目次へ  縦書き

戀と病熱

けふはぼくのたましひは疾み
からすさへ正視ができない
 あいつはちゃうどいまごろから
 つめたい青銅ブロンヅの病室で
 透明薔薇ばらの火に燃される
ほんたうに、けれども妹よ
けふはぼくもあんまりひどいから
やなぎの花もとらない