目次へ  縦書き

一四

湧水みずを呑もうとして〕

一九二四、三、二四、

湧水みずを呑まうとして
犬の毛皮の手袋などを泥に落し
あわててぴちゃぴちゃ
きれいなcressの波で洗ったりするものだから
きせるをくわいたり
日光に当ったりしてゐる
小屋葺替への村人たちが嗤ふのだ



(下書稿2)

一四

一九二四、三、二四、

湧水みずを呑まうとして
犬の毛皮の手袋などを泥に落し
あわててぴちゃぴちゃ洗ったりするものだから
きせるをくわいたり
日光に当ったりしてゐる
小屋葺替への村人たちが嗤ふのだ



(下書稿1推敲後)

一四

一九二四、三、二四、

湧水みずを呑まうとして
却って犬の毛皮の手袋などを泥に落し
あわててぴちゃぴちゃ洗ったりするものだから
きせるをくわいたり
日光に当ったりしてゐる
小屋葺き替への、村人たちが嗤ふのだ



(下書稿1推敲前)

一四

一九二四、三、二四、

湧水みずを呑まうとして
犬の毛皮の手袋などを泥に落し
あわててぴちゃぴちゃ洗ったりするものだから
きせるをくわいたり
日光に当ったりしてゐる
工作の人たちが嗤ふのだ
ところがおれは
この春の青いクレッスを
すきとほった水の像といっしょに
大曼陀羅に捧げやう