目次へ  縦書き

東岩手火山

 月は水銀、後夜ごや喪主もしゆ
 火山れきよる沈殿ちんでん
 火口のおほきなえぐりを見ては
 たれもみんな愕くはづだ
  (風としづけさ)
 いま漂着ひやうちやくする薬師外輪山ぐわいりんざん
 頂上の石標もある
  (月光は水銀 月光は水銀)
《こんなことはじつにまれです
向ふの黒い山……つて それですか
それはここのつづきです
ここのつづきの外輪山です
あすこのてつぺんが絶頂です
向ふの?
向ふのは御室火口です
これから外輪山をめぐるのですけれども
いまはまだなんにも見えませんから
もすこし明るくなつてからにしませう
えゝ 太陽が出なくても
あかるくなつて
西岩手火山のはうの火口湖やなにか
見えるやうにさへなればいいんです
お日さまはあすこらへんで拝みます》
 黒い絶頂の右肩と
 そのときのまつ赤な太陽
 わたくしは見てゐる
 あんまり真赤な幻想の太陽だ
《いまなん時です
三時四十分?
ちやうど一時間
いや四十分ありますから
寒いひとは提灯でも持つて
この岩のかげに居てください》
 ああ、暗い雲の海だ
《向ふの黒いのはたしかに早池峰です
線になつて浮きあがつてるのは北上山地です
 うしろ?
 あれですか
あれは雲です 柔らかさうですね
雲が駒ケ嶽に被さつたのです
水蒸気を含んだ風が
駒ケ嶽にぶつつかつて
上にあがり
あんなに雲になつたのです。
鳥海山ちやうかいさんは見えないやうです、
けれども
夜が明けたら見えるかもしれませんよ》
  (柔らかな雲の波だ
   あんな大きなうねりなら
   月光会社の五千噸の汽船も
   動揺を感じはしないだらう
   その質は
   蛋白石 glass-wool
   あるひは水酸化礬土の沈殿)
《じつさいこんなことは稀なのです
わたくしはもう十何べんも来てゐますが
こんなにしづかで
そして暖かなことはなかつたのです
麓の谷の底よりも
さつきの九合の小屋よりも
却つて暖かなくらゐです
今夜のやうなしづかな晩は
つめたい空気は下へ沈んで
霜さへ降らせ
暖い空気は
上に浮かんで来るのです
これが気温の逆転です》
 御室火口のりあがりは
 月のあかりに照らされてゐるのか
 それともおれたちの提灯のあかりか
 提灯だといふのは勿体ない
 ひわいろで暗い
《それではもう四十分ばかり
寄り合つて待つておいでなさい
さうさう 北はこつちです
北斗七星は
いま山の下の方に落ちてゐますが
北斗星はあれです
それは小熊座といふ
あの七つの中なのです
それから向ふに
縦に三つならんだ星が見えませう
下には斜めに房が下がつたやうになり
右と左には
赤と青と大きな星がありませう
あれはオリオンです オライオンです
あの房の下のあたりに
星雲があるといふのです
いま見えません
その下のは大犬のアルファ
冬の晩いちばん光つて目立めだつつやつです
夏の蠍とうら表です
さあみなさん ご勝手におあるきなさい
向ふの白いのですか
雲ぢやありません
けれども行つてごらんなさい
まだ一時間もありますから
私もスケツチをとります》
 はてな わたくしの帳面の
 書いた分がたつた三枚になつてゐる
 事によると月光のいたづらだ
 藤原が提灯を見せてゐる
 ああ頁が折れ込んだのだ
 さあでは私はひとり行かう
 外輪山の自然な美しい歩道の上を
 月の半分は赤銅しやくどう 地球照アースシヤイン
《お月さまには黒い處もある》
 《後どう又兵衛いつつも拝んだづなす》
  私のひとりごとの反響に
  小田島治衛はるゑが云つてゐる
《山中鹿之助だらう》
  もうかまはない 歩いていゝ
   どっちにしてもそれはいことだ
二十五日の月のあかりに照らされて
薬師火口の外輪山をあるくとき
わたくしは地球の華族である
蛋白石の雲は遥にたゝえ
オリオン 金牛 もろもろの星座
澄み切り澄みわたつて
瞬きさへもすくなく
わたくしの額の上にかがやき
 さうだ オリオンの右肩から
 ほんたうに鋼青の壮麗が
 ふるえて私にやつて来る

三つの提灯は夢の火口原の
白いとこまで降りてゐる
《雪ですか、雪ぢゃないでせう》
困つたやうに返事してゐるのは
雪でなく 仙人草のくさむらなのだ
さうでなければ高陵土カオリンゲル
残りの一つの提灯は
一升のところに停つてゐる
それはきつと河村慶助が
外套の袖にぼんやり手を引つ込めてゐる
御室おむろの方の火口へでもお入りなさい
噴火口へでも入つてごらんなさい
硫黄のつぶは拾えないでせうが》
斯んなによく声がとゞくのは
メガホーンもしかけてあるのだ
しばらく躊躇してゐるやうだ
 《先生 中さはいつてもいがべすか》
《えゝ おはいりなさい 大丈夫です》
提灯が三つ沈んでしまふ
そのでこぼこのまつ黒の線
すこしのかなしさ
けれどもこれはいつたいなんといふいゝことだ
大きな帽子をかぶり
ちぎれた朱子のマントを着て
薬師火口の外輪山の
しづかな月明を行くといふのは
 
この石標は
下向の道と書いてあるにさういない
火口のなかから提灯が出て来た
宮沢の声もきこえる
雲の海のはてはだんだん平らになる
それは一つの雲平線うんぴやうせんをつくるのだ
雲平線をつくるのだといふのは
月のひかりのひだりから
みぎへすばやく擦過した
一つの夜の幻覚だ
いま火口原の中に
一点しろくひかるもの
わたくしを呼んでゐる呼んでゐるのか
私は気圏オペラの役者です
鉛筆のさやは光り
速かに指の黒い影はうごき
唇を円くして立つてゐる私は
たしかに気圏オペラの役者です
また月光と火山塊のかげ
向ふの黒い巨きな壁は
熔岩か集塊岩 力強い肩だ
とにかく夜があけてお鉢廻りのときは
あすこからこつちへ出て来るのだ
なまぬるい風だ
これが気温の逆転だ
  (つかれてゐるな、
   わたしはやつぱり睡いのだ)
火山弾には黒い影
その妙好みやうこうの火口丘には
幾条かの軌道のあと
鳥の声!
鳥の声!
海抜六千八百尺の
月明をかける鳥の声、
鳥はいよいよしつかりとなき
私はゆつくりと踏み
月はいま二つに見える
やつぱり疲れからの乱視なのだ
 
かすかに光る火山塊の一つの面
オリオンは幻怪げんくわい
月のまはりは熟した瑪瑙と葡萄
あくびと月光の動転どうてん
    (あんまりはねあるぐなぢやい
     うなひとりだらいがべあ
     子供達わらしやども連れてでて目にあへば
     うなひとりであすまないんだぢやい)
火口丘くわこうきうの上には天の川の小さな爆発
みんなのデカンシヨの声も聞える
月のその銀の角のはじが
潰れてすこし円くなる
天の海とオーパルの雲
あたたかい空気は
ふつとよりになつて飛ばされて来る
きつと屈折率も低く
濃い蔗糖溶液しよたうやうえき
また水を加へたやうなのだらう
東は淀み
提灯ちやうちんはもとの火口の上に立つ
また口笛を吹いてゐる
わたくしも戻る
わたくしの影を見たのか提灯も戻る
  (その影は鐵いろの背景の
   ひとりの修羅に見える筈だ)
さう考へたのは間違ひらしい
とにかくあくびと影ばうし
空のあの辺の星は微かな散点
すなはち空の模様がちがつてゐる
そして今度は月がちぢまる。