目次へ  縦書き

一三三

〔つめたい海の水銀が〕

一九二四、五、二三、

つめたい海の水銀が
無数かゞやく鉄針を
水平線に並行にうかべ
ことにも繁く島の左右に集めれば
島は霞んだ気層の底に
ひとつの硅化花園をつくる
銅緑カパーグリンの色丹松や
緑礬いろのとどまつねずこ
また水際には鮮らな銅で被はれた
巨きな枯れたいたやもあって
風のながれとねむりによって
みんないっしょに酸化されまた還元される

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

一三三

一九二四、五、二三、

海がつめたい水銀で
たくさんの新らしい鉄針を
水平線に並行にうかべ
ことにも繁く左右に集めれば
島は霞んだ気層の底にひとつの珪化花園をつくる
銅緑カパーグリンの色丹松や
緑礬いろのとどまつねずこ
また水際には鮮らな銅で被はれた
巨きな枯れたいたやもあって
風のながれとねむりによって
みんないっしょに酸化されまた還元される



(下書稿2推敲前)

一三三

島祠

一九二四、五、二三、

うす日の底の三稜島は
樹でいっぱいに飾られる
バリスグリンの色丹松や
緑礬いろのとどまつねずこ
また水際には新たな銅で被はれた
巨きな枯れたいたやもあって
風のながれとねむりによって
みなさわやかに酸化されまた還元される
     それは地球の気層の奥の
     ひとつの珪化園である
海はもとより水銀で
たくさんのかゞやかな鉄針は
水平線に平行にうかび
ことにも繁く島の左右に集めれば
鴎の声もなかばは暗む
     そこが島でもなかったとき
     そこが陸でもなかったとき
鱗をつけたやさしい妻と
かってあすこにわたくしは居た



(下書稿1推敲後)

一三三

島祠

一九二四、五、二三、

うす日の底の三稜島は樹でいっぱいに飾られる
海はもとりよ水銀で
たくさんのかがやかな鉄針は
水平線に並んでうかび
ことにも繁く島の左右にあつまれば
鴎の声もなかばは眩む
巴里緑パリスグリンの色丹松や
緑礬いろのとどまつ、ねずこ
また水際には新たな銅で被はれた
巨きな枯れたいたやもあって
風のながれとねむりによって
みなさわやかに酸化されまた還元される



(下書稿1推敲前)

一三三

島祠

一九二四、五、二三、

さまざまの鮮らしい北極の木々が
みなさわやかに息づいて
始原の春の三角島を飾ってゐる
  ……それは地球の気層の底の
    ひとつの珪化園シリカガーデンである……
水はもちろん水銀で
たくさんのかがやかな鉄針は
水平線に並んでうかび
ことにも繁く島のまはりに輻湊すれば
ひとびとの眼もなかば眩んだようになる
  ……風のねむりと鴎の声
    (一行不明)
    (一行不明)
まっ青な色丹松もあるし
水際にあらたな銅で被はれた
巨きな枯れたとどまつもある