目次へ  縦書き

原体剣舞連

   dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
こんや異装いさうのげん月のした
とりの黒尾を頭巾づきんにかざり
片刃かたはの太刀をひらめかす
原体はらたい村の舞手おどりこたちよ
ときいろのはるの樹液じゅえき
アルペン農の辛酸しんさんに投げ
せいしののめの草いろの火を
高原の風とひかりにさゝげ
菩提樹まだかわと縄とをまとふ
気圏の戦士わがともたちよ
青らみわたるこう気をふかみ
楢とぶなとのうれひをあつめ
蛇紋山地じゃもんさんちかゞりをかかげ
ひのきの髪をうちゆすり
まるめろの匂のそらに
あたらしい星雲を燃せ
   dah-dah-sko-dah-dah
肌膚きふを腐植と土にけづらせ
筋骨はつめたい炭酸にあら
月月つきづきに日光と風とを焦慮し
敬虔に年をかさねた師父しふたちよ
こんや銀河と森とのまつり
じゅん平原の天末線てんまつせん
さらにも強く鼓を鳴らし
うす月の雲をどよませ
  Ho!Ho!Ho!
     むかし達谷たった悪路王あくろわう
     まっくらくらの二里の洞
     わたるは夢と黒夜神こくやじん
     首は刻まれ漬けられ
アンドロメダもかゞりにゆすれ
     青い仮面めんこのこけおどし
     太刀を浴びてはいっぷかぷ
     夜風の底の蜘蛛くもおどり
     胃袋はいてぎったぎた
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
さらにただしくやいばわせ
霹靂へきれきの青火をくだし
四方しほうよる鬼神きじんをまねき
樹液じゅえきもふるふこのさひとよ
赤ひたたれを地にひるがへし
雹雲ひゃううんと風とをまつれ
  dah-dah-dah-dahh
夜風よかぜとどろきひのきはみだれ
月はそそぐ銀の矢並
打つもてるも火花のいのち
太刀のきしりの消えぬひま
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
太刀は稲妻いなづま萱穂かやほのさやぎ
獅子の星座せいざに散る火の雨の
消えてあとないあまのがはら
打つも果てるもひとつのいのち
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah