目次へ  縦書き

風林

  (かしはのなかには烏の巣がない
   あんまりがさがさ鳴るためだ
ここは艸があんまりあら
とほいそらから空気をすひ
あもいきり倒れるにてきしない
そこに水いろによこたはり
一列生徒らがやすんでいる
  (かげはよると亞鉛とから合成される)
それをうしろに
わたくしはこの草にからだを投げる
月はいましだいに銀のアトムをうしなひ
かしははせなかをくろくかがめる
柳澤やなぎさわの杉はなつかしくコロイドよりも
ぼうずの沼森ぬまもりのむかふには
騎兵聯隊の灯も澱んでいる
《ああおらはあど死んでもい》
《おらも死んでもい》
  (それはしょんぼりたってゐる宮澤か
   さうでなければ小田島國友
      向ふの柏木立のうしろの闇が
      きらきらっといま顫えたのは
   Egmont Overture にちがひない
   たれがそんなことを云ったかは
   わたくしはむしろかんがへないでいい)
《傅さん しゃつつ何枚、三枚着たの
せいの高くひとのいい佐藤傅四郎は
月光の反照のにぶいたそがれのなかに
しゃつのぼたんをはめながら
きっと口をまげてわらってゐる
降ってくるものはよるの微塵や風のかけら
よこに鉛の針になってながれるものは月光のにぶ
《ほぉ おら……》
言ひかけてなぜ堀田はやめるのか
おしまひの聲もさびしく反響してゐるし
さういふことはいへばいい
  (言はないなら手帳へ書くのだ)
とし子とし子
野原へ来れば
また風の中に立てば
きっとおまへをおもひだす
おまへはその巨きな木星のうへに居るのか
鋼青壮麗のそらのむかふ
 (ああけれどもそのどこかも知れない空間で
  光の紐やオーケストラがほんたうにあるのか
  …………此処ここあがくて
      一日のうちの何時いづだがもわがらないで……
  ただひときれのおまへからの通信が
  いつか汽車のなかでわたくしにとどいただけだ
とし子 わたくしは高く呼んでみやうか
 《手かげえだ》
 《手凍えだ?
  俊夫ゆぐ凍えるな
  こないだもボダンおれさ掛げらせだぢゃい》
俊夫といふのはどっちだらう 川村だらうか
あの青ざめた喜劇の天才「植物医師」の一役者
わたくしははね起きなければならない
 《おゝ 俊夫てどっちの俊夫》
 《川村》
やっぱりさうだ
月光は柏のむれをうきたたせ
かしははいちめんさらさらと鳴る