目次へ  縦書き

宗教風の戀

がさがさした稲もやさしい油緑ゆりょくに熟し
西ならあんな暗い立派な霧でいっぱい
草穂はいちめん風で波立ってゐるのに
可哀さうなおまへの弱いあたまは
くらくらするまで青く乱れ
いまに太田武か誰かのやうに
眼のふちもぐちゃぐちゃになってしまふ
ほんたうにそんな偏って尖った心の動きかたのくせ
なぜこんなにすきとほってきれいな気層のなかから
燃えて暗いなやましいものをつかまへるか
信仰でしか得られないものを
なぜ人間の中でしっかり捕へやうとするか
風はどうどう空で鳴ってるし
東京の避難者たちは半分脳膜炎になって
いまでもまいにち遁げて来るのに
どうしておまへはそんな醫される筈のないかなしみを
わざとあかるいそらからとるか
いまはもうさうしてゐるときでない
けれども悪いとかいゝとか云ふのではない
あんまりおまへがひどからうとおもふので
みかねてわたしはいってゐるのだ
さあなみだをふいてきちんとたて
もうそんな宗教風の戀をしてはいけない
そこはちゃうど両方の空間が二重になってゐるとこで
おれたちのやうな初心のものに
居られる塲處では決してない