目次へ  縦書き

風景とオルゴール

爽かなくだもののにほひに充ち
つめたくされた銀製の薄明穹はくめいきう
雲がどんどんかけてゐる
黒曜こくやうひのきやサイプレスの中を
一疋の馬がゆっくりやってくる
ひとりの農夫が乗ってゐる
もちろん農夫はからだ半分ぐらゐ
だちやそこらの銀のアトムに溶け
またじぶんでも溶けてもいいとおもひながら
あたまの大きな曖昧な馬といっしょにゆっくりくる
首を垂れておとなしくがさがさした南部馬
黒く巨きな松倉山のこっちに
一點のダァリア複合体
その電燈の企畫プランなら
じつに九月の寳石である
その電燈の献策者に
わたくしは青い蕃茄トマトを贈る
どんなにこれらのぬれたみちや
クレオソートを塗ったばかりのらんかんや
電線も二本にせものの虚無きょむのなかから光ってゐるし
風景が深く透明にされたかわからない
下では水がごうごう流れて行き
薄明穹の爽かな銀と苹果とを
黒白鳥のむな毛の塊が奔り
  《ああ お月さまが出てゐます》
ほんたうに鋭い秋の粉や
玻璃末はりまつの雲の稜に磨かれて
紫磨しま銀彩ぎんさいに尖って光る六日の月
橋のらんかんには雨粒がまだいっぱいついてゐる
なんといふこのなつかしさの湧あがり
水はおとなしい膠朧体だし
わたくしはこんな過透明くわとうめいな景色のなかに
松倉山や五間森ごけんもり荒っぽい石英安山デサイト岩の岩頸から
放たれた剽悍な刺客に
暗殺されてもいいのです
  (たしかにわたくしがその木をきったのだから)
  (杉のいただきは黒くそらの椀を刺し)
風が口笛をはんぶんちぎって持ってくれば
  (気の毒な二重感覺の機關)
わたくしは古い印度の青草をみる
崖にぶつかるそのへんの水は
葱のやうに横にれてゐる
そんなに風はうまく吹き
半月の表面はきれいに吹きはらはれた
だからわたくしの洋傘は
しばらくばたばた言ってから
ぬれた橋板に倒れたのだ
松倉山松倉山尖ってまっ暗な悪魔蒼鉛の空に立ち
電燈はよほど熟してゐる
風がもうこれっきり吹けば
まさしく吹いて来るカルパのはじめの風
ひときれそらにうかぶ暁のモティーフ
電線と恐ろしい玉髄キャルセドニの雲のきれ
そこから見當のつかない大きな青い星がうかぶ
   (何べんの戀の償ひだ)
そんな恐ろしいがまいろの雲と
わたくしの上着はひるがへり
   (オルゴールをかけろかけろ)
月はいきなり二つになり
盲ひた黒い暈をつくって光面を過ぎる雲の一群
   (しづまれしづまれ五間森
    木をきられてもしづまるのだ)