目次へ  縦書き

雲の信号

あゝいゝな、せいせいするな
風が吹くし
農具はぴかぴか光つてゐるし
山はぼんやり
岩頚がんけいだつて岩鐘がんしゃうだつて
みんな時間のないころのゆめをみてゐるのだ
  そのとき雲の信号は
  もう青白い春の
  禁欲のそら高くかゝげられてゐた
山はぼんやり
きつと四本杉には
今夜は雁もおりてくる