目次へ  縦書き

革トランク

 斉藤平太は、その春、楢岡の町に出て、中学校と農学校、工学校の入学試験を受けました。三つとも駄目だと思っていましたら、どうしたわけか、まぐれあたりのように工学校だけ及第しました。一年と二年とはどうやら無事で、算盤の下手な担任教師が斉藤平太の通信簿の点数の勘定を間違った為に首尾よく卒業いたしました。
(こんなことは実にまれです。)
 卒業するとすぐ家へ戻されました。家は農業でお父さんは村長でしたが平太はお父さんの賛成によって、家の門の処に建築図案設計工事請負という看板をかけました。
 すぐに二つの仕事が来ました。一つは村の消防小屋と相談所とを兼ねた二階建、も一つは村の分教場です。
(こんなことは実に稀れです。)
 斉藤平太は四日かかって両方の設計図を引いてしまいました。
 それからあちこちの村の大工たちをたのんでいよいよ仕事にかかりました。
 斉藤平太は茶いろの乗馬ズボンを穿き赤ネクタイを首に結んであっちへ行ったりこっちへ来たり忙しく両方を監督しました。
 工作小屋のまん中にあの設計図が懸けてあります。
 ところがどうもおかしいことはどう云うわけか平太が行くとどの大工さんも変な顔をして下ばかり向いて働いてなるべく物を言わないようにしたのです。
 大工さんたちはみんな平太を好きでしたし賃銭だってたくさん払っていましたのにどうした訳かおかしな顔をするのです。
(こんなことは実に稀れです。)
 平太が分教場の方へ行って大工さんたちの働きぶりを見て居りますと大工さんたちはくるくる廻ったり立ったり屈んだりして働くのは大へん愉快そうでしたがどう云う訳か横に歩くのがいやそうでした。
(こんなことは実に稀です。)
 平太が消防小屋の方へ行って大工さんたちの働くのを見ていますと大工さんたちはくるくる廻ったり立ったり屈んだり横に歩いたりするのは大へん愉快そうでしたがどう云う訳か上下に交通するのがいやそうでした。
(こんなことは実に稀です。)
 だんだん工事が進みました。
 斉藤平太は人数を巧く組み合せて両方の終る日が丁度同じになるようにやって置きましたから両方丁度同じ日にそれが終りました。
(こんなことは実に稀です。)
 終りましたら大工さんたちはいよいよ変な顔をしてため息をついて黙って下ばかり見て居りました。
 斉藤平太は分教場の玄関から教員室へ入ろうとしましたがどうしても行けませんでした。それは廊下がなかったからです。
(こんなことは実に稀です。)
 斉藤平太はひどくがっかりして今度は急いで消防小屋に行きました。そして下の方をすっかり検分し今度は二階の相談所を見ようとしましたがどうしても二階に昇れませんでした。それは梯子がなかったからです。
(こんなことは実に稀です。)
 そこで斉藤平太はすっかり気分を悪くしてそっと財布を開いて見ました。
 そしたら三円入っていましたのですぐその乗馬ズボンのまま渡しを越えて町へ行きました。
 それから汽車に乗りました。
 そして東京へ遁げました。
 東京へ来たらお金が六銭残りました。斉藤平太はその六銭で二度ほど豆腐を食べました。
 それから仕事をさがしました。けれども語がはっきりしないのでどこの家でも工場でも頭ごなしに追いました。
 斉藤平太はすっかり困って口の中もカサカサしながら三日仕事をさがしました。
 それでもどこでも断わられとうとう楢岡工学校の卒業生の斉藤平太は卒倒しました。
 巡査がそれに水をかけました。
 区役所がそれを引きとりました。それからご飯をやりました。するとすっかり元気になりました。そこで区役所では撒水夫に雇いました。
 斉藤平太はうちへ葉書を出しました。
「エレベータとエスカレータの研究の為急に東京に参り候、御不便ながら研究すむうちあの請負の建物はそのままお使い願い候」
 お父さんの村長さんは返事も出させませんでした。
 平太は夏は脚気にかかり冬は流行寒冒です。そして二年は経ちました。
 それでもだんだん東京の事にもなれて来ましたのでついには昔の専門の建築の方の仕事に入りました。則ち平沢組の監督です。
 大工たちに憎まれて見廻り中に高い処から木片を投げつけられたり天井に上っているのを知らないふりして板を打ちつけられたりしましたがそれでも仲々愉快でした。
 ですから斉藤平太はうちへ斯う葉書を書いたのです。
「近頃立身致し候。紙幣は障子を張る程有之諸君も尊敬仕候。研究も今一足故暫時不便を御辛抱願候。」
 お父さんの村長さんは返事も何もさせませんでした。
 ところが平太のお母さんが少し病気になりました。毎日平太のことばかり云います。
 そこで仕方なく村長さんも電報を打ちました。
「ハハビョウキ、スグカエレ。」
 平太はこの時月給をとったばかりでしたから三十円ほど余っていました。
 平太はいろいろ考えた末二十円の大きな大きな革のトランクを買いました。けれどももちろん平太には一張羅の着ている麻服があるばかり他に入れるようなものは何もありませんでしたから親方に頼んで板の上に引いた要らない絵図を三十枚ばかり貰ってぎっしりそれに詰めました。
(こんなことはごく稀れです。)
 斉藤平太は故郷の停車場に着きました。
 それからトランクと一諸に俥に乗って町を通り国道の松並木まで来ましたが平太の村へ行くみちはそこから岐れて急にでこぼこになるのを見て俥夫はあとは行けないと断って賃銭をとって帰って行ってしまいました。
 斉藤平太はそこで仕方なく自分でその大トランクを担いで歩きました。ひのきの垣根の横を行き麻ばたけの間を通り桑の畑のへりを通りそして船場までやって来ました。
 渡し場は針金の綱を張ってあって滑車の仕掛けで舟が半分以上ひとりで動くようになっていました。
 もう夕方でしたが雲が縞をつくってしずかに東の方へ流れ、白と黒とのぶちになったせきれいが水銀のような水とすれすれに飛びました。そのはりがねの綱は大きく水に垂れ舟はいま六七人の村人を乗せてやっと向うへ着く処でした。向うの岸には月見草も咲いていました。舟が又こっちへ戻るまで斉藤平太は大トランクを草におろし自分もどっかり腰かけて汗をふきました。白の麻服のせなかも汗でぐちゃぐちゃ、草にはけむりのような穂が出ていました。
 いつの間にか子供らが麻ばたけの中や岸の砂原やあちこちから七八人集って来ました。全く平太の大トランクがめずらしかったのです。みんなはだんだん近づきました。
「おお、みんな革だんぞ。」
「牛の革だんぞ。」
「あそごの曲った処ぁ牛の膝かぶの皮だな。」
 なるほど平太の大トランクの締金の処には少しまがった膝の形の革きれもついていました。平太は子供らの云うのを聞いて何とも云えず悲しい寂しい気がしてあぶなく泣こうとしました。
 舟がだんだん近よりました。
 船頭は平太のうしろの入日の雲の白びかりを手でさけるようにしながらじっと平太を見ていましたがだんだん近くになっていよいよその白い洋服を着た紳士が平太だとわかると高く叫びました。
「おお平太さん。待ぢでだあんす。」
 平太はあぶなく泣こうとしました。そしてトランクを運んで舟にのりました。舟はたちまち岸をはなれ岸の子供らはまだトランクのことばかり云い船頭もしきりにそのトランクを見ながら船を滑らせました。波がぴたぴた云い針金の綱はしんしんと鳴りました。それから西の雲の向うに日が落ちたらしく波が俄かに暗くなりました。向うの岸に二人の人が待っていました。
 舟は岸に着きました。
 二人の中の一人が飛んで来ました。
「お待ぢ申して居りあんした。お荷物は。」
 それは平太の家の下男でした。平太はだまって眼をパチパチさせながらトランクを渡しました。下男はまるでひどく気が立ってその大きな革トランクをしょいました。
 それから二人はうちの方へ蚊のくんくん鳴く桑畑の中を歩きました。
 二人が大きな路に出て少し行ったとき、村長さんも丁度役場から帰った処でうしろの方から来ましたがその大トランクを見てにが笑いをしました。