目次へ  縦書き

なぜ吠えるのだ、二疋とも
吠えてこつちへかけてくる
 (夜明けのひのきは心象のそら)
頭を下げることは犬の常套じやうたう
尾をふることはこわくない
それだのに
なぜさう本気に吠えるのだ
その薄明はくめいの二疋の犬
一ぴきは灰色錫
一ぴきの尾は茶の草穂
うしろへまはつてうなつてゐる
わたくしの歩きかたは不正でない
それは犬の中の狼のキメラがこわいのと
もひとつはさしつかえないため
犬は薄明に溶解する
うなりの尖端にはエレキもある
いつもあるくのになぜ吠えるのだ
ちやんと顔を見せてやれ
ちやんと顔を見せてやれと
誰かとならんであるきながら
犬が吠えたときに云ひたい
帽子があんまり大きくて
おまけに下を向いてあるいてきたので
吠え出したのだ