目次へ  縦書き

小岩井農場

パート一

わたくしはずゐぶんはやく汽車からおりた
そのために雲がぎらっとひかったくらゐだ
けれどももっとはやいひとはある
化學の並川さんによくたひとだ
あのオリーブのせびろなどは
そっくりおとなしい農學士だ
さっき盛岡のていしゃばでも
たしかにわたくしはさうおもってゐた
このひとが砂糖水のなかの
つめたくあかるい待合室から
ひとあしでるとき……わたくしもでる
馬車がいちだいたってゐる
馭者ぎょしゃがひとことなにかいふ
黒塗りのすてきな馬車だ
光澤消つやけしだ
馬も上等のハックニー
このひとはかすかにうなづき
それからじぶんといふ小さな荷物を
載っけるといふ気輕きがるなふうで
馬車にのぼってこしかける
 (わづかの光の交錯かうさくだ)
そののあたったせなかが
すこし屈んでしんとしてゐる
わたくしはあるいて馬と並ぶ
これはあるひは客馬車だ
どうも農塲のらしくない
わたくしにも乗れといへばいい
馭者がよこから呼べばいい
乗らなくたっていゝのだが
これから五里もあるくのだし
くらかけ山の下あたりで
ゆっくり時間もほしいのだ
あすこなら空気もひどく明瞭で
樹でも艸でもみんな幻燈だ
もちろんおきなぐさも咲いてゐるし
野はらは黒ぶだうしゅのコップもならべて
わたくしを歓待するだらう
そこでゆっくりとどまるために
本部まででも乗った方がいい
今日ならわたくしだって
馬車に乗れないわけではない
 (あいまいな思惟の螢光けいくわう
  きっといつでもかうなのだ)
もう馬車がうごいてゐる
 (これがじつにいゝことだ
  どうしやうか考へてゐるひまに
  それが過ぎてくなるといふこと)
ひらっとわたくしを通り越す
みちはまっ黒の腐植土で
あまあがりだし弾力もある
馬はピンと耳を立て
そのはじは向ふの青い光に尖り
いかにもきさくに馳けて行く
うしろからはもうたれも来ないのか
つつましく肩をすぼめた停車
新開地風の飲食店いんしょくてん
ガラス障子はありふれてでこぼこ
わらじやsun-maidのから凾や
夏みかんのあかるいにほひ
汽車からおりたひとたちは
さっきたくさんあったのだが
みんな丘かげの茶褐部落や
つなぎあたりへ往くらしい
西にまがって見えなくなった
いまわたくしは歩測のときのやう
しんかい地ふうのたてものは
みんなうしろに片けた
そしてこここそ畑になってゐる
黒馬が二ひき汗でぬれ
プラウをひいて往ったりきたりする
ひわいろのやはらかな山のこっちがはだ
山ではふしぎに風がふいてゐる
嫩葉わかばがさまざまにひるがへる
ずうっと遠くのくらいところでは
鶯もごろごろ啼いてゐる
その透明な群青のうぐひすが
 (ほんたうの鶯の方はドイツ讀本の
  ハンスがうぐいすでないよと云った)
馬車はずんずん遠くなる
大きくゆれるしはねあがる
紳士もかろくはねあがる
このひとはもうよほど世間をわたり
いまは青ぐろいふちのやうなとこへ
すましてこしかけてゐるひとなのだ
そしてずんずん遠くなる
はたけの馬は二ひき
ひとはふたりで赤い
雲にされた日光のために
いよいよあかく灼けてゐる
冬にきたときとはまるでべつだ
みんなすっかり變ってゐる
變ったとはいへそれは雪が往き
雲がひらけてつちが呼吸し
幹や芽のなかに燐光や樹液じゅえきがながれ
あをじろい春になっただけだ
それよりもこんなせわしい心象の明滅をつらね
すみやかなすみやかな萬法流轉ばんほうるてんのなかに
小岩井のきれいな野はらや牧塲の標本が
いかにも確かに繼起けいきするといふことが
どんなに新鮮な奇蹟だらう
ほんたうにこのみちをこの前行くときは
空気がひどく稠密で
つめたくそしてあかる過ぎた
今日は七つ森はいちめんの枯草かれくさ
松木がおかしな緑褐に
丘のうしろとふもとに生えて
大へん陰鬱にふるびて見える