萱の髪
    わづかに澱む風の皿……
螢は消えたりともったり
泥はぶつぶつ醗酵する
  ……風が蛙をからかって
、     そんなにぎゅっぎゅっ云はせるのか
    蛙が風をよろこんで、
    そんなにぎゅっぎゅっ叫ぶのか……
北の十字のまはりから
磨羯大魚の座のあたり
天はまるでいちめん
青じろい疱瘡にでもかかったやう
天の川はまたぼんやりと爆発する
  ……風のわらってゐることは
    蛙の歌とおんなじことだ……
天の川のその燃焼の補填として
南のそらは大きな黒いいたでを負った
西蔵魔神の風呂敷が
南斗のへんに吸ひついて
そこらの星をかくすのだ
けれども悪魔といふやつは、
天や鬼神とおんなじやうに、
どんなに力が強くても、
やっぱり流転のものだから
やっぱりあんなに
やっぱりあんなに
どんどん風に溶かされる
星はもうそのやさしい面影アントリッツを恢復し
そらはふたゞび古代意慾の曼陀羅になる
  ……蛍は青くすきとほり
    稲はざわざわ葉擦れする……
  うしろではまた天の川の小さな爆発
たちまち百のちぎれた雲が
ヘルクレスから麒麟へかけて
難陀竜家の家紋を織り
西蔵魔神の風呂敷は
ふたゝび射手の弓をとる
  ……蛙の族はまた軋り
    セヴンヘヂンは遠くでわらふ……
風にかがまるくるみの枝
こもごも白い残像を描き
古生銀河の南のはじは
こんどは白い湯気を噴く
奇怪な印を挙げながら
ほたるの二匹がもつれてのぼり
まっ赤な星もながれれば
水の中には末那の花
     (風ぐらを増す
      風ぐらを増す)
そうらこんどは
射手から一つ光照弾が投下され
風にあらびるやなぎのなかを
淫蕩に青くまた冴え冴えと
蛍の群がとびめぐる
  ……カシオーペアの青じろいしかめつら……



(下書稿1推敲後)

一五五

夏夜狂騒

一九二四、七、五、

南からかたまりになったり紐になったりして
どしゃどしゃ稲や草を吹き
またわたくしの耳もとで
銅鑼やトロムボーンになってくだける
  ……地平線地平線
    灰いろはがねの天末で
    銀河のはじがぼんやりけむる……
熟した藍や糀のにほひ
稲沼ライスマーシュの風跡に
蛙の族は声をかぎりにうたひ
ほたるは億千みだれてとぶ
にぎやかにはなばなしい
ガンダラ風アカシヤの髪
  ……赤眼の蠍
    わづかに澱む風の皿……
螢は消えたりともったり 肥えはぶつぶつ醗酵する
蛙はげろげろ啼いてゐる
風が蛙に云はせてゐるのか 蛙が風を呼んでゐるのか
北の十字のまはりから 磨羯大魚の座のあたり
天はまるでいちめん
青じろい疱瘡にでもかかったやう
天の川はまたぼんやりと爆発する
   (風の云ってゐることは
    蛙の云ってゐることとおんなじだ)
天の川のその燃焼の補填として
南のそらは大きな黒いいたでを負った
西蔵魔神の風呂敷が
そこらの星に吸ひついてゐる
けれども悪魔は天とおんなじことで
力はあっても畢竟流転のものだから
そのまっくろな風呂敷も
やっぱりあんなに
やっぱりあんなに
どんどん風に溶かされる
星はもうそのやさしい面影アントリッツを恢復し
そらはふたゞび古代意慾の曼陀羅になる
  ……蛍は青くすきとほり
    稲はざわざわ葉擦れする……
うしろではまた天の川の小さな爆発
たちまち百のちぎれた雲が
白鳥座からライラへかけて
難陀竜家の家紋を織り
マケイシュバラははるかな北で、
六頭首ある馬を御ししづかに玻璃の笛を吹く
  ……蛙の族はまた軋り
    セヴンヘヂンは遠くでわらふ……
風にみだれるくるみの枝は
こもごも白い負像をつくり
天の川の南のはじは
こんどは白い湯気を噴く
     (古びて青い懸吊体!
      ブラウン動の燐光点!)
奇怪な印を描きながら
二疋のほたるがもつれてのぼり
まっ赤な星もながれれば
水の中には末那の花
     (風ぐらを増す
      風ぐらを増す)
そうらこんどは射手から光照弾が投下され
風にあらびるやなぎのなかを
淫蕩に青くまた冴え冴えと
蛍の群はとびめぐる
  ……カシオペーアの青じろいしかめつら……



(下書稿1推敲前)

一五五

密教風の誘惑

一九二四、七、五、

熟した藍や糀のにほひ
多情な夏の夜風をわたり
稲葉の青いさやぎを縫って
蛙の族は声をかぎりにうたひ
ほたるはほのかにみだれて飛ぶ
  ……地平線地平線
    灰いろはがねの天末で
    銀河のはじがぼんやりけむる……
さはやかな稲沼ライスマーシュの風跡に
蛙の族は声をかぎりにうたひ
くるみばやしのつらなりは
こもごもそらに負像を描く
もうにぎやかにはなばなしい
ガンダラ風の夜なのだ

  ……みだれるみだれるアカシヤの髪
    赤眼の蠍
    そらの泉と浄瓶や皿……
螢は消えたりともったり 湿って温い南の風の吹きかへり
くわがたむしがうなって行って 蛙はげろげろ啼いてゐる
風が蛙に云はせてゐるか 蛙が風を呼んでゐるのか
北の十字のまはりから 磨羯大魚の座のあたり
天はまるでいちめん
青じろい疱瘡にでもかかったやう
天の川はまたぼんやりと爆発する
   (風の云ってゐることは
    蛙の云ってゐることとおんなじだ)
天の川のその燃焼の補填として
南のそらは大きな黒いいたでを負った
西蔵魔神の風呂敷が
そこらの星に吸ひついてゐる
けれども悪魔は天とおんなじことで
力はあっても畢竟流転のものだから
やっぱりあんなに
どんどん風に溶かされる
星はもうそのやさしい面影アントリッツを恢復し
そらはふたゞび古代意慾の曼陀羅になる
  ……蛍は青くすきとほり
    稲はざわざわ葉擦れする……
うしろではまた天の川の小さな爆発
白鳥座からライラへかけて立派な蛇の紋ができ
溶けた魔神ははるかな北に生起して
六頭首ある馬に乗り髪をみだして馳けまはる

  ……夜風の底で蛙は軋り     セヴンヘヂンは遠くでわらふ……
やなぎにみだれる蛍の群の
二疋が互にもつれて騰り
天の川の南のはじは
こんどは白い湯気を噴く
      (古びて青い懸吊体!
       ブラウン動の燐光点!)
ああ あたたかなガンダラ風の風が
南から塊になったり紐になったりして
どしゃどしゃ木立や草を吹き
またわたくしの耳もとで
銅鑼がトロムボンになって砕け
蛍は水や空気のなかで
蘇末那の華をともしたり
奇怪な印をほどいたり
また南では
まっ赤な星もながれるので
もうわたくしは手も青じろく発光し
腕巻時計の針も狂って
(帽子を投げろ帽子も燃える)
この夏の夜の密教風の誘惑に
あやふく落ちて行かうとする
    (菩薩威霊を仮したまへ)
そうらこんどは射手から光照弾が投下され
風にあらびるやなぎのなかを
淫蕩に青くまた冴え冴えと
蛍の群はとびめぐる
  ……カシオピーアの青じろいしかめつら……