目次へ  縦書き

小岩井農場

パート三

もう入口だ〔小岩井農場〕
 (いつものとほりだ)
んだ野ばらやあけびのやび
〔もの賣りきのことりお斷り申し候〕
  (いつものとほりだ ぢき醫院もある)
〔禁獵區〕ふん いつものとほりだ
小さな澤と青いだち
澤では水が暗くそして鈍ってゐる
また鐡ゼルのfluorescence
向ふのはたけには白樺もある
白樺は好摩こうまからむかふですと
いつかおれは羽田縣屈に言ってゐた
ここはよっぽど高いから
柳澤つづきの一帯だ
やっぱり好摩にあたるのだ
どうしたのだこの鳥の聲は
なんといふたくさんの鳥だ
鳥の小學校にきたやうだ
雨のやうだし湧いてるやうだ
居る居る鳥がいっぱいにゐる
なんといふ數だ 鳴く鳴く鳴く
Rondo Capriecioso
ぎゅっくぎゅっくぎゅっくぎゅっく
あの木のしんにも一ぴきゐる
禁獵區のためだ 飛びあがる
  (禁獵區のためでない ぎゅっくぎゅっく)
一ぴきでない ひとむれだ
十疋以上だ 弧をつくる
 (ぎゅっく ぎゅっく)
三またの槍の穂 弧をつくる
青びかり青びかり赤楊はんの木立
のぼせるくらゐだこの鳥の聲
  (その音がぼっとひくくなる
   うしろになってしまったのだ
   あるひはちゅういのりずむのため
   兩方ともだ とりのこゑ)
木立がいつか並樹になった
この設計は飾繪かざりゑ式だ
けれども偶然だからしかたない
荷馬車がたしか三臺とまってゐる
なまな松の丸太がいっぱいにつまれ
陽がいつかこっそりおりてきて
あたらしいテレビン油の蒸気壓じゃうきあつ
一臺だけがあるいてゐる。
けれどもこれは樹や枝のかげでなくて
しめった黒い腐植質と
石竹せきちくいろの花のかけら
さくらの並樹になったのだ
こんなしづかなめまぐるしさ。
 
この荷馬車にはひとがついてゐない
馬は拂ひ下げの立派なハックニー
脚のゆれるのは年老ったため
 (おい ヘングスト しっかりしろよ
  三日月みたいな眼つきをして
  おまけになみだがいっぱいで
  陰気にあたまを下げてゐられると
  おれはまったくたまらないのだ
  威勢よく桃いろの舌をかみふっと鼻を鳴らせ)
ぜんたい馬の眼のなかには複雑なレンズがあって
けしきやみんなへんにうるんでいびつにみえる――
――馬車挽きはみんなといっしょに
向ふのどてのかれ草に
腰をおろしてやすんでゐる
三人赤くわらってこっちをみ
また一人は大股にどてのなかをあるき
なにか忘れものでももってくるといふふう…(蜂凾の白ペンキ)
櫻の木には天狗巣病てんぐすびゃうがたくさんある
天狗巣ははやくも青い葉をだし
馬車のラッパがきこえてくれば
ここが一ぺんにスヰッツルになる
遠くでは鷹がそらを截ってゐるし
からまつの芽はネクタイピンにほしいくらゐだし
いま向ふの並樹をくらっと青く走って行ったのは
(騎手はわらひ)赤銅しゃくどう人馬じんばの徽章だ