目次へ  縦書き

一四五

比叡(幻聴)

一九二四、五、二五、

黒い麻のころもを着た
六人のたくましい僧たちと
わたくしは山の平に立ってゐる
  それは比叡で
  みんなの顔は熱してゐる
雲もけはしくせまってくるし
湖水も青く湛えてゐる
  (うぬぼれ うんきのないやつは)
ひとりが所在なささうにどなる

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

一四五

比叡(幻聴)

一九二四、五、二五、

黒い麻のころもを着た
六人のたくましい僧たちと
わたくしは山の平に立ってゐる
  それは比叡で
  みんなの顔はほてってゐる
雲もけはしく山の上までせまってゐるし
野原も青く湛えてゐる
  (うぬぼれ うんきのないやつは)
うぐひすも年老って啼かないので
たうたうひとりが所在なささうに云ふ