目次へ  縦書き

小岩井農場

パート一

わたくしはずゐぶんはやく汽車からおりた
そのために雲がぎらっとひかったくらゐだ
けれどももっとはやいひとはある
化學の並川さんによくたひとだ
あのオリーブのせびろなどは
そっくりおとなしい農學士だ
さっき盛岡のていしゃばでも
たしかにわたくしはさうおもってゐた
このひとが砂糖水のなかの
つめたくあかるい待合室から
ひとあしでるとき……わたくしもでる
馬車がいちだいたってゐる
馭者ぎょしゃがひとことなにかいふ
黒塗りのすてきな馬車だ
光澤消つやけしだ
馬も上等のハックニー
このひとはかすかにうなづき
それからじぶんといふ小さな荷物を
載っけるといふ気輕きがるなふうで
馬車にのぼってこしかける
 (わづかの光の交錯かうさくだ)
そののあたったせなかが
すこし屈んでしんとしてゐる
わたくしはあるいて馬と並ぶ
これはあるひは客馬車だ
どうも農塲のらしくない
わたくしにも乗れといへばいい
馭者がよこから呼べばいい
乗らなくたっていゝのだが
これから五里もあるくのだし
くらかけ山の下あたりで
ゆっくり時間もほしいのだ
あすこなら空気もひどく明瞭で
樹でも艸でもみんな幻燈だ
もちろんおきなぐさも咲いてゐるし
野はらは黒ぶだうしゅのコップもならべて
わたくしを歓待するだらう
そこでゆっくりとどまるために
本部まででも乗った方がいい
今日ならわたくしだって
馬車に乗れないわけではない
 (あいまいな思惟の螢光けいくわう
  きっといつでもかうなのだ)
もう馬車がうごいてゐる
 (これがじつにいゝことだ
  どうしやうか考へてゐるひまに
  それが過ぎてくなるといふこと)
ひらっとわたくしを通り越す
みちはまっ黒の腐植土で
あまあがりだし弾力もある
馬はピンと耳を立て
そのはじは向ふの青い光に尖り
いかにもきさくに馳けて行く
うしろからはもうたれも来ないのか
つつましく肩をすぼめた停車
新開地風の飲食店いんしょくてん
ガラス障子はありふれてでこぼこ
わらじやsun-maidのから凾や
夏みかんのあかるいにほひ
汽車からおりたひとたちは
さっきたくさんあったのだが
みんな丘かげの茶褐部落や
つなぎあたりへ往くらしい
西にまがって見えなくなった
いまわたくしは歩測のときのやう
しんかい地ふうのたてものは
みんなうしろに片けた
そしてこここそ畑になってゐる
黒馬が二ひき汗でぬれ
プラウをひいて往ったりきたりする
ひわいろのやはらかな山のこっちがはだ
山ではふしぎに風がふいてゐる
嫩葉わかばがさまざまにひるがへる
ずうっと遠くのくらいところでは
鶯もごろごろ啼いてゐる
その透明な群青のうぐひすが
 (ほんたうの鶯の方はドイツ讀本の
  ハンスがうぐいすでないよと云った)
馬車はずんずん遠くなる
大きくゆれるしはねあがる
紳士もかろくはねあがる
このひとはもうよほど世間をわたり
いまは青ぐろいふちのやうなとこへ
すましてこしかけてゐるひとなのだ
そしてずんずん遠くなる
はたけの馬は二ひき
ひとはふたりで赤い
雲にされた日光のために
いよいよあかく灼けてゐる
冬にきたときとはまるでべつだ
みんなすっかり變ってゐる
變ったとはいへそれは雪が往き
雲がひらけてつちが呼吸し
幹や芽のなかに燐光や樹液じゅえきがながれ
あをじろい春になっただけだ
それよりもこんなせわしい心象の明滅をつらね
すみやかなすみやかな萬法流轉ばんほうるてんのなかに
小岩井のきれいな野はらや牧塲の標本が
いかにも確かに繼起けいきするといふことが
どんなに新鮮な奇蹟だらう
ほんたうにこのみちをこの前行くときは
空気がひどく稠密で
つめたくそしてあかる過ぎた
今日は七つ森はいちめんの枯草かれくさ
松木がおかしな緑褐に
丘のうしろとふもとに生えて
大へん陰鬱にふるびて見える

パート二

たむぼりんも遠くのそらで鳴ってるし
雨はけふはだいじゃうぶふらない
しかし馬車もはやいと云ったところで
そんなにすてきなわけではない
いままでたってやっとあすこまで
ここからあすこまでのこのまっすぐな
火山灰のみちの分だけ行ったのだ
あすこはちゃうどまがり目で
すがれの草もゆれてゐる
 (山は青い雲でいっぱい 光ってゐるし
  かけて行く馬車はくろくてりっぱだ)
ひばり ひばり
銀の微塵みぢんのちらばるそらへ
たったいまのぼったひばりなのだ
くろくてすばやくきんいろだ
そらでやるBrownian movement
おまけにあいつのはねときたら
甲蟲のやうに四まいある
飴いろのやつと硬い漆ぬりの方と
たしかに二重ふたへにもってゐる
よほど上手に鳴いてゐる
そらのひかりを呑みこんでゐる
光波のために溺れてゐる
もちろんずっと遠くでは
もっとたくさんないてゐる
そいつのほうははいけいだ
向ふからはこっちのやつがひどく勇敢に見える
うしろから五月のいまごろ
黒いながいオーヴァを着た
醫者らしいものがやってくる
たびたびこっちをみてゐるやうだ
それは一本みちを行くときに
ごくありふれたことなのだ
冬にもやっぱりこんなあんばいに
くろいイムパネスがやってきて
本部へはこれでいいんですかと
遠くからことばの浮標ブイをなげつけた
でこぼこのゆきみちを
辛うじて咀嚼そしゃくするといふ風にあるきながら
本部へはこれでいゝんですかと
心細こころぼそさうにきいたのだ
おれはぶっきら棒にああと言っただけなので
ちゃうどそれだけたいへんかあいさうな気がした
けふのはもっと遠くからくる

パート三

もう入口だ〔小岩井農場〕
 (いつものとほりだ)
んだ野ばらやあけびのやび
〔もの賣りきのことりお斷り申し候〕
  (いつものとほりだ ぢき醫院もある)
〔禁獵區〕ふん いつものとほりだ
小さな澤と青いだち
澤では水が暗くそして鈍ってゐる
また鐡ゼルのfluorescence
向ふのはたけには白樺もある
白樺は好摩こうまからむかふですと
いつかおれは羽田縣屈に言ってゐた
ここはよっぽど高いから
柳澤つづきの一帯だ
やっぱり好摩にあたるのだ
どうしたのだこの鳥の聲は
なんといふたくさんの鳥だ
鳥の小學校にきたやうだ
雨のやうだし湧いてるやうだ
居る居る鳥がいっぱいにゐる
なんといふ數だ 鳴く鳴く鳴く
Rondo Capriecioso
ぎゅっくぎゅっくぎゅっくぎゅっく
あの木のしんにも一ぴきゐる
禁獵區のためだ 飛びあがる
  (禁獵區のためでない ぎゅっくぎゅっく)
一ぴきでない ひとむれだ
十疋以上だ 弧をつくる
 (ぎゅっく ぎゅっく)
三またの槍の穂 弧をつくる
青びかり青びかり赤楊はんの木立
のぼせるくらゐだこの鳥の聲
  (その音がぼっとひくくなる
   うしろになってしまったのだ
   あるひはちゅういのりずむのため
   兩方ともだ とりのこゑ)
木立がいつか並樹になった
この設計は飾繪かざりゑ式だ
けれども偶然だからしかたない
荷馬車がたしか三臺とまってゐる
なまな松の丸太がいっぱいにつまれ
陽がいつかこっそりおりてきて
あたらしいテレビン油の蒸気壓じゃうきあつ
一臺だけがあるいてゐる。
けれどもこれは樹や枝のかげでなくて
しめった黒い腐植質と
石竹せきちくいろの花のかけら
さくらの並樹になったのだ
こんなしづかなめまぐるしさ。
 
この荷馬車にはひとがついてゐない
馬は拂ひ下げの立派なハックニー
脚のゆれるのは年老ったため
 (おい ヘングスト しっかりしろよ
  三日月みたいな眼つきをして
  おまけになみだがいっぱいで
  陰気にあたまを下げてゐられると
  おれはまったくたまらないのだ
  威勢よく桃いろの舌をかみふっと鼻を鳴らせ)
ぜんたい馬の眼のなかには複雑なレンズがあって
けしきやみんなへんにうるんでいびつにみえる――
――馬車挽きはみんなといっしょに
向ふのどてのかれ草に
腰をおろしてやすんでゐる
三人赤くわらってこっちをみ
また一人は大股にどてのなかをあるき
なにか忘れものでももってくるといふふう…(蜂凾の白ペンキ)
櫻の木には天狗巣病てんぐすびゃうがたくさんある
天狗巣ははやくも青い葉をだし
馬車のラッパがきこえてくれば
ここが一ぺんにスヰッツルになる
遠くでは鷹がそらを截ってゐるし
からまつの芽はネクタイピンにほしいくらゐだし
いま向ふの並樹をくらっと青く走って行ったのは
(騎手はわらひ)赤銅しゃくどう人馬じんばの徽章だ

パート四

本部の気取きどった建物が
櫻やボプラのこっちに立ち
そのさびしい觀測臺のうへに
ロビンソン風力計の小さな椀や
ぐらぐらゆれる風信器を
わたくしはもう見出さない
 さっきの光澤消つやけしの立派の馬車は
 いまごろどこかで忘れたやうにとまってやうし。
 五月の黒いオーヴァコートも
 どの建物かにまがって行った
冬にはこゝの凍った池で
こどもらがひどくわらった
 (から松はとびいろのすてきな脚です
  向ふにひかるのは雲でせうか粉雪でせうか
  それとも野はらの雪に日が照ってゐるのでせうか
  氷滑りをやりながらなにがそんなにおかしいのです
  おまへさんたちの頬っぺたはまっ赤ですよ)
葱いろの春の水に
楊の花芽ベムベロももうぼやける……
はたけは茶いろに堀りおこされ
厩肥も四角につみあげてある
並樹ざくらの天狗巣には
いぢらしいちいさな緑の旗を出すのもあり
遠くの縮れた雲にかかるのでは
みづみづした鶯いろの弱いのもある……
あんまりひばりが啼きすぎる
  (育馬部と本部のあひだでさへ
   ひばりなんか一ダースできかない)
そのキルギス式の逞しい耕地の線が
ぐらぐらの雲にうかぶこちら
みぢかい素朴な電話ばしらが
右にまがり左へと傾きひどく乱れて
まがりかどには一本の青木
 (白樺だらう 楊ではない)
耕耘部へはここから行くのがちかい
ふゆのあひだだって雲がかたまり
馬橇ばそりも通っていったほどだ
 (ゆきがかたくはなかったやうだ
  なぜならそりはゆきをあげた
  たしかに酵母のちんでんを
  冴えた気流に吹きあげた)
あのときはきらきらする雲の移動のなかを
ひとはあぶなっかしいセレナーデを口笛に吹き
往ったりきたりなんべんしたかわからない
   (四列の茶いろな落葉松らくやうしゃう
けれどもあの調子はづれのセレナーデが
風やときどきぱっとたつ雪と
どんなによくつりあってゐたことか
それは雪の日のアイスクリームとおなし
 (もっともそれなら暖爐だんろもまっだらうし
  moscobite も少しそっぽにけるだらうし
  おれたちには見られないぜいたくだ)
春のヴァンダイクブラウン
きれいにはたけは耕耘された
雲はけふも白金はくきん白金黒はくきんこく
そのまばゆい明暗めいあんのなかで
ひばりはしきりに啼いてゐる
  (雲の讃歌さんかと日のきしりり)
それから眼をまたあげるなら
灰いろなもの走るもの蛇に似たもの 雉子だ
亞鉛鍍金あえんめっきの雉子なのだ
あんまり長い尾をひいてうららかに過ぎれば
もう一疋が飛びおりる
山鳥ではない
 (山鳥ですか? 山で? 夏に?)
あるくのははやい 流れてゐる
オレンヂいろの日光のなかを
雉子はするするながれてゐる
啼いてゐる
それが雉子の聲だ
いま見はらかす耕地のはづれ
向ふの青草の高みに四五本乱れて
なんといふ気まぐれなさくらだらう
みんなさくらの幽靈だ
内面はしだれやなぎで
ときいろの花をつけてゐる
  (空でひとむらの海綿白金がちぎれる)
それらかゞやく氷片の懸吊けんちょうをふみ
青らむ天のうつろのなかへ
かたなのやうにつきすすみ
すべて水いろの哀愁を
さびしい反照はんせう偏光へんくわうを截れ
いま日を横ぎる黒雲は
侏羅じゅらや白堊のまっくらな森のなか
爬蟲はちゅうがけはしく齒を鳴らして飛ぶ
その氾濫の水けむりからのぼったのだ
だれも見てゐないその地質時代の林の底を
水は濁ってどんどんながれた
いまこそおれはさびしくない
たったひとりで生きて行く
こんなきままなたましひと
たれがいっしょに行けやうか
大ぴらにまっすぐに進んで
それでいけないといふのなら
田舎ふうのダブルカラなど引き裂いてしまへ
それからさきがあんまり青黒くなってきたら……
そんなさきまでかんがへないでいい
ちからいっぱい口笛を吹け
口笛をふけ 錯綜さくさう
たよりもない光波のふるひ
すきとほるものが一列わたくしのあとからくる
ひかり かすれ またうたふやうに小さな胸を張り
またほのぼのとかゞやいてわらふ
そんなすあしのこどもらだ
ちらちら瓔珞やうらくもゆれてゐるし
めいめい遠くのうたのひとくさりづつ
緑金寂静ろくきんじゃくじゃうのほのほをたもち
これらはあるひは天の鼓手こしゅ緊那羅きんならのこどもら
 (五本の透明なさくらの木は
  青々とかげらふをあげる)
わたくしは白い雑嚢をぶらぶらさげて
きままな林務官のやうに
五月のきんいろの外光のなかで
口笛をふき歩調をふんでわるいだらうか
たのしい太陽系の春だ
みんなはしったりうたったり
はねあがったりするがいい
  (コロナは八十三萬二百……)
あの四月の實習のはじめの日
液肥をはこぶいちにちいっぱい
光炎菩薩太陽マヂックの歌が鳴った
  (コロナは八十三萬四百……)
ああ陽光のマヂックよ
ひとつのせきをこえるとき
ひとりがかつぎ棒をわたせば
それは太陽マヂックにより
磁石のやうにもひとりの手に吸ひついた
  (コロナは七十七萬五千……)
どのこどもかが笛を吹いてゐる
それはわたくしにきこえない
けれどもたしかにふいてゐる
  (ぜんたい笛といふものは
   きまぐれなひょろひょろの酋長だ)
 
みちがぐんぐんうしろから湧き
過ぎて来た方へたたんで行く
むら気な四本の櫻も
記憶のやうにとほざかる
たのしい地球の気圏の春だ
みんなうたったりはしったり
はねあがったりするがいい

パート五

パート六

パート七

とびいろのはたけがゆるやかに傾斜して
すきとほる雨のつぶに洗はれてゐる
そのふもとに白い笠の農夫が立ち
つくづくとそらのくもを見あげ
こんどはゆっくりあるきだす
 (まるで行きつかれたたび人だ)
汽車の時間をたづねてみやう
こゝはぐちゃぐちゃした青い濕地で
もうせんごけも生えてゐる
 (そのうすあかい毛もちゞれてゐるし
  どこかのがまの生えた沼地を
  ネー將軍下の騎兵の馬が
  泥に一尺ぐらゐ踏みこんで
  すぱすぱ渉って進軍もした)
雲は白いし農夫はわたしをまってゐる
またあるきだす(縮れてぎらぎらの雲)
トッパーズの雨の高みから
けらを着た女の子がふたりくる
シベリヤ風に赤いきれをかぶり
まっすぐにいそでやってくる
(Miss Robin)働きにきてゐるのだ
農夫は富士見の飛脚のやうに
笠をかしげて立って待ち
白い手甲さへはめてゐる、もう二十米だから
しばらくあるきださないでくれ
じぶんだけせっかく待ってゐても
用がなくてはこまるとおもって
あんなにぐらぐらゆれるのだ
 (青い草穂は去年のだ)
あんなにぐらぐらゆれるのだ
さわやかだし顔も見えるから
ここからはなしかけていゝ
シャッポをとれ(黒い羅沙もぬれ)
このひとはもう五十ぐらゐだ
 (ちょっとおぎ申しあんす
  盛岡行ぎ汽車なん時だべす)
 (三時だたべが)
ずゐぶん悲しい顔のひとだ
博物館の能面にも出てゐるし
どこかに鷹のきもちもある
うしろのつめたく白い空では
ほんたうの鷹がぶうぶう風を截る
雨をおとすその雲母摺きらすりの雲の下
はたけに置かれた二臺のくるま
このひとはもう行かうとする
白い種子は燕麥オートなのだ
燕麥オートぎすか)
(あんいまもごでやってら)
このぢいさんはなにか向ふを畏れてゐる
ひじゃうに恐ろしくひどいことが
そっちにあるとおもってゐる
そこには馬のつかない厩肥車こやしぐるま
けわしく翔ける鼠いろの雲ばかり
こはがってゐるのは
やっぱりあの蒼鉛さうえんの勞働なのか
  (こやし入れだのすか
   堆肥たいひ過燐酸くわりんさんどすか)
  (あんさうす)
  (ずゐぶん気持のいゝどごだもな)
  (ふう)
この人はわたくしとはなすのを
なにか大へんはばかってゐる
それはふたつのくるまのよこ
はたけのおはりの天末線スカイライン
ぐらぐらの空のこっち側を
すこし猫背ねこぜでせいの高い
くろい外套の男が
雨雲に銃を構へて立ってゐる
あの男がどこか気がへんで
急に鐡砲をこっちへ向けるのか
あるひはMiss Robinたちのことか
それとも兩方いっしょなのか
どっちも心配しないでくれ
わたしはどっちもこわくない
やってるやってるそらで鳥が
 (あの鳥何て云ふす 此處らで)
 (ぶどしぎ)
 (ぶどしぎて云ふのか
 (あん 曇るづどよぐ出はら)
から松の芽の緑玉髄クリソプレース
かけて行く雲のこっちの射手しゃしゅ
またもったいらしく銃を構へる
 (三時の次あ何時だべす)
 (五時だべが ゆぐ知らない)
過燐酸石灰のヅック袋
水溶すゐやう十九と書いてある
學校のは十五%だ
雨はふるしわたくしの黄いろな仕事着もぬれる
遠くのそらではそのぼとしぎどもが
大きく口をあいてビール瓶のやうに鳴り
灰いろの咽喉の粘膜に風をあて
めざましく雨を飛んでゐる
少しばかり青いつめくさの交った
かれくさと雨の雫との上に
菩提樹まだ皮の厚いけらをかぶって
さっきの娘たちが眠ってゐる
ぢいさんはもう向ふへ行き
射手は肩を怒らして銃を構へる
  (ぼとしぎのつめたい發動機は……)
ぼとしぎはぶうぶう鳴り
いったいなにを射たうといふのだ
爺さんの行った方から
わかい農夫がやってくる
かほが赤くて新鮮にふとり
セシルローズ型の圓い肩をかゞめ
燐酸のあき袋をあつめてくる
二つはちゃんと肩に着てゐる
  (降ってげだごとなさ)
  (なあにすぐ霽れらんす)
火をたいてゐる
赤い焔もちらちらみえる
農夫も戻るしわたくしもついて行かう
これらのからまつの小さな芽をあつめ
わたくしの童話をかざりたい
ひとりのむすめがきれいにわらって起きあがる
みんなはあかるい雨の中ですうすうねむる
  《うな いいおなごだもな》
にはかにそんなに大聲にどなり
まっ赤になって石臼のやうに笑ふのは
このひとは案外にわかいのだ
すきとほって火が燃えてゐる
青い炭素のけむりも立つ
わたくしもしこしあたりたい
  《おらもあだっでもいがべが》
  《いてす さあおだりやんせ》
  《汽車三時すか》
  (三時四十分
   まだ一時にもならないも)
火は雨でかへって燃える
自由射手フライシュッツは銀のそら
ぼとしぎどもは鳴らす鳴らす
すっかりぬれた 寒い がたがたする

パート九

すきとほってゆれてゐるのは
さっきの剽悍ひゃうかんな四本のさくら
わたくしはそれを知ってゐるけれども
眼にははっきり見てゐない
たしかにわたくしの感官のそと
つめたい雨がそそいでゐる
 (天の微光にさだめなく
  うかべる石をわがふめば
  おゝユリア しづくはいとど降りまさり
  カシオペーアはめぐり行く)
ユリアがわたくしの左を行く
大きな紺いろの瞳をりんと張って
ユリアがわたくしの左を行く
ペムペルがわたくしの右にゐる
……………はさっき横へれた
あのから松の列のとこから横へ外れた
  《幻想が向ふから迫ってくるときは
   もうにんげんの壊れるときだ》
わたくしははっきり眼をあいてあるいてゐるのだ
ユリア、ペムペル、わたくしの遠いともだちよ
わたくしはずゐぶんしばらくぶりで
きみたちの巨きなまっ白なすあしを見た
どんなにわたくしはきみたちの昔の足あとを
白堊系の頁岩の古い海岸にもとめただらう
  《あんまりひどい幻想だ》
わたくしはなにをびくびくしてゐるのだ
どうしてもどうしてもさびしくてたまらないときは
ひとはみんなきっと斯ういふことになる
きみたちとけふあふことができたので
わたくしはこの巨きな旅のなかの一つづりから
血みどろになって遁げなくてもいいのです
 (ひばりが居るやうな居ないやうな
  腐植質から麥が生え
  雨はしきりに降ってゐる)
さうです、農場のこのへんは
まったく不思議におもはれます
どうしてかわたくしはここらを
der heilige Punkt と
呼びたいやうな気がします
この冬だって耕耘部まで用事で来て
こゝいらの匂のいゝふぶきのなかで
なにとはなしに聖いこころもちがして
凍えさうになりながらいつまでもいつまでも
いったり来たりしてゐました
さっきもさうです
どこの子どもらですかあの瓔珞をつけた子は
  《そんなことでだまされてはいけない
   ちがった空間にはいろいろちがったものがゐる
   それにだいいちさっきからの考へやうが
   まるで銅版のやうなのに気がつかないか》
雨のなかでひばりが鳴いてゐるのです
あなたがたは赤い瑪瑙の棘でいっぱいな野はらも
その貝殻のやうに白くひかり
底の平らな巨きなすあしにふむのでせう
   もう決定した そっちへ行くな
   これらはみんなただしくない
   いま疲れてかたちを更へたおまへの信仰から
   發散して酸えたひかりの澱だ
  ちいさな自分を劃ることのできない
 この不可思議な大きな心象宙宇のなかで
もしも正しいねがひに燃えて
じぶんとひとと萬象といっしょに
至上福しにいたらうとする
それをある宗教情操とするならば
そのねがひから碎けまたは疲れ
じぶんとそれからたったもひとつのたましひと
完全そして永久にどこまでもいっしょに行かうとする
この變態を戀愛といふ
そしてどこまでもその方向では
決して求め得られないその戀愛の本質的な部分を
むりにもごまかし求め得やうとする
この傾向を性慾といふ
すべてこれら漸移のなかのさまざまな過程に從って
さまざまな眼に見えまた見えない生物の種類がある
この命題は可逆的にもまた正しく
わたくしにはあんまり恐ろしいことだ
けれどもいくら恐ろしいといっても
それがほんたうならしかたない
さあはっきり眼をあいてたれにも見え
明確に物理學の法則にしたがふ
これら實在の現象のなかから
あたらしくまっすぐに起て
明るい雨がこんなにたのしくそそぐのに
馬車が行く 馬はぬれて黒い
ひとはくるまに立って行く
もうけっしてさびしくはない
なんべんさびしくないと云ったとこで
またさびしくなるのはきまってゐる
けれどもここはこれでいいのだ
すべてさびしさと悲傷とを焚いて
ひとは透明な軋道をすすむ
ラリックス ラリックス いよいよ青く
雲はますます縮れてひかり
わたくしはかっきりみちをまがる