目次へ  縦書き

一五四

亜細亜学者の散策

一九二四、七、五、

気圧が高くなったので
地平の青い膨らみが
徐々に平位に復してきた
蓋し国土の質たるや
剛に過ぐるを尊ばず
地面が踏みに従って
小さい歪みをなすことは
天竺乃至西域の
永い夢想であったのである

紫紺のいろに湿った雲のこっち側
なにか播かれた四角な畑に
かながら製の幢幡とでもいふべきものが
八つ正しく立てられてゐて
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置であって
誰とても異論もないのであるが
それがことさらあゝいふ風な
八の数をそろへたり
方位を正して置かれたことは
ある種拝天の餘習であるか
一種の隔世遺伝であるか
わたしはこれをある契機から
ドルメン周囲の施設の型と考へる

日が青山に落ちやうとして
麦が古金に熟するとする
わたしが名指す古金とは
今日世上一般の
暗い黄いろなものでなく
龍樹菩薩の大論に
わづかに暗示されたるもの、
すなはちその徳はなはだ高く
その相はるかに旺んであって
むしろ quick gpld ともなすべき
わくわくたるそれを云ふのである
水はいつでも水であって
一気圧下に零度で凍り
摂氏四度の水銀は
比重十三ポイント六なるごとき
さうした式の考へ方は
現代科学の域内にても
俗説たるを免れぬ

さう亀茲国の夕日のなかを
やっぱりたぶんかういふふうに
鳥がすうすう流れたことは
そこの出土の壁画から
たゞちに指摘できるけれども
池地の青いけむりのなかを
はぐろとんぼがとんだかどうか
そは杳として知るを得ぬ

(本文=下書稿2推敲後2)



(下書稿2推敲後1)

一五四

亜細亜学者の散策

一九二四、七、五、

日が青山に落ちやうとして
麦が古金に熟するとする
わたしが名插す古金とは今日世上一般の
暗い黄いろなものでなく
龍樹菩薩の大論に
わづかに暗示されたるもの、
すなはちその徳はなはだ高く
その相はるかに旺んであって
むしろ quick gpld となすべき
わくわくたるそれを云ふのである
水はいつでも水であって
一気圧下に零度で凍り
摂氏四度の水銀は、
比重十三ポイント六なるごとき
さうした式の考へ方は
現代科学の域内にても
俗説たるを免れぬ

紫紺のいろに湿った雲のこっち側
なにか播かれた四角な畑に
かながら製の幢幡とでもいふべきものが
八つ正しく立てられてゐて
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置ではあって
誰とて異論もないのであるが
それがことさらあゝいふ風な
八の数をそろへたり
方位を正して置かれたことは
曾ってそのまゝそっくり古いメンヒルや
東の山地に散在するドルメンの周囲になされたもので
ある種拝天の餘習であるか
一種の隔生遺伝であるか
わたしはこれをある契機から
ドルメン周囲の施設の型と考へる



(下書稿2推敲前)

一五四

一九二四、七、五、

夕日が青いなめとこ山へ落ちやうとして
小麦ばたけが古金のいろに熟するといふ
わたしの云ふ古金とは
いまあるあんな暗い黄いろなものでなく
龍樹菩薩の大論に
三五の性を載せられたもの
あるひはそれの前期にあたる
わづかに暗示されたるもの、
むしろ quick gpld といふふうの
そんな立派な黄金である
また紺いろに湿った雲のこっち側
何か播かれた四角な畑に
かながら製の幢幡が
十箇正しく置かれてあって
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置ではあるが
ある種拝天の餘習でもある



(下書稿1推敲後)

一五四

大学教授

一九二四、七、五、

実習のつかれもわすれ
こどもらは食餌が済めばまたテニスをやる
夕日が青いなめとこ山へ落ちやうとして
小麦ばたけが古金のいろに熟するといふ
わたくしの云ふ古金とは
いまあるあんな暗い黄いろなものでなく
龍樹菩薩の大論に三五の性を載せられたもの
あるひはそれよりはるかに前の
そんな立派な黄金である
実習でいゝ加減つかれると
おれの方は変な詩をやり出す
また紺いろに湿った雲のこっち側
何か播かれた四角の畑に
かながら製の幢幡が
十箇正しく置かれてあって
またある種拝天の餘習でもあり
フェティシ祭祀の遺風でもある



(下書稿1推敲前)

一五四

単体の歴史

一九二四、七、五、

紺青の湿った山と雲とのこっち
夕陽に熟する古金のいろの小麦のはたけ
    いいえ、わたくしの云ひますのは
    いまのあんな暗い黄金ではなく
    所謂 龍樹菩薩の大論の
    あるひはそれよりもっと前の
    むしろ quick gpld といふふうの
    そんなりっぱな黄金のことです
いま紺青の夏の湿った雲のこっちに
かながらのへいそくの十箇が敬虔に置かれ
いろいろの風にさまざまになびくのは
たしかに鳥を追ふための装置ではあるが
またある種拝天の餘習でもある
  ……葉がざらざら鳴ってゐる……



  ※ 物質の特性は定量されないほどの
    僅かづつながら時間に従って移動する
    といふ風の感じです 誰でももっいゐる
    ありふれた考ですが今日は誰でもそれを
    わざと考へないやうにしてゐるやうな気もするのです