目次へ  縦書き

不貪欲戒

油紙を着てぬれた馬に乗り
つめたい風景のなか、暗い森のかげや
ゆるやかな環状削剥くわんじゃうせうはくの丘、赤い萱の穂のあひだを
ゆっくりあるくといふこともいゝし
黒い多面角の洋傘かうもりがさをひろげ
すな糖を買ひに町へ出ることも
ごく新鮮な企畫である
   (ちらけろちらけろ 四十雀)
    オリザサチバといふ植物の人工群落が
タアナアさへもほしがりさうな
上等のさらどの色になってゐることは
慈雲尊者じうんそんじゃにしたがへば
不貪欲戒ふどんよくかいのすがたです
   (ちらけろちらけろ 四十雀しじふから
    そのときの高等遊民は
    いましっかりした執政官だ)
ことことと寂しさを噴く暗い山に
防火線のひらめく灰いろなども
慈雲尊者にしたがへば
不貪欲戒のすがたです