目次へ  縦書き

化物丁場

 五六日続いた雨の、やっとあがった朝でした。黄金の日光が、青い木や稲を、照してはいましたが、空には、方角の決まらない雲がふらふら飛び、山脈も非常に近く見えて、なんだかまだほんとうに霽れたというような気がしませんでした。
 私は、西の仙人鉱山に、小さな用事がありましたので、黒沢尻で、軽便鉄道に乗りかえました。
 車室の中は、割合空いて居りました。それでもやっぱり二十人ぐらいはあったでしょう。がやがや話して居りました。私のあとから入って来た人もありました。
 話はここでも、本線の方と同じように、昨日までの雨と洪水の噂でした。大低南の方のことでした。狐禅寺では、北上川が一丈六尺増したと誰かが云いました。宮城の品井沼の岸では、稲がもう四日も泥水を被っている、どうしても今年はあの辺は半作だろうと又誰か言っていました。
 ところが私のうしろの席で、突然太い強い声がしました。
「雫石、橋場間、まるで滅茶苦茶だ。レールが四間も突き出されている。枕木も何もでこぼこだ。十日や十五日でぁ、一寸六ヶ敷ぃな。」
 ははあ、あの化物丁場だな、私は思いながら、急いでそっちを振り向きました。その人は線路工夫の絆纏を着て、鍔の広い麦藁帽を、上の棚に載せながら、誰に云うとなく大きな声でそう言っていたのです。
「ああ、あの化物丁場ですか、壊れたのは。」私は頭を半分そっちへ向けて、笑いながら尋ねました。鉄道工夫の人はちらっと私を見てすぐ笑いました。
「そうです。どうして知っていますか。」少し改った兵隊口調で尋ねました。
「はあ、なあに、あの頃一寸あすこらを歩いたもんですから。今度は大分ひどくやられましたか。」
「やられました。」その人はやっと席へ腰をおろしながら答えました。
「やっぱり今でも化物だって云いますか。」
「うんは。」その人は大へん曖昧な調子で答えました。これが、私を、どうしても、もっと詳しく化物丁場の噂を聴きたくしたのです。そこで私は、向うに話をやめてしまわれない為に、又少し遠まわりのことから話し掛けました。
「鉄道院へ渡してから、壊れたのは今度始めてですか。」
「はあ、鉄道院でも大損す。」
「渡す前にも三四度壊れたんですね。」
「はあ、大きなのは三度です。」
「請負の方でも余程の損だったでしょう。」
「はあ、やっぱり損だってました。ああ云う難渋な処にぶっつかっては全く損するより仕方ありません。」
「どうしてそう度々壊れたでしょう。」
「なあに、私ぁ行ってから二度崩れましたが雨降るど崩れるんだ。そうだがらって水の為でもないんだ、全くおかしいです。」
「あなたも行って働いていたのですか。」
「私の行ったのは十一月でしたが、丁度砂利を盛って、そいつが崩れたばかりの処でした。全体、あれは請負の岩間組の技師が少し急いだんです。ああ云う場所だがら思い切って下の岩からコンクリー使えば善かったんです。それでもやっぱり崩れたかも知れませんが。」
「大した谷川も無かったようでしたがね。」
「いいえ、水は、いくらか、下の岩からも、横の山の崖からも、湧くんです。土も黒くてしめっていたのです。その土の上に、すぐ砂利を盛りましたから、一層いけなかったのです。」
 その時汽笛が鳴って汽車は発ちました。私は行手の青く光っている仙人の峡を眺め、それからふと空を見て、思わず、こいつはひどい、と、つぶやきました。雲が下の方と上の方と、すっかり反対に矢のように馳せちがっていたのです。
「また嵐になりますよ。風がまったく変です。」私は工夫に云いました。
 その人も一寸立って窓から顔を出してそれから、
「まだまだ降ります、今日は一寸あらしの日曜という訳だ。」と、つぶやくように云いながら、又席に戻りました。電信柱の瀬戸の碍子が、きらっと光ったり、青く葉をゆすりながら楊がだんだんめぐったり、汽車は丁度黒沢尻の町をはなれて、まっすぐに西の方へ走りました。
「でその崩れた砂利を、あなたも積み直したのですか。」
「そうです。」その人は笑いました。たしかにこの人は化物丁場の話をするのが厭じゃないのだと私は思いました。
「それが、又、崩れたのですか。」私は尋ねました。
「崩れたのです。それも百人からの人夫で、八日かかってやったやつです。積み直しといっても大部分は雫石の河原から、トロで運んだんです。前に崩れた分もそっくり使って。だからずうっと脚がひろがっていかにも丈夫そうになったんです。」
「中々容易じゃなかったんでしょう。」
「ええ、とても。鉄道院から進行検査があるので請負の方の技師のあせり様ったらありませんや、従って監督は厳しく急ぎますしね、毎日天気でカラッとして却って風は冷たいし、朝などは霜が雪のようでした。そこを砂利を、堀っては、堀っては、積んでは、トロを押したもんです。」
 私は、あのすきとおった、つめたい十一月の空気の底で、栗の木や樺の木もすっかり黄いろになり、四方の山にはまっ白に雪が光り、雫石川がまるで青ガラスのように流れている、そのまっ白な広い河原を小さなトロがせわしく往ったり来たりし、みんなが鶴嘴を振り上げたり、シャベルをうごかしたりする景色を思いうかべました。それからその人たちが赤い毛布でこさえたシャツを着たり、水で凍えないために、茶色の粗羅紗で厚く足を包んだりしている様子を眼の前に思い浮べました。
「ほんとうにお容易じゃありませんね。」
「なあに、そうやって、やっと積み上ったんです。進行検査にも間に合ったてんで、監督たちもほっとしていたようでした。私どももそのひどい仕事で、いくらか割増も貰う筈でしたし、明日からの仕事も割合楽になるという訳でしたから、その晩は実は、春木場で一杯やったんです。それから小舎に帰って寝ましたがね、いい晩なんです、すっかり晴れて庚申さんなども実にはっきり見えてるんです。あしたは霜がひどいぞ、砂利も悪くすると凍るぞって云いながら、寝たんです。すると夜中になって、そう、二時過ぎですな、ゴーッと云うような音が、夢の中で遠くに聞えたんです。眼をさましたのが私たちの小屋に三四人ありました。ぼんやりした黄いろのランプの下へ頭をあげたまま誰も何とも云わないんです。だまってその音のした方へ半分からだを起してほかのものの顔ばかり見ていたんです。すると俄かに監督が戸をガタッとあけて走って入って来ました。
『起きろ、みんな起きろ、今日のとこ崩れたぞ。早く起きろ、みんな行って呉れ。』って云うんです。誰も不精無精起きました。まだ眼をさまさないものは監督が起して歩いたんです。なんだ、崩れた、崩れた処へ夜中に行ったって何ぢょするんだ、なんて睡くて腹立ちまぎれに云うものもありましたが、大低はみな顔色を変えて、うす暗いランプのあかりで仕度をしたのです。間もなく、私たちは、アセチレンを十ばかりつけて出かけました。水をかけられたように寒かったんです。天の川がすっかりまわってしまっていました。野原や木はまっくろで、山ばかりぼんやり白かったんです。場処へ着いて見ますと、もうすっかり崩れているらしいんです。そのアセチレンの青の光の中をみんなの見ている前でまだ石がコロコロ崩れてころがって行くんです。気味の悪いったら。」その人は一寸話を切りました。私もその盛られた砂利をみんなが来てもまだいたずらに押しているすきとおった手のようなものを考えて、何だか気味が悪く思いました。それでもやっと尋ねました。
「それから又工事をやったんですか。」
「やったんです。すぐその場からです。技師がまるで眼を真赤にして、別段な訳もないのに怒鳴ったり、叱ったりして歩いたんです。滑った砂利を積み直したんです。けれどもどうしたって誰も仕事に実が入りませんや。そうでしょう。一度別段の訳もなく崩れたのならいずれ又格別の訳もなしに崩れるかもしれない、それでもまあ仕事さえしていれゃ賃金は向うじゃ払いますからね、いくらつまらないと思っても、技師がそうしろって云うことを、その通りやるより仕方ありませんや。ハッハッハ。一寸。」
 その工夫の人は立ちあがって窓から顔を出し手をかざして行手の線路をじっと見ていましたが、俄かに下の方へ「よう、」と叫んで、挙手の礼をしました。私も、窓から顔を出して見ましたら、一人の工夫がシャベルを両手で杖にして、線路にまっすぐに立ち、笑ってこっちを見ていました。それもずんずんうしろの方へ遠くなってしまい、向うには栗駒山が青く光って、カラッとしたそらに立っていました。私たちは又腰掛けました。
「今度の積み直しも又八日もかかったんですか。」私は尋ねました。
「いいえ、その時は前の半分もかからなかったのです。砂利を運ぶ手数がなかったものですから。その代り乱杭を二三十本打ちこみましたがね、昼になってその崩れた工合を見ましたらまるでまん中から裂けたようなあんばいだったのです。県からも人が来てしきりに見ていましたがね、どうもその理由がよくわからなかったようでした。それでも四日でとにかくもとの通り出来あがったんです。その出来あがった晩は、私たちは十六人、たき火を三つ焚いて番をしていました。尤も番をするったって何をめあてって云うこともなし、変なもんでしたが、酒を呑んで騒いでいましたから、大して淋しいことはありませんでした。それに五日の月もありましたしね。ただ寒いのには閉口しましたよ。それでも夜中になって月も沈み話がとぎれるとしいんとなるんですね、遠くで川がざあと流れる音ばかり、俄に気味が悪くなることもありました。それでもとうとう朝までなんにも起らなかったんです。次の晩も外の組が十五人ばかり番しましたがやっぱり何もありませんでした。そこで工事はだんだん延びて行って、尤もそこをやっているうちに向うの別の丁場では別の組がどんどんやっていましたからね、レールだけは敷かなくてもまあ敷地だけは橋場に届いたんです。そのうちとうとう十二月に入ったでしょう。雪も二遍か降りました。降っても又すぐ消えたんです。ところが、十二月の十日でしたが、まるで春降るようなポシャポシャ雨が、半日ばかり降ったんです。なあに河の水が出るでもなし、ほんの土をしめらしただけですよ。それでいて、その夕方に又あの丁場がざあっと来たもんです。折角入れた乱杭もあっちへ向いたりこっちへまがったりです。もうこの時はみんなすっかり気落ちしました。それでも又かというような気分で前の時ぐらいではなかったのです。その時はもうだんだん仕事が少なくなって、又来春という約束で人夫もどんどん雫石から盛岡をかかって帰って行ったあとでしたし、第一これから仕事なかばでいつ深い雪がやって来るかわからなかったんですから何だか仕事するっても張りがありませんや。それでも云いつけられた通り私たちはみんな、そう、みんなで五十人も居たでしょうか、あちこちの丁場から集めたんです。崩れた処を堀り起す、それからトロで河原へも行きましたが次の日などは砂利が凍ってもう鶴嘴が立たないんです。いくら賃銀は貰ったって、こんなあてのない仕事は厭だ、今年はもうだめなんだ、来年神官でも呼んで、よくお祭をしてから、コンクリーで底からやり直せと、まあ私たちは大丈夫のようなことを云いながら働いたもんです。それでもとうとう、十二月中には、雪の中で何とかかんとか、もとのような形になったんです。おまけに安心なことはその上に雪がすっかり被さったんです。堅まって二尺以上もあったでしょう。」
「ああそうです。その頃です。私の行ったのは。」私は急いで云いました。
「化物丁場の話をどこでお聞きでした。」
「春木場です。」
「ではあなたの入らしゃったのは、鉄道院の検査官の来た頃です。」
「いや、その検査官かも知れませんよ、私が橋場から戻る途中で、せいの高い鼠色の毛糸の頭巾を被って、黒いオーバアを着た老人技師風の人たちや何かと十五六人に会ったんです。」
「天気のいい日でしたか。」
「天気がよくて雪がぎらぎらしてました。橋場では吹雪も吹いたんですが。一月の六七日頃ですよ。」
「ではそれだ。その検査官が来ましてね、この化物丁場はよくあちこちにある、山の岩の層が釣合がとれない為に起るって云ったそうですがね、誰もあんまりほんとにはしませんや。」
「なるほど。」
 汽車が、藤根の停車場に近くなりました。
 工夫の人は立って、棚から帽子をとり、道具を入れた布の袋を持って、扉の掛金を外して停まるのを待っていました。
「ここでお下りになるんですか。いろいろどうもありがとう。私は斯う云うもんです。」
 と云いながら、私は処書のある名刺を出しました。
「そうですか。私は名刺を持って来ませんで。」その人は云いながら、私の名刺を腹掛のかくしに入れました。汽車がとまりました。
「さよなら。」すばやくその人は飛び下りました。
「さよなら。」私は見送りました。その人は道具を肩にかけ改札の方へ行かず、すぐに線路を来た方に戻りました。その線路は、青い稲の田の中に白く光っていました。そらでは風も静まったらしく、大したあらしにもならないでそのまま霽れるように見えたのです。