目次へ  縦書き

沈んだ月夜の楊の木の梢に
二つの星が逆さまにかかる
  (すばるがそらでさう云ってゐる)
オリオンの幻怪と青い電燈
また農婦のよろこびの
たくましも赤い頬
風は吹く吹く、松は一本立ち
山を下る電車の奔り
もし車の外に立ったらはねとばされる
山へ行って木をきったものは
どうしても歸るときは肩身がせまい
  (ああもろもろの徳は善逝スガタから来て
   そしてスガタにいたるのです)
腕を組み暗い貨物電車の壁による少年よ
この籠で今朝鶏を持って行ったのに
それが賣れてこんどは持って戻らないのか
そのまっ青な夜のそば畑のうつくしさ
電燈に照らされたそばの畑を見たことがありますか
市民諸君よ
おおきやうだい、これはおまへの感情だな
市民諸君よなんてふざけたものの云ひやうをするな
東京はいま生きるか死ぬかの堺なのだ
見たまへこの電車だって
軌道から青い火花をあげ
もう蝎かドラコかもわからず
一心に走ってゐるのだ
  (豆ばたけのその喪神さうしんのあざやかさ)
どうしてもこの貨物車の壁はあぶない
わたくしが壁といっしょにここらあたりで
投げだされて死ぬことはあり得過ぎる
金をもってゐるひとは金があてにならない
からだの丈夫なひとはごろっとやられる
あたまのいいものはあたまが弱い
あてにするものはみんなあてにならない
たゞもろもろの徳ばかりこの巨きな旅の資糧で
そしてそれらもろもろ徳性は
善逝スガタから来て善逝スガタに至る