目次へ  縦書き

一一六

津軽海峡

一九二四、五、一九、

南には黒い層積雲の棚ができて
二つの古びた緑青いろの半島が
こもごもひるの疲れを払ふ
   ……しばしば海霧を析出する
     二つの潮の交会点……
波は潜まりやきらびやかな点々や
反覆される異種の角度の正反射
あるひは葱緑と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブルウ
水がその七いろの衣裳をかへて
朋に誇ってゐるときに
   ……かしまびやしく澄明な
     東方風の結婚式……
船はけむりを南にながし
水脉は凄美な砒素鏡になる

早くも北の陽ざしの中に
蝦夷の陸地の起伏をふくみ
また雨雲の渦巻く黒い尾をのぞむ

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

一一六

津軽海峡

一九二四、五、一九、

南には黒い層積雲の棚ができて
二つの古びた緑青いろの半島が
ひるの疲れをこもごも湛えまた払い
   ……しばしば海霧を析出する
     二つの潮の交会点……
波は潜まりやきらびやかな点々や
反覆される異種の角度の正反射
  ……その面映ゆこい正反射……
あるひは葱緑と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブリュー
水がその七いろの衣裳をかへて
互に誇ってゐるときに
けむりはながれ
水脉はさびしい砒素鏡になる
   ……喧びやしく澄明な
     東方風の結婚式……
船はけむりをしりへにながし
水脉はさびしい砒素鏡になる

船は陸地の起伏をふくみ
また雨雲ニムブスの渦巻く黒い尾をのぞむ



(下書稿2推敲前)

一一六

修学旅行

一九二四、五、一九、

東には黒い層積雲の棚ができて
古びた緑青いろの半島が
ひるの疲れを湛えてゐる
その突端と青い島とのさけめから
ひとつの漁船がまばゆく尖って現はれる
   ……そのとき飢えたこどもらは
     植民小屋の入口の雪から
     知らない鳥の足跡をたべた……
波は潜まりやきらびやかな点々や
反覆される瑞西牧笛コーラングレーの水平や
  ……その面映ゆこい正反射……
あるひは葱緑と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブリュー
水がその七いろの衣裳をかへて
わたくしに誇ってゐるときに
   ……かしまびやしく澄明な東方風の結婚式……
けむりはながれ
水脉はさびしい砒素鏡になる
わたくしは南の一つの山彙を見
また雨雲ニムブスの渦巻く黒い尾をのぞむ



(下書稿1推敲後)

一一六

水の結婚

一九二四、五、一九、

東には黒い層積雲の棚ができて
古びた緑青いろの半島が
ひるの寂寞をたたえてゐる
その突端と青い島とのさけめから
ひとつの漁船がまばゆく尖って現はれる

波は潜まりやきらびやかな点々や
反覆される瑞西牧笛コーラングレーの水平や
  その面映ゆいいくたびの正反射
あるひは海蒼と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブリュー
水がその七いろの衣裳をかへて
   ……東方風のあかるく喧澄な結婚式……
わたくしに誇ってゐるときに
けむりはながれ
水脉はさびしい砒素鏡になる

わたくしは南の一つの山彙を見
また雨雲ニムブスの渦巻く黒い尾をのぞむ



(下書稿1推敲前)

一一六

水の結婚

一九二四、五、一九、

東には黒い乱積雲の椀ができて
古びた緑青いろの半島が
ひるの寂寞をたたえてゐる
その突端と青い島とのさけめから
ひとつの漁船がまばゆく尖って現はれる
波は潜まりやきらびやかな点々や
反覆される四部輪唱の水平や
  ……面映ゆい数々の正反射……
あるひは海蒼と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブリュー
水がその七いろの衣裳をかへて
ひとびとに誇ってゐるときに
   ……東方風のあかるく喧澄な結婚式……
けむりはながれ
水脉はさびしい砒素鏡になる

わたくしは南の一つの天の氷河を見
また竜巻の渦巻く黒い尾をのぞむ