目次へ  縦書き

一〇六

〔日はトパーズのかけらをそゝぎ〕

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
    (おまへはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     沼の面にはひとりのアイヌものぞいてゐる)
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風にこごった枝をゆすぶれば
ほのかに白い昼の蛾は
そのたよりない気岸の線を
さびしくぐらぐら漂流する
    (水は水銀で
     風はかむばしいかほりを持ってくると
     さういふ型の考へ方も
     やっぱり鬼神の範疇である)
アイヌはいつか向ふへうつり
蛾はいま岸の水ばせうの芽をわたってゐる

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

一〇六

石塚

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
    (おまへはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     沼の面にはひとりの薬叉ヤクシャものぞいてゐる)
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風にこごった枝をゆすぶれば
ほのかに白い昼の蛾は
そのたよりない気岸の線を
さびしくぐらぐら漂流する
    (水は水銀で
     風はかむばしいかほりを持ってくると
     さういふ風の考へ方も
     やっぱり鬼神の範疇である)
薬叉はいつか向ふへうつり
蛾はいま岸の水ばせうの芽をわたってゐる



(下書稿2推敲前)

一〇六

石塚

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
    (おまへはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     鏡の面にはひとりのアイヌものぞいてゐる)
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風にこごった枝をゆすぶれば
ほのかに白い昼の蛾は
そのたよりない気岸の線を
さびしくぐらぐら漂流する
    (水は水銀で
     風はかむばしいかほりを持ってくると
     さういふ風の考へ方も
     (三字不明)やはり(以下不明)
アイヌはいつか向ふへうつり
蛾はいま岸の水ばせうの芽をわたってゐる



(下書稿1推敲後2)

一〇六

石塚

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
    (おまへはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     鏡の面にはひとりのアイヌものぞいてゐる)
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風にこゞりの枝をゆすぶれば
一ひら白い昼の蛾は
そのたよりない気岸の線を
さびしくぐらぐら漂流する
    (沼は水銀で
     風はかむばしいかほりを持ってくると
     かういふ風の考へ方も
     結局悪魔規範のなかに属する)
アイヌは赤いいもりをつかみ
蛾はいま岸の水ばせうの芽をわたってゐる



(下書稿1推敲後1)

一〇六

石塚

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
    (わたくしはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     鏡の面にはひとりの鬼神ものぞいてゐる
                第一九頁)
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風に奇矯な枝をそよばせてゐる
その狂ほしい塊りや房の造形は
表面立地や樹の変質によるけれども
まこそこに棲む古い鬼神の気癖を禀けて
三つ並んだ樹陰の赤い石塚と共に
いまわれわれの所感をそれた
     古い宙宇の投影である

おほよそこのやうに巨大で黒緑な
そんな昔の樹神の址を考へるなら
わたくしは花巻一方里のあひだに
その七箇所を数へ得る



(下書稿1推敲前)

一〇六

石塚

一九二四、五、一八、

日はトパーズのかけらをそゝぎ
雲は酸敗してつめたくこごえ
ひばりの群はそらいちめんに浮沈する
一本の緑天蚕絨の杉の古木が
南の風に奇矯な枝をそよばせてゐる
その狂ほしい塊りや房の造形は
表面立地や樹の変質によるけれども
まこそこに棲む古い鬼神の気癖を禀けて
三つ並んだ樹陰の赤い石塚と共に
いまわれわれの所感をそれた
     古い宙宇の投影である

    (わたくしはなぜ立ってゐるか
     立ってゐてはいけない
     鏡の面にひとりの鬼神ものぞいてゐる
                第一九頁)
おほよそこのやうに巨大で黒緑な
そんな樹神の集りを考へるなら
わたくしは花巻一方里のあひだに
その七箇所を数へ得る