目次へ  縦書き

火薬と紙幣

萱の穂は赤くならび
雲はカシュガル産の苹果の果肉よりもつめたい
鳥は一ぺんに飛びあがって
ラッグの音譜をばら撒きだ
   古枕木を灼いてこさえた
   黒い保線小屋の秋の中では
   四面体聚形しゅうけいの一人の工夫が
   米國風のブリキの罐で
   たしかメリケン粉をねてゐる
鳥はまた一つまみ、空からばら撒かれ
一ぺんつめたい雲の下で展開し
こんどは巧に引力の法則をつかって
遠いギリヤークの電線にあつまる
   赤い碍子のうへにゐる
   そのきのどくなすゞめども
   口笛を吹きまた新らしい濃い空気を吸へば
   たれでもみんなきのどくになる
森はどれも群青に泣いているし
松林なら地被もところどころ剥げて
酸性土壌ももう十月になったのだ
   私の着物もすっかりthread-bare
   その陰影のなかから
   逞しい向ふの土方がくしゃみをする
氷河が海にはいるやうに
白い雲のたくさんの流れは
枯れた野原に注いでゐる
  だからわたくしのふだん決して見ない
  小さな三角の前山なども
  はっきり白く浮いてでる
栗の梢のモザイックと
鐡葉ぶりき細工ざいくのやなぎの葉
水のそばでは堅い黄いろなまるめろが
枝も裂けるまで實ってゐる
   (こんどばら撒いてしまったら……
    ふん、ちゃうど四十雀のやうに)
雲が縮れてぎらぎら光るとき
大きな帽子をかぶって
野原をおほびらにあるけたら
おれはそのほかにもうなんにもいらない
火薬も燐も大きな紙幣もほしくない