目次へ  縦書き

鈴谷平原

蜂が一ぴき飛んで行く
琥珀細工の春の器械
蒼い眼をしたすがるです
   (私のとこへあらはれたその蜂は
    ちゃんと抛物線の圖式にしたがひ
    さびしい未知へとんでいった)
チモシイの穂が青くたのしくゆれてゐる
それはたのしくゆれてゐるといったところで
荘厳ミサや雲環うんくわんとおなじやうに
うれひや悲しみに對立するものではない
だから新らしい蜂がまた一疋飛んできて
ぼくのまはりをとびめぐり
また茨や灌木にひっかかれた
わたしのすあしを刺すのです
こんなにうるんで秋の雲のとぶ日
鈴谷平原の荒さんだ山際の焼け跡に
わたくしはこんなにたのしくすわってゐる
ほんたうにそれらの焼けたとゞまつが
まっすぐに天に立って加奈太式に風にゆれ
また夢よりもたかくのびた白樺が
青ぞらにわづかの新葉をつけ
三稜玻璃にもまれ
   (うしろの方はまっ青ですよ
    クリスマスツリーに使ひたいやうな
    あをいまつ青いとどまつが
    いっぱいに生えてゐるのです)
いちめんのやなぎらんの群落が
光ともやの紫いろの花をつけ
遠くから近くからけむってゐる
   (さはしぎも啼いてゐる
    たしかさはしぎの發動機だ)
こんやはもう標本をいっぱいもって
わたくしは宗谷海峡をわたる
だから風の音が汽車のやうだ
流れるものは二條の茶
蛇ではなくて一ぴきの栗鼠
いぶかしさうにこっちをみる
  (こんどは風が
   みんなのがやがやしたはなし聲にきこえ
   うしろの遠い山の下からは
   好摩の冬の青ぞらから落ちてきたやうな
   すきとほった大きなせきばらいがする
   これはサガレンの古くからの誰かだ)