目次へ  縦書き

一五二

林学生

一九二四、六、二二、

ラクムスブラウの風だといふ
シャツも手帳も染まるといふ
おゝ高雅なるこれらの花藪やぶと火山塊との配列よ
ぼくはふたたびここを訪ひ
見取りをつくっておかうといふ
さうだかへってあとがいい
藪に花なぞない方が、
いろいろグリーン段階ステーヂ
舶来風のいきだといふ
いゝやぼくのはぢゃないよ
あとでどこかの大公園に、
そっくり使ふ平面図だよ
うわあ測量するのかい
そいつの助手はごめんだよ
もちろんたのみはしないといふ
東の青い山地の上で
何か巨きなかけがねをかふ音がした
それは騎兵の演習だらう
いやさうでない盛岡駅の機関庫さ
そんなもんではぜんぜんない
すべてかういふ高みでは
かならずなにかあゝいふふうの、
会体のしれない音をきく
それは一箇の神秘だよ
神秘でないよ気圧だよ
気圧でないよ耳鳴りさ
みんないっしょに耳鳴りか
もいちど鳴るといゝなといふ
センチメンタル! 葉笛を吹くな
えゝシューベルトのセレナーデ
これから独奏なさいます
やかましいやかましいやかましい
その葉をだいじにしまっておいて
晩頂上で吹けといふ
先生先生山地の上の重たいもやのうしろから
赤く潰れたおかしなものがてくるといふ
   (それは潰れた赤い信頼!
    天台、ジェームスその他によれば!)
ここらの空気はまるで鉛糖溶液です
それにうしろも三合目まで
たゞまっ白な雲の澱みにかはってゐます
月がおぼろな赤いひかりを送ってよこし
遠くで柏が鳴るといふ
月のひかりがまるで掬って呑めさうだ
それから先生、鷹がどこかで磐を叩いてゐますといふ
   (ああさうですか 鷹が磐など叩くとしたら
    どてらを着てゐて叩くでせうね)
鷹ではないよ くいなだよ
くいなでないよ しぎだよといふ
月はだんだん明るくなり
羊歯ははがねになるといふ
みかげの山も粘板岩の高原も
もうとっぷり暮れたといふ
ああこの風はすなはちぼく、
且つまたぼくが、
ながれる青い単斜のタッチの一片といふ
   (しかも ルーノ
    あなたの鈍い銅線の
    二三はひとももって居ります)
あっちでもこっちでも
鳥はしづかに叩くといふ

(本文=下書稿3推敲後)



(下書稿3推敲前)

一五二

林学生

一九二四、六、二二、

ラクムスブラウの風だといふ
シャツも手帳も染まるといふ
おゝうつくしいこれらの花藪やぶと火山塊との配列よ
ぼくはもいちどやってきて
見取りをつくって置かうといふ
さうだ却へってあとがいい
(約5文字不明)どない方が、
(約5文字不明)があるからな
舶来風の粋〔いき〕だといふ
いゝやぼくのは絵ぢゃないよ
精巧無比な平面図だよ
うわあ測量するのかい
その手伝はごめんだよ
もちろんたのみはしないといふ
東の青い山地の上で
何か巨きなかけがねをかふ音がした
それは騎兵の爆破だらう
いやさうでない盛岡駅の機関庫さ
そんなもんでは全然ない
すべてかういふ高みでは
かならずあんな会体のしれない音をきく
それは一箇の神秘だよ
神秘でないよ気圧だよ
気圧でないよ耳鳴りさ
みんないっしょに耳鳴りか
もいちど鳴るといゝなといふ
おいやかましい 葉笛を吹くな
えゝシューベルトのセレナーデ
これから独奏なさいます
やかましいやかましいやかましい
その葉をだいじにしまっておいて
晩頂上で吹けといふ
先生先生山地の上の重たいもやのうしろから
赤く潰れた大きな(数文字不明)出てくるといふ
   (それはさういふ信頼だって!
    天台、ジェームスその他によれば!)
ここらの空気はまるで鉛糖溶液です
それにうしろが三合目まで
たゞまっ白な雲の澱みにかはってゐます
月がおぼろな赤いひかりを送ってよこし
遠くで柏が鳴るといふ
月のひかりがまるで掬って呑めさうだ
それから先生、鷹がどこかで磐を叩いてゐますといふ
   (ああさうですか 鷹が磐など叩くとしたら
    どてらを着てゐて叩くでせうね)
鷹ではないよ くいなだよ
くいなでないよ しぎだよといふ
月はだんだん明るくなり
羊歯ははがねになるといふ
みかげの山も粘板岩の高原も
もうとっぷり暮れたといふ
ああこのながれる風はぼく、
且つまたぼくがながれる青い単斜のタッチの一片といふ
   (しかも ルーノ
    あなたの鈍い銅線の
    二三はひとももって居ります)
あっちでもこっちでも
鳥はしづかに叩くといふ



(下書稿2推敲後)

一五二

一九二四、六、二二、

ラクムスブラウの風だといふ
カラもシャツも染まるといふ
おゝうつくしいこれらの藪と火山塊との配列よ
ぼくはもいちどやってきて
見取りをつくって置かうといふ
さうだ却へってあとがいゝ
藪に花などない方が
ずっと効果があるからな
いゝやぼくのは絵ぢゃないよ
精巧無比な平面図だよ
うわあ測量をするのかい
その手伝はごめんだよ
もちろんたのみはしないといふ
ここらの藪と火山塊との配列よ
そっくりとこかの大公園に使うんへるといふ
絵に描くならば却って藪に花
ここで十分憩んで行かう間もなく谷になるからな
東の青い山地の上で
何か巨きなかけがねをかふ音がした
それは騎兵の演習だらう
いやさうでない盛岡駅の機関庫だ
そんなもんでは全然ない
すべてかういふ高みでは
かならずあんな会体のしれない音がする
それは一箇の神秘だよ
神秘でないよ気圧だよ
気圧でないよ耳鳴りさ
みんないっしょに耳鳴りか、
もいちど鳴るといゝなといふ
おいやかましい 葉笛を吹くな
えゝシューベルトのセレナーデ
これから独奏なさいます
やかましいいやかましいいやかましいい
その葉をだいじにしまっておいて
晩頂上で吹けといふ
先生先生山地の上の重たいもやのうしろから
赤く潰れたおかしなものが出てくるといふ
   (それはひとつの信仰だとさ! ジェームスによれば!)
ここらの空気はまるで鉛糖溶液です
そしてうしろが広重風の
まっしろな雲の澱みです
月がおぼろな赤いひかりを送ってよこし
遠くで柏が鳴るといふ
月のひかりがまるで掬って呑めさうだ
それから先生鷹がどこかで磐を叩いてゐますといふ
   (ああさうですか 鷹が磐など叩くとしたら
    どてらを着てゐて叩くでせうね)
鷹ではないよくいなだよ
くいなでないよしぎだよといふ
月がだんだん明るくなり
羊歯ははがねになるといふ
みかげの山も石灰岩も
もうとっぷりと暮れたといふ
このながれてゐる風はぼく、
且つまたぼくがながれる青い単斜のタッチの一片といふ
   (しかも ルーノ
    あなたの鈍い銅線の
    二三はひとももって居ります)
あっちでもこっちでも
鳥はしづかに叩くといふ



(下書稿2推敲前)

一五二

一九二四、六、二二、

あぢさゐいろの風だといふ
雲もシャツも染まるといふ
ここらの藪と火山塊との配列よ
そっくりとこかの大公園に使うんへるといふ
絵に描くならば却って藪に花
  ここで十分憩んで行かう間もなく谷になるからな
東で何かかけがねをかふ音がした
それは騎兵の演習だらう
いやさうでない盛岡駅の機関庫だ
どうしてどうしてあれは盛岡銀行で
金庫の錠をかふのだといふ
フロックを着て金庫の前で
最敬礼をやるのだといふ
  (こら! もっとしづかに草笛を吹け!)
先生先生山地の上の重たいもやのうしろから
赤く潰れたおかしなものが出てくるといふ
   (それはひとつの信仰だとさ! ジェームスによれば!)
ここらの空気は鉛糖のやう
甘く重たくなるといふ
うしろがまるで浮世絵風の
雲の澱みに変るといふ
月がおぼろな赤いひかりを送ってよこし
遠くで柏が鳴るといふ
それから先生鷹がどこかで磐を叩いてゐますといふ
   (ああさうか 鷹が磐など叩くとしたら
    どてらを着てゐて叩くだらうな)
月がだんだん明るくなり
羊歯ははがねになるといふ
   (あゝあ 流れる風はわたくしで
    わたくしはまたその青い単斜のタッチの一片である
    しかも ルーノ
    あなたの鈍い銅線の
    二三はひとももって居ります)
   (あゝ それは
    あしたのひるかへしてください)
   (何と云ったか きみは いま)
あっちでもこっちでも
鳥はしづかに叩くといふ



(下書稿1推敲後)

一五二

monologue

一九二四、六、二二、

(ここらの藪と
 火山塊との配列は
 そっくりとこかの大公園に使へるな)
  (どの藪もみんな花咲いてゐます)
  (あぢさゐいろの風だなあ
   雲もシャツも染まるなあ)
  (先生 東方で何か巨きなかけがねを插す音がしました)
(ぼくも聴いたが何だらう)
  (盛岡の機関庫だな)
  (騎兵がの演習してるんだ きっと)
(おい、
 もっとしづかに草笛を吹け!)
  (先生 先生 山の上のもやのなかからおかしなものが出てきます)
  (お月さんだ まるっきり潰れて赤くて)
(それはひとつの信仰だとさジェームスによれば)
  (何だか空気が鉛糖のみたいになってきた)
  (ほううしろ雲,まるでまっ白な雲になってる)
(月がおぼろな赤いひかりを送ってよこす)
  (遠くで柏の木がざらざらと鳴ってゐます)
(流れる風はわたくしで
 わたくしはまたその青い単斜のタッチの一片である)
(月がだんだん明るくなる
 羊歯ははがねの図案になる)
   (先生 鷹がどこかで磐をたゝいてゐます)
ルーノよあなたの輻射形した銅線の
 二三を ひとも もって居ります)
   (あ それは あしたのひるかへしてください)
(何と云ったか君は いま)
    あっちでもこっちでも
    鳥はしづかに叩くといふ



(下書稿1推敲前)

一五二

赤い歪形

一九二四、六、二二、

(ここらの藪と
 そのまっ黒な火山塊とのかはるがはるの配列は
 そっくりとこかの大公園に使へるな)
  (どの藪もみんな花咲いてゐます)
  (ほうこの風あぢさゐいろだ)
  (先生 東で巨きなかけがねを插す音がしました)
(ぼくも聴いたが何だらう)
  (向ふの山のどこかに巨きな扉があって
   誰かゞ閉めたところです)
  (盛岡の機関庫だな)
  (騎兵がの演習してるんだ きっと)
(早池峰も姫神山も
 あんなに青くひっそりだ
 おい もっとしづかに草笛を吹け!)
  (先生 先生 山の上から あれ)
  (お月さんだ まるっきり潰れて変たに赤くて)
(それはひとつの信仰だとさジェームスによれば)
  (何だか空気 鉛の砂糖のみたいになってきた)
  (ほううしろ雲,まるでまっ白な雲になってる)
(月がおぼろな赤いひかりを送ってよこす)
  (遠くで柏の木がざらざらと鳴ってる)
(流れる風はわたくしで
 わたくしはまたその青い単斜のタッチの一片である)
   (先生 鷹がどこかで磐をたゝいてゐます)
(鷹がどんなかたちで磐を叩いてゐるんだ 君)
   (それでも先生もさういふことときどき云ひます)
(さうか ならわたちしも云ふ
 ルーノよあなたの輻射形した銅線の
 二三を ひとも もって居ります)
   (あ それは あしたのひるかへしてください)
(何と云ったか君は いま)
   (あっちでもこっちでも
    鳥はしづかに叩いて居ります)