目次へ  縦書き

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

地球照ある七日の月が、
海峡の西にかかって、
岬の黒い山々が
雲をかぶってたゞずめば、
そのうら寒い螺鈿の雲も、
またおぞましく呼吸する
そこに喜歌劇オルフィウス風の、
赤い酒精を照明し、
妖蠱奇怪な虹の汁をそゝいで、
春と夏とを交雑し
水と陸との市場をつくる
  ……………………きたわいな
  つじうらはっけがきたわいな
  オダルハコダテガスタルダイト、
  ハコダテネムロインデコライト
  マオカヨコハマ船燈みどり、
  フナカハロモエ汽笛は八時
  うんとそんきのはやわかり、
  かいりくいっしょにわかります
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ、
巨桜の花の梢には、
いちいちに氷質の電燈を盛り、
朱と蒼白のうっこんかうに、
海百合の椀を示せば
釧路地引の親方連は、
まなじり遠く酒を汲み、
魚の歯したワッサーマンは、
狂ほしく灯影を過ぎる
  ……五がつはこだてこうえんち、
    えんだんまちびとねがひごと、
    うみはうちそと日本うみ、
    りゃうばのあたりもわかります……
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼、
セミサンにもつれる笛や、
繰りかへす螺のスケルツォ
あはれマドロス田谷力三は、
ひとりセビラの床屋を唱ひ、
高田正夫はその一党と、
紙の服着てタンゴを踊る
このとき海ガスはふたたび襲ひ
はじめは翔ける火蛋白石や
やがては丘と広場をつゝみ
月長石の映えする雨に
孤光わびしい陶磁とかはり、
白のテントもつめたくぬれて、
紅蟹まどふバナナの森を、
辛くつぶやくクラリネット

風はバビロン柳をはらひ、
またときめかす花梅のかほり、
青いえりしたフランス兵は
桜の枝をさゝげてわらひ
船渠会社の観桜団が
瓶をかざして広場を穫れば
汽笛はふるひ犬吠えて
地照かぐろい七日の月は
日本海の雲にかくれる

(本文=下書稿4推敲後)



(下書稿4推敲前)

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

地球照ある七日の月が、海峡の西にかかって、岬の黒い山々が 雲をかぶってたゞずめば、そのうら寒い螺鈿の雲も、またおぞまし く呼吸する
そこに喜歌劇オルフィウス風の、赤い酒精を照明し、妖蠱奇怪な虹 の汁をそゝいで、
水と陸とを重唱せしめ、春と夏とを交雑する 妖蠱綺奕の丘草群
  きたきたきたきたきたわいな
  つじうらはっけがきたわいな
  うんとそんきのはやわかり、
  かいりくいっしょにわかります
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ、巨桜の花の梢には、
いちいちに氷質の電燈を盛り、朱と蒼白のうっこんかうに、海百合 の椀を示せば
釧路地引の親方連は、まなじり遠く酒を汲み、魚の歯したワッサー マンは、
狂ほしく灯影を過ぎる
  五がつはこだてこうえんち、えんだんまちびとねがひごと、
  うみはそとうみ日本うみ、りゃうばのあたりもわかります
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼、セミサンにもつれる笛や、繰りか へす螺のスケルツォ
あはれマドロス田谷力三は、海の安藤文子と唱ひ、
高田正夫は烏と黒い、紙の服着て典雅に踊る
青いえりしたフランス兵は、桜の枝をさゝげてわらひ、船渠会社の 観桜団が
瓶をかざして広場を穫れば、ふたゝび襲ふ海霧のおぼろ、
孤光わびしい陶磁とかはり、白のテントもつめたくぬれて、
巨蟹もとほるバナナの森に、ひとりつぶやくクラリオネット

風はバビロン柳をはらひ、またときめかす花梅のかほり、
ガスのちぎれの火蛋白石ファイヤオーパルと 青い螺 鈿はそらにうかんで
残りのかぐろい七日の月は、いま海峡の雲にかくれる



(下書稿3推敲後)

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

地球照ある七日の月が
海峡の西にかかって
岬の黒い山山が
そのうら寒い螺鈿の雲も
またおぞましく呼吸する
そこに喜歌劇「オルフィウス」風の
赤い酒精を照明し
奇怪な虹の汁をそゝいで
水と陸とを唱和させ
春と夏とを交雑する
凜烈妖治を交雑する
  キタキタキタキタ キタイワナ
  ハコダテツヅウラ キタイワナ
  ウンキニソンキノ ハヤワカリ
  カイリクイッショニ ワカリマス
  エンダンマチビト ネガヒゴト
  五ガツハマルヤマコウエンチ
  ソハウミ ウチウミ 日本ウミ
  リャウバのアタリモ ワカリマス
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ
巨桜の花の梢には
いちいちに氷玲の電燈を盛り
朱と蒼白のうっこんかうに
海百合の椀を示せば
釧路地網の親方連は
まなじり遠く黄の酒を汲み
魚の歯したワッサーマンは
原と海との雑交場裡
肩狂ほしく灯影を過ぎる
  ハコダテブロンヅネムロユキ
  アヲモリハイエンミナトツキ
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼
セミサンにもつれる笛や
繰りかへす螺のスケルツォ
青いえりした水兵たちが
桜の枝をささげてわらひ
船渠会社の観桜団が
瓶をかざして広場を穫れば
風はバビロン柳をはらひ
またときめかす花梅のかほり
あゝ緑のいたやの萌えに
なほ凛冽の冬を軋らせ
ふたたび襲ふ海霧のおぼろ
弧光さびしく真珠をかゝげ
巨蟹と青いバナナの森に
ひとりつぶやくクラリオネット
白のテントもつめたくぬれて
紅蟹、青のバナナにまじり
魚はいたやの梢をよぎる
  ……春と夏とのデュイエット
    水と陸との雑婚市……
瓦斯の灯影とはるかにながれ
暗い螺鈿はそらにうかんで
残りの黒い七日の月が
いま海峡の雲にかくれる



(下書稿3推敲前)

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

残りはくらい七日の月が
海峡の西にかかって
岬の黒い山山が
うら寒い雲をかぶれば
その雲もまたおぞましく呼吸する
そこに喜歌劇「オルフィウス」風の
奇怪な虹の汁がそそがれ
その淫蕩な赤い酒精にとかされながら
ほのびかりする霧雨や
うかび立つ花樹の幾むら
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ
巨桜の花の梢には
いちいちに氷質の電燈を盛り
朱と蒼白のうっこんかうに
海百合の椀を示せば
釧路地網の親方連は
まなじり遠く葡萄酒を汲み
魚の歯したワッサーマンは
狂ほしく灯影を過ぎる
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼
セミサンにもつれる笛や
繰りかへす螺のスケルツォ
青いえりした水兵たちが
桜の枝をささげてわらひ
船渠会社の観桜団が
瓶をかざして広場を穫れば
ふたゝび襲ふ海霧のおぼろ
白のテントもつめたくぬれて
紅蟹、青のバナナにまじり
魚が弧光の梢をよぎる
  ネムロムロランインディゴライト
風はバビロン柳をはらひ
またときめかす花梅のかほり
  春と夏とのデュイエット
  水と陸との四重婚
二たびさらに展望すれば
さくらは水と淡く咲き
瓦斯燈影とはるかにながれ
青い螺鈿はそらにうかんで
残りの黒い七日の月が
いま海峡の雲にかくれる



(下書稿2推敲後)

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

残りはくらい七日の月が
海峡の西にかかって
まっ黒な臥牛の山に
湧きあがるひとむらのガス
……岬の黒い山山が
うら寒い雲をかぶれば
おぞましく呼吸するころ
そこに喜歌劇「オロフォイス」風の
奇怪な虹の汁がそそがれ
その淫蕩な赤い酒精にとかされながら
きれぎれそゝぐ霧雨や うかび立つ花樹の幾むら
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ
桜の花の梢には
いちいちに氷質の電燈を盛り
蒼白エンクリスタスのうっこんかうに
海百合の椀を示せば
釧路漁網の親方連は
まなじり遠く黄の酒を汲み
魚の歯したワッサーマンは
狂ほしく 灯影を過ぎる
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼
セミサンにもつれる笛や
繰りかへす螺のスケルツォ
青いえりした水兵たちが
桜の枝をささげてわらひ
船渠会社の職工団が
日高曠野の観光団が
草の広場を獲得すれば
ふたゝび襲ふ海霧のおぼろ
錫の粉噴く弧光の塔
ハローを装ふ瓦斯燈の列
白のテントもつめたくぬれて
紅蟹青のバナナにまじり
風はバビラン柳をはらひ
またときめかす花梅のかほり
二たびさらに展望すれば
さくらは水のやうに咲き
瓦斯燈はながれ
青い螺鈿はそらにうかんで
汽笛は遠く告別を吼え
残りは黒い五日の月が
   海峡の雲にかくれる



(下書稿2推敲前)

一一八

函館港春夜真景

一九二四、五、一九、

岬の海坊主列
うら寒い雲をかぶれば
その雲もまたおぞましく呼吸する
そこに喜歌劇「オロフォイス」風の
奇怪な虹の汁がそそがれ
その淫蕩な赤い酒精にとかされながら
底びかりする霧雨やうかび立つ花樹の幾むら
  ……春と夏とのデュイエット
    水と陸との四重婚……
海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ
桜の花の梢には
いちいちに氷質の電燈を盛り
蒼白エンクリスタスのうっこんかうに
海百合の椀を示せば
釧路漁網の親方連は
まなじり遠く黄の酒を汲み
船渠会社の職工団は
おのおの黒の瓶をかざして
草の広場を獲得すれば
夜ぞらにふるふビオロンと銅鑼
セミサンにもつれる笛や
繰りかへす螺のスケルツォ
青いえりした水兵たちは
桜の枝をささげてわらひ
魚の歯したワッサーマンは
狂ほしく 灯影を過ぎる
風はバビラン柳をはらひ
またときめかす花梅のかほり
火照りに赤く翔け行く雲は
さらに桜の氷燈を盛り
青い螺鈿を泛べるそらは
さやかに萌えるいたやを映す
     オダル ブロンヅ カスタルダイト
     クシロ ハナサカ クロソベリール
     ネムロ ムロラン インディゴライト
     マオカ ハイエン ニコライフスク


汽笛は遠く告別を吼え
火花は青く雲まにあがる
さらば五月の妖園と影
水と陸との雑交市場



二たびさらに俯瞰すれば
さくらは水のやうに咲き
瓦斯燈はながれ
青い螺鈿はそらにうかんで
もう眺望のまなこもいたみ
はるかなまっくろな海にのがれる



(下書稿1)

一一八

函館港春夜光景

一九二四、五、一九、

海ぞこのマクロフィスティス群にもまがふ
桜の花の梢には
いちいちに氷質の電燈を盛りまた
黒曜玻璃の夜の空に
奇怪な虹の汁がそゝげば
その淫蕩な赤い酒精にとかされながら
底びかりする霧雨や
冴え冴え鳴らす黄金の噴泉
うっこんかうの花杯の列は
また海百合の椀もまじえ
瓦斯の灯に照るバナナの森は
巨きな紅の蟹も這はせる