目次へ  縦書き

白い鳥

 《みんなサラーブレツドだ
  あゝいふ馬 誰行つても押へるにいがべが》
 《よつぽどなれたひとでないと》
古風なくらかけやまのした
おきなぐさの冠毛がそよぎ
鮮かな青い樺の木のしたに
何匹かあつまる茶いろの馬
じつにすてきに光つてゐる
   (日本絵巻のそらの群青や
    天末のturquoisタコイスはめづらしくないが
    あんな大きな心相の
    光のくわんは風景の中にすくなくない)
二疋の大きな白い鳥が
鋭く悲しく啼きかはしながら
しめつた朝の日光を飛んでゐる
それはわたくしのいもうとだ
死んだわたくしのいもうとだ
兄が来たのであんなにかなしく啼いてゐる
  (それは一応はまちがひだけれども
   まつたくまちがひとは言はれない)
あんなにかなしく啼きながら
朝のひかりをとんでゐる
  (あさの日光ではなくて
   熟してつかれたひるすぎらしい)
けれどもそれは夜どほしあるいてきたための
vagueバーグな銀の錯覚なので
   ちやんと今朝あのひしげて融けたキンの液体が
   青い夢の北上山地からのぼつたのをわたくしは見た
どうしてそれらの鳥は二羽
そんなにかなしくきこえるか
それはじぶんにすくふちからをうしなつたとき
わたくしのいもうとをもうしなつた
そのかなしみによるのだが
   (ゆふべは柏ばやあしの月あかりのなか
    けさはすずらんの花のむらがりのなかで
    なんべんわたくしはその名を呼び
    またたれともわからない声が
    人のない野原のはてからこたへてきて
    わたくしを嘲笑したことか)
そのかなしみによるのだが
まだほんたうにあの声もかなしいのだ
いま鳥は二羽、かゞやいて白くひるがへり
むかふの湿地、青い芦のなかに降りる
降りやうとしてまたのぼる
  (日本武尊の新らしい御陵の前に
   おきさきたちがうちふして嘆き
   そこからたまたま千鳥が飛べば
   それを尊のみたまとおもひ
   芦に足をも傷つけながら
   海辺をしたつて行かれたのだ)
清原がわらつて立つてゐる
 (日に灼けて光つてゐるほんたうの農村のこども
  その菩薩ふうのあたまのかたちはガンダーラから来た
水が光る きれいな銀の水だ
《さああすこに水があるよ
 口をすゝいでさつぱりしてから往かう
 こんなきれいな野はらだから》