目次へ  縦書き

風景

雲はたよりないカルボン酸
さくらは咲いて日にひかり
また風が来てくさを吹けば
截られたたらの木もふるふ
 さっきはすなつちに厩肥きうひをまぶし
   (いま青ガラスの模型の底になってゐる)
ひばりのダムダムだんがいきなりそらに飛びだせば
  風は青い喪神をふき
  黄金の草 ゆするゆする
    雲はたよりないカルボン酸
    さくらが日に光るのはゐなかふう