目次へ  縦書き

習作

キンキン光る
西班尼すぱにあ製です
(つめくさ つめくさ)
こんな舶来の草地でなら
黒砂糖のやうな甘ったるい聲で唄ってもいい
と|また鞭をもち赤い上着を着てもいい
ら|ふくふくしてあたたかだ
よ|野ばらが咲いてゐる 白い花
と|秋には熟したいちごにもなり
す|硝子のやうな實にもなる野ばらの花だ
れ| 立ちどまりたいが立ちどまらない
ば|とにかく花が白くて足なが蜂のかたちなのだ
そ|みきは黒くて黒檀こくたんまがひ
の| (あたまの奥のキンキン光って痛いもや)
手|このやぶはずゐぶんよく据えつけられてゐると
か|かんがへたのはすぐこの上だ
ら|じっさい岩のやうに
こ|船のやうに
と|据えつけられてゐたのだから
り|……仕方ない
は|ほうこの麥の間に何を播いたんだ
そ|すぎなだ
ら|すぎなを麥の間作ですか
へ|柘植つげさんが
と|ひやかしに云ってゐるやうな
ん|そんな口調くちゃうがちゃんとひとり
で|私の中に棲んでゐる
行|和賀わがんだ松並木のときだって
く|さうだ