目次へ  縦書き

瀧澤野

光波測定くわうはそくてい誤差ごさから
から松のしんは徒長とちゃう
柏の本の烏瓜からすうりランタン
  (ひるの烏は広野に啼き
   あざみは青い棘にうつる)
太陽が梢に発射するとき
暗い林の入口にひとりたたずむものは
四角な若い樺の木で
GreenDwarfといふ品種
日光のために燃え尽きさうになりながら
燃えきらず青くけむるその木
羽蟲は一匹づつ光り
鞍掛や銀の錯乱
   (寛政十一年は百二十年前です)
そらの魚のよだれはふりかかり
天末線スカイラインの恐ろしさ