目次へ  縦書き

雲とはんのき

雲とはんのき

雲は羊毛とちぢれ
黒緑赤楊はんのモザイック
またなかぞらには氷片の雲がうかび
すすきはきらっと光って過ぎる
  《北ぞらのちぢれ羊から
   おれの崇敬は照り返され
   天の海と窓の日おほひ
   おれの崇敬は照り返され》
沼はきれいに鉋をかけられ
朧ろな秋の水ゾルと
つめたくぬるぬるしたじゅん菜とから組成され
ゆふべ一晩の雨でできた
陶庵だか東庵だかの蒔繪の
精製された水銀の川です
アマルガムにさへならなかったら
銀の水車でもまはしていい
無細工な銀の水車でもまはしていい
   (赤紙をはられた火藥車だ
    あたまの奥ではもうまっ白に爆發してゐる)
無細工の銀の水車でもまはすがいい
カフカズ風に帽子を折ってかぶるもの
感官のさびしい盈虚のなかで
貨物車輪の裏の秋の明るさ
  (ひのきのひらめく六月に
   おまへが刻んだその線は
   やがてどんな重荷になって
   おまへに男らしい償ひを強ひるかわからない)
 手宮文字です 手宮文字です
こんなにそらがくもって来て
山も大へん光って青くくらくなり
豆畑だってほんたうにかなしいのに
わづかにその山稜と雲との間には
あやしい光の微塵にみちた
幻惑の天がのぞき
またそのなかにはかがやきまばゆい積雲の一列が
こころも遠くならんでゐる
これら葬送行進曲の層雲の底
鳥もわたらない清澄せいたうな空間を
わたくしはたったひとり
つぎからつぎと冷たいあやしい幻想を抱きながら
一挺のかなづちを持って
南の方へ石灰岩のいい層を
さがしに行かなければなりません