目次へ  縦書き

カーバイト倉庫

まちなみのなつかしい灯とおもって
いそいでわたくしは雪と蛇紋岩サーペンタインとの
山峡さんけふをでてきましたのに
これはカーバイト倉庫の軒
すきとほってつめたい電燈です
  (薄明はくめいどきのみぞれにぬれたのだから
   巻烟草に一本火をつけるがいい)
これらなつかしさの擦過は
寒さからだけ来たのでなく
またさびしいためからだけでもない