目次へ  縦書き

電車

トンネルへはいるのでつけた電燈ぢゃないのです
車掌がほんのおもしろまぎれにつけたのです
こんな豆ばたけの風のなかで
 
 なあに、山火事でござんせう
 なあに、山火事でござんせう
 あんまり大きござんすから
 はてな、向ふの光るあれは雲ですな
 木きってゐますな
 いいえ、やっぱり山火事でござんせう
 
おい、きさま
日本の萱の野原をゆくビクトルカランザの配下
帽子が風にとられるぞ
こんどは青いひえを行く貧弱カランザの末輩
きさまの馬はもう汗でぬれてゐる