目次へ  縦書き

休息

そのきらびやかな空間の
上部にはきんぽうげが咲き
(上等のbutter-cupバッタカップですが
 牛酪バターよりは硫黄と蜜とです)
下にはつめくさや芹がある
ぶりき細工のとんぼが飛び
雨はぱちぱち鳴ってゐる
 (よしきりはなく なく
  それにぐみの木だってあるのだ)
からだを草に投げ出せば
雲には白いとこも黒いとこもあって
みんなぎらぎら湧いてゐる
帽子をとって投げつければ黒いきのこしゃっぽ
ふんぞりかへればあたまはどこの向ふに行く
あくびをすれば
そらにも惡魔がでて来てひかる
 このかれくさはやわらかだ
 もう極上のクッションだ
雲はみんなむしられて
青ぞらは巨きな網の目になった
それが底びかりする鑛物板だ
 よしきりはひっきりなしにやり
 ひでりはパチパチ降ってくる