目次へ  縦書き

小岩井農場

パート二

たむぼりんも遠くのそらで鳴ってるし
雨はけふはだいじゃうぶふらない
しかし馬車もはやいと云ったところで
そんなにすてきなわけではない
いままでたってやっとあすこまで
ここからあすこまでのこのまっすぐな
火山灰のみちの分だけ行ったのだ
あすこはちゃうどまがり目で
すがれの草もゆれてゐる
 (山は青い雲でいっぱい 光ってゐるし
  かけて行く馬車はくろくてりっぱだ)
ひばり ひばり
銀の微塵みぢんのちらばるそらへ
たったいまのぼったひばりなのだ
くろくてすばやくきんいろだ
そらでやるBrownian movement
おまけにあいつのはねときたら
甲蟲のやうに四まいある
飴いろのやつと硬い漆ぬりの方と
たしかに二重ふたへにもってゐる
よほど上手に鳴いてゐる
そらのひかりを呑みこんでゐる
光波のために溺れてゐる
もちろんずっと遠くでは
もっとたくさんないてゐる
そいつのほうははいけいだ
向ふからはこっちのやつがひどく勇敢に見える
うしろから五月のいまごろ
黒いながいオーヴァを着た
醫者らしいものがやってくる
たびたびこっちをみてゐるやうだ
それは一本みちを行くときに
ごくありふれたことなのだ
冬にもやっぱりこんなあんばいに
くろいイムパネスがやってきて
本部へはこれでいいんですかと
遠くからことばの浮標ブイをなげつけた
でこぼこのゆきみちを
辛うじて咀嚼そしゃくするといふ風にあるきながら
本部へはこれでいゝんですかと
心細こころぼそさうにきいたのだ
おれはぶっきら棒にああと言っただけなので
ちゃうどそれだけたいへんかあいさうな気がした
けふのはもっと遠くからくる